2011/3/17  22:51

原発から80キロの福島市の水道水にヨウ素等検出で、220キロ離れた安中市と群馬県の対応は大丈夫?  東北関東大震災・東電福島原発事故

■昨日3月16日午前8時に、福島県災害対策本部が、福島市方木田の福島県原子力センター内の水道水を採取したところ、核分裂生成物、つまり放射性物質としてヨウ素131、セシウム134、137が検出されました。これらの物質は、本来、水道水から検出されてはならないものであり、福島第1原発事故の影響によって、大気中に拡散した放射性物質が、雨などで混入した可能性があります。
続きを読む
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ