東電顔負けの二枚舌企業の東邦亜鉛がよこした重金属汚染対策の「個別対応」拒否表明状  東邦亜鉛カドミウム公害問題

■亜鉛地金生産能力として現在、年産15万9200トンを保有し、国内3位にランクされる東邦亜鉛鰍ヘ、戦中、ヘルメット用の「高度鋼」という兵士の命を守る大事な金属を生産する国策工場だという触れ込みで地元住民をだまして、現在の群馬県安中市中宿に進出し、工場設置のその日から、亜鉛製錬を開始し、その工程で人体に有害な亜硫酸ガスやカドミウムを垂れ流し続けてきました。

続きを読む
3




AutoPage最新お知らせ