2011/9/24  9:05

高速走行中の新幹線車内でも高放射線量を記録する東北新幹線の郡山駅〜福島駅の実態  東北関東大震災・東電福島原発事故

■先日、9月18日に仙台に出かけました。東京駅を午後2時8分に出発したMax.やまびこ141号の2号車10A席(1階席)で、ロシア製の線量計により継続的に計測した結果を報告します。尚、単位はすべて毎時マイクロ・シーベルト(μSv/h)です。
クリックすると元のサイズで表示します
福島駅の新幹線ホームで測ると0.41。
続きを読む
3

2011/9/22  12:30

今でも原爆ドーム付近で0.14マイクロシーベルトを観測する福島原発事故による残留放射線の深刻さ  国内外からのトピックス

■先日、9月12日に広島市を訪れた際、原爆ドームを尋ねてみました。広島駅の南口からタクシーで1000円ちょっとで10分ほどで到着しました。たまたまロシア製の線量計を持参していたので、原爆ドーム、平和公園、原爆資料館の空間放射線量を計測してみました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
原爆ドーム前で計測した結果、0.14μSv/h(誤差±9%)を記録。

続きを読む
5

2011/9/21  23:50

フェンス脇で最大0.24マイクロシーベルトを記録したサイボウ最終処分場に持ち込まれた謎の物質  全国のサンパイ業者が注目!

■安中市岩野谷地区の大谷西谷津にあるサイボウ環境鰍フ最終処分場に、少なくとも7月29日から8月2日にかけて、得体の知れない大型トラックが、なにやら大量に廃棄物を持ち込んでいるとの情報が地元住民から寄せられました。さっそく、事の真相を確認するために、当会では8月29日付(同30日受理)で次の内容の情報開示請求を安中市に対して行いました。
クリックすると元のサイズで表示します
7月末から8月上旬にかけて1520トンもの「覆土」が搬入された違法手続きの権化のサイボウ最終処分場。
続きを読む
6

2011/9/6  23:37

大きな被害を及ぼして日本海に去った台風12号が今度は沿海州に接近  国内外からのトピックス

■9月4日(日)の午後3時55分発のウラジオストク航空機で沿海州に向かおうと成田空港のターミナル1のHカウンターに行ったところ、機材のやりくりがつかなくなったという理由で、翌5日(月)の午前9時出発に変更となりました。

クリックすると元のサイズで表示します
台風12号の真上を飛ぶウラジオストク航空の中古のエアバス320型機。
続きを読む
1

2011/9/5  21:55

多胡運輸タンクローリー横転炎上事故の損害賠償請求にかかる情報不開示で、首都高に再検討を要請  首都高炎上とタゴ運輸

■当会は、平成20年8月3日(日)早朝に発生した多胡運輸(群馬県高崎市箕郷町)所有の大型タンクローリーによる横転炎上事故で、同年10月14日に記者会見した佐々木克己社長(当時)は「損害が経営に与える影響は小さくない。賠償請求をきちんとやりたい」と述べた件に関して、これまでに首都高が多胡運輸やその元請、或いはガソリン等の運搬を依頼した荷主らに対して為した賠償請求にかかる一切の情報を、平成23年7月27日に首都高に開示請求しました。
クリックすると元のサイズで表示します
何事もなかったように業務を続けている多胡運輸。首都高は本当に多胡運輸と交渉しているのだろうか。(6月18日撮影)

続きを読む
4

2011/9/4  20:45

不祥事続きの群馬銀行でトラブル・・・投信リスクの説明責任果たさず損失を顧客に押し付け  国内外からのトピックス


■会員のかたから群馬銀行でまた不祥事があったという連絡が事務局にありました。9月2日付の読売新聞朝刊の群馬版に掲載されていた記事を読んで知ったのだそうです。さっそく調べたところ、なぜか、読売新聞しか掲載していませんでした。記事の内容は次の通りです。
クリックすると元のサイズで表示します
続きを読む
4

2011/9/3  12:34

タゴが隠し通したお宝絵画等6点を岡田市長にこれ以上死蔵させないよう東京高裁に控訴  土地開発公社51億円横領事件

■安中市土地開発公社を舞台に15年間も同一職場に配置されていた市職員が、ずさんな公金管理に目をつけて、長年に亘り公金を横領し、とうとう51億円を越える史上最大の横領事件となりましたが、事件発覚から16年4ヶ月が経過しようとしています。

クリックすると元のサイズで表示します
控訴状に添付した甲第11号証のP1。
続きを読む
10

2011/9/1  22:21

港湾都市ナホトカの過ぎゆく短い夏の日(その4)  国内外からのトピックス

■ナホトカ市内には日本人墓地があります。第二次世界大戦終結直前の8月9日に対日参戦したソ連は、8月15日の終戦後も8月下旬から9月初めまで戦闘行為を継続しました。ロシアは第2次大戦の終戦日は、米国戦艦ミズーリ号で降伏調印式が行われた9月2日だと主張しています。

クリックすると元のサイズで表示します
ナホトカ港を見渡す丘にたつ戦没者祈念塔前で記念写真を撮る新婚カップル。夏場の週末は新婚カップルのシーズンだ。

続きを読む
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ