2012/1/29  23:20

31年ぶり甲子園出場に沸く第110回高崎高校同窓会新年総会と再発防止策がカギとなる寄付金の集まり方  他の自治体等の横領事件とタゴ51億円事件

■平成24年1月28日(土)午後3時から、毎年恒例の第110回群馬県立高崎高等学校同窓会新年総会が高崎ビューホテルで開催されました。

 いつもの新年総会では、若干の空席がある高崎ビューホテル2階の榛名の間ですが、今回はぎっしり満席のうえに、後方の通路も立ち見の参列者がひしめき、部屋の外の受付ロビーも中に入れない同窓生でぎっしり埋まり、早々と見切りをつけて3階の懇親会場に足を運ぶ同窓生も沢山いました。

クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
3

2012/1/27  12:30

放射能ごみを安中市内に持ち込ませないように意見書を提出しました  困ったちゃん岡田前市政

本日午後5時15分提出期限の「安中市災害廃棄物処理計画(案)に関する意見について、当会では次の内容で、さきほど安中市宛に意見書を送付しました。

<意見の内容>

1. 本計画策定の目的は、P1に記されているとおり、「市域における土地の保全と市民の生命、身体及び財産を保護すること」であり、「市民・事業者・行政の連携に基く災害廃棄物の円滑な処理を促進するため」と認識されます。

2. しかし、この基本的な計画目的の観点から、目次を見渡すと、1点だけ異質な事項が含まれています

3. それは、P37〜38の「第2章 震災廃棄物処理計画 2-6-5放射性物質により汚染された廃棄物の処理」であり、P70の「第3章 水害廃棄物処理計画 3-6-5放射性物質により汚染された廃棄物の処理」です。

4. 安中市では、本計画において、「放射性物質に汚染された廃棄物の処理」を含めていますが、そもそも安中市には原子力発電所は存在しません。

5. また、安中市には東電福島第一原発事故を由来とする死の灰の拡散により、放射線レベルの高い場所、いわゆるホットスポットがいくつか存在しますが、それらは極めて限定的であり、それらの対応は本計画に含ませる必要はありません。

6. しかし、安中市では本計画において、「原子力発電所の事故により放射性物質に汚染された廃棄物等の処理に関して特別措置法が公布されました」と述べて、わざわざ福島県やその周辺の放射性物質に汚染された廃棄物等の処理のための受入を前提にしているようです。これは、安中市民の合意を得ているのでしょうか。また、市議会で審議され承認されたことなのでしょうか。もし、そうした手続を経ずに、本計画を策定したとなると、到底許されることではありません。

7. 日本の各地の自治体が、自分の自治体以外で発生した放射能汚染廃棄物等の持込を禁止する立場から、当該特別措置法に反対していることは、安中市も承知しているはずです。

8. したがって、当該特別措置法が公布されたからといって、市民や市議会に付託せずに、他の自治体等から危険な放射能汚染廃棄物等を安中市に搬入して処理することを想定している本計画には、安中市民として断固反対します。

9. また、こうした重要な事項を含む計画案を、あろうことか東京都の鞄本環境工学設計事務所なるところに、編集協力をもとめて策定すること自体、安中市の市民軽視の安直な体質を象徴しており、安中市には猛省を促します。
1

2012/1/23  1:45

またもや得体の知れない土砂が持ち込まれたサイボウ“無法”処分場と行政の対応  全国のサンパイ業者が注目!

■当会は、地元の安中市岩野谷地区の大谷西谷津で、平成19年4月から稼動しているサイボウ環境竃シ義の一般廃棄物処分場の動静を、地元住民とともに監視中ですが、昨年7月末から8月初旬にかけて、20tダンプ76台に及ぶ得体の知れない土砂が大量に搬入されたことから、同処分場の最寄のフェンス脇で放射線量を測定したところ、安中市岩野谷地区で一般に観測されている放射線レベルのほぼ2倍半にあたる0.25μSv/hという高い線量を計測したため、安中市に対して、持ち込まれた土砂の由来を情報公開で請求するとともに、処分場敷地内の放射線量を住民と協力して測定するよう申し入れました。

クリックすると元のサイズで表示します
残土置き場に大量に持ち込まれた出所不明の土砂。線量を計測したところ0.15マイクロシーベルト/毎時を観測した。

続きを読む
2

2012/1/22  11:04

3月末のサンパイ場設置許可に向け住民に閲覧させないよう最大限の配慮を東邦亜鉛にしている群馬県行政  東邦亜鉛カドミウム公害問題

■東邦亜鉛が、一昨年の平成22年12月18日、地元の岩野谷地区の説明会で、自社サンパイ処分場の完成と稼働に向けた最後の行政手続について発表しましたが、これまでに東邦亜鉛が周辺に振りまいたカドミウム等の重金属を含む降下煤塵による土壌汚染に悩まされてきた地元住民らは、東邦亜鉛が汚染土壌の除染もしようとしないのに、自分の都合で、産業廃棄物処分場だけは、いちはやく完成させて稼働させようとする姿勢に、厳しい批判の声を浴びせました。

 ところが、東邦亜鉛は平成23年4月26日付けで、群馬県に対して産業廃棄物処理施設設置許可申請書を提出していたのでした。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
2

2012/1/10  23:28

平田信容疑者の出頭で俄然関心が集まる17年前のオウム真理教一連事件とタゴ51億円事件  土地開発公社51億円横領事件

■2011年の大晦日の夜、重大ニュースが日本列島を駆け巡りました。特別手配されていた元オウム真理教幹部、平田信容疑者(46)が12月31日夜、突然警視庁本部に出頭し、翌1日、警視庁に逮捕監禁致死容疑で逮捕されたからです。17年近くの逃亡生活から一転、オウム真理教事件の一連の裁判が昨年12月に終わったばかりという時期に、17年近くの逃亡生活から一転して、なぜシャバに姿を晒したのか、また、17年近い逃亡生活は一体どうしていたのか、誰がかくまっていたのか、などについて、新年早々、世間は大騒ぎです。

 と思ったら、2012年1月10日未明、東京・大崎署に平田と長年一緒にいたという女性が平田信の滝本弁護士につきそわれて出頭してきました。この騒ぎは当分続くものと見られ、17年前の事件に、世論が沸騰しています。

 この騒ぎを目の当たりにした安中市民は、同じく1995年の6月1日に公表された安中市土地開発公社を舞台に地方自治体では史上最高額の51億円巨額詐欺横領事件のことに思いが及びました。余りにもタイミングが良すぎるからです。オウム事件とタゴ51億円事件の相関性についてチェックしてみました。

クリックすると元のサイズで表示します
さっそく派出所の掲示板には「ご協力ありがとうございました」の張り紙が平田信容疑者の顔写真の上に貼られている。

続きを読む
2

2012/1/9  23:52

自宅裏の東邦亜鉛所有地でゴミを燃やす岡田市長に文句が言えない東邦亜鉛の自社サンパイ場が告示・縦覧中  東邦亜鉛カドミウム公害問題

■東邦亜鉛が、安中市岩野谷地区で最初のサンパイ処分場をこっそり完成させておいて、後付の手続さえ済めばいつでも稼働が可能だという危ない状況については、当会のブログでも報告済みですが、とうとう平成24年1月6日付で、安中市長名で「産業廃棄物処理施設設置許可申請書の告示・縦覧について」と題する文書が、北野殿地区で回覧されてきました。
続きを読む
1

2012/1/9  11:37

新年の風物詩…どんど焼きで占う今年の災禍と世界情勢  国内外からのトピックス

■新年恒例のどんど焼きが、今年も安中市北野殿地区で行われました。今年は、お飾り集めが7日(土)で、どんど焼きが8日(日)とあわただしく、準備にあたった子ども会と子ども育成会の皆さん、そしてお手伝いをして下さった地元有志の皆さま、たいへんご苦労さまでした。

 元旦と同じく、朝から、風もなく天気にもめぐまれ、例年通り午前7時半に子どもたちによって、各戸から集められたお飾りやダルマを取り付けた生青竹で作られたタワーに点火されました。景気の良い竹の弾ける音を響かせながら燃え盛り、景気良く火の粉を吹きあげました。

クリックすると元のサイズで表示します
北野殿ツバメ子供会の子どもたちによるどんど焼き点火。1月8日(日)午前7時30分。

続きを読む
0

2012/1/8  16:09

朝鮮半島の南部で起きていたもうひとつのとんでもない事件  国内外からのトピックス

■朝鮮半島の北部で12月16日(金)ひそかにリーダーが急死し、ロシアが逸早くその重大事態を察知していたころ、日本では12月17日(土)に朝鮮半島の南部から来日した大統領と日本の首相が、12月18日(日)午前、従軍慰安婦問題などについて京都市の京都迎賓館で会談を行っていました。

 この従軍慰安婦問題は、元日本軍従軍慰安婦らを支援する「韓国挺身隊問題対策協議会」が12月14日(水)、ソウル市鐘路区にある在韓日本大使館前の路上に、元慰安婦を象徴するという少女像を建て、除幕式をするという外交上の礼儀を無視した暴挙を行い、それを今年韓国政府が黙認したことから急遽浮上したものです。

クリックすると元のサイズで表示します
昨年末、成田空港第1ターミナル北ウィングに現れたXマスツリー。12月21日撮影。
続きを読む
0

2012/1/6  23:17

金正日総書記の死去と朝鮮半島を巡って繰り広げられる理不尽で奇怪なさまざまな出来事  国内外からのトピックス

■北朝鮮の金正日総書記が死去したというニュースは12月19日(月)の正午に朝鮮中央テレビで、2カ月ぶりに姿を現した看板アナウンサーのおばさんとして知られるリ・チュンヒ氏が「偉大なる領導者、金正日同志が2011年12月17日午前8時39分に現地指導の途中、急病により逝去されたということを悲痛な気持ちでお知らせします」と涙にむせびながら、原稿を読み始めて、世界が知ったとされています。また、正午から重大ニュースが発表されるという予告が12月19日の午前10時にあったようです。

 一方、実際に金総書記が死去した日時とされる12月17日(土)午前8時39分からニュース発表まで約51時間半、丸2日以上を要したことについて、いろいろ憶測が飛び交っています。

続きを読む
0
タグ: 竹島 日本海 北朝鮮

2012/1/6  22:20

上毛新聞の平成24年新年交歓会に参加した群馬県の政官業と安中市の関係者  国内外からのトピックス


■毎年、新春の仕事始めの翌日の行事に、上毛新聞社事業局が主催する新年賀詞交歓会があります。この日は、10:00に自民県議団総会が開かれたあと、県庁の32階展望ホールで群馬県議会の新春交流会が開催されます。これは、県議会が主催ですが、群馬県知事以下執行部の幹部や、市町村の首長らも参加します。そのあと、12:30から一同はマーキュリーホテルに移動して、この行事に参加するのです。


続きを読む
2

2012/1/5  1:11

安中市土地開発公社巨額横領事件に対する裁判所の判決が如実に示す事件の真相と使途不明金の深淵  土地開発公社51億円横領事件

■昨年の暮れ、平成23年12月22日(木)に東京高裁でタゴお宝絵画等6点の絵柄情報不公開に関する住民訴訟の判決がありました。やはり、裁判所の判断は、問答無用で、事件を起こした安中市と土地開発公社を全面的に擁護するものでした。

続きを読む
0

2012/1/4  12:08

恒例の元旦チラシ配布で今年も早速披露した「絶対嘘のない」岡田市長の鉄面皮  政治とカネ

■「明けましておめでとうございます。“行動力と政治力 市政は市民生活そのものです”」と、新年元旦恒例の岡田市長の折り込みチラシが送られてきました。

 相変わらず「新生安中」「庶民代表」「庶民改革」「透明性」「行政のスピード感」など空々しい意味不明の標語を並べています。冒頭に3・11東日本大震災で被災された方々への言及がされていますが、「精神的圧迫感に耐えてください」というのは、「キャンドル精神」からくる言葉なのでしょうか。被災者の受け入れに対して、県下でも動きが鈍かった岡田市長ですが、ホットスポットを各所に抱える安中市なのに、福島原発に関する記述が僅か1行しかないことも、「キャンドル精神」なのでしょうか。


続きを読む
0

2012/1/3  23:21

重金属汚染対策より東邦亜鉛の負担を無くすことを重視する岡田市長の地元新年会でのサプライズ挨拶  東邦亜鉛カドミウム公害問題

■今年の元旦も、岡田市長のお膝元、安中市岩野谷の北野殿地区で、午前10時から、住民35名ほどが参加して、恒例の新年会が開かれました。今年も、岡田市長が10時45分頃やってきて、挨拶をしたあと、質疑応答しようとしたら、11時で新年会が打ち切られました。岡田市長の新年の挨拶の中で触れられた内容は、3.11の東日本大震災の被災者への想いのほか、安中市の平成24年における2つの大きな課題として、@碓氷病院の修復と、A野殿地区の東邦亜鉛による重金属土壌汚染の改良があると指摘しました。

 このうち、北野殿の住民を驚かしたのは、Aでした。原発事故によるクリーンエネルギー確保の為、北野殿の汚染土壌地域にメガソーラー施設を設置し、それを売電することにより、北野殿地区に利益をもたらすというものでした。仰天した住民が、情報公開で安中市長のこの野心的な計画について裏付けを取ろうとしたら、突然、市長は、前言を翻して、これは市長としての提案ではなく、一地権者としてのアイデアだというのです。事の次第は本文をご覧下さい。

続きを読む
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ