2013/2/28  23:32

群馬県知事・大澤正明の公舎ラブホテル化合法判決により拍車がかかる地方公務員の福利厚生の向上  オンブズマン活動

■勤務中に暇つぶしの余り長時間にわたりAV画像を見ていた群馬県企業局の幹部や、勤務時間中に多数の職員らがソフトボール大会に興じたりできる群馬県の手厚い福利厚生はこれまでにも話題になりましたが、今度は、公舎管理規則により、公舎に住む職員は、家計を一にしない者として、同居とみなすことができないことから、愛人を宿泊させてもよいことになりました。民間企業の社宅の利用規則の常識では到底考えられない公務員の破格の待遇。しかも、その公舎は私たちの血税で作られたもので、使用料も格安です。
クリックすると元のサイズで表示します
判決のあった2月27日の午後4時ごろ、知事・大澤が不倫のため目的外使用していた知事公舎の向かい側にある桃井小学校の校門を入った目の前にある元内閣総理大臣・鈴木貫太郎の遺訓を刻した石碑を訪れた。

続きを読む
3

2013/2/27  23:56

全国の知事・公務員諸氏に朗報!公舎に愛人を宿泊させても合法と判断した前橋地裁の画期的福音判決  県内の税金無駄使い実態

■今日、平成25年2月27日(水)午後1時10分に、前橋地方裁判所で画期的な判断が示されました。当日は、市民オンブズマン群馬の幹部メンバーらが勢ぞろいして、前橋地裁のロビーに集合しました。

続きを読む
2

2013/2/26  23:53

明日はいよいよ大澤知事の不倫による知事公舎目的外使用等事件の判決日  県内の税金無駄使い実態

■78年前のきょう、1936年2月26日は2.26事件として、歴史に刻まれた日でした。今日のNHK総合テレビの午後9時のニュースで、2.26事件で鈴木貫太郎侍従長(当時)が襲撃された際に、襲撃の現場にいて一部始終を目撃した「たか」夫人が、戦後、昭和40年代に若い人たちに対する後援会で当時の様子を生々しく語った肉声テープが最近たまたま発見されたことが報じられました。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
0

2013/2/25  23:31

平成24年12月19日頃から続いていた板鼻地区の蟹沢での残土埋立作業現場からのリポート  全国のサンパイ業者が注目!

■年明けの1月11日に、安中市板鼻地区の住民の方から通報があり、蟹沢の上流の窪地に大量の土砂が得体の知れない大型ダンプで連日搬入されていることが分かりました。さっそく1月12日(土)の朝、放射能を測定する線量計を持って、現場に向かいました。
クリックすると元のサイズで表示します
古城団地入口の交差点信号。

続きを読む
0

2013/2/24  22:56

伊勢崎市内で2月17日に盛大に開催された群馬県台湾総会新年会  国内外からのトピックス

■台湾や中国は、新年を旧暦で祝います。今年は2月10日(日)が元旦でした。台湾では正月休みは1週間続きます。ことしはちょうど元旦が日曜日で正月休みが平日続いたため、例年になく盛大に新年が祝われたようです。我らが群馬県に在住する台湾出身者によって構成される群馬県台湾総会の新年会=新年盛会は、正月休みの最後にあたる2月17日(日)に伊勢崎で盛大に開催されましたので、その模様をご報告します。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
0

2013/2/22  22:18

安中市鷺宮の県有桑園の売買契約が3月県議会で議決された途端ほくそ笑むか、岡田市長と東邦亜鉛  東邦亜鉛カドミウム公害問題

■1937年に設立された日本亜鉛製錬鰍ヘ、同年6月に当時の安中町に安中製錬所を設置しましたが、当時、日本亜鉛製錬は「設置工場は高度鋼(こうどこう)という、鉄兜に使う特殊な合金を製造する工場をつくる」と住民に説明していました。ところが操業2日目に「高度鋼」の看板を取り外して「亜鉛」につけかえたというエピソードが残っています。そのため、未だに地域のお年寄りは、現在においてもなお、東邦亜鉛とは呼ばずに「コードコウ」と呼んでいるのです。

続きを読む
0

2013/2/21  23:46

カドミ土壌除染に必須な客土用土取り場候補地を岡田市長に奪われた東邦亜鉛公害防除計画の前途多難  東邦亜鉛カドミウム公害問題

■東邦亜鉛安中製錬所の周辺は高濃度のカドミウムをはじめとする重金属を含んだ汚染土壌の土地が広がっています。安中カドミウム公害で全国に負のイメージを広めた東邦亜鉛ですが、公害騒ぎから半世紀を経てもなお、安中製錬所周辺の広大な農地や宅地の土壌汚染の除染に手が付けられておりません。ところが、最近、突然公害防除特別土地改良事業推進委員会から地元北野殿地区の汚染土壌地の地権者にアンケート調査票が配布されました。当会では、さっそくその背景について質問状を出していたところ、2月19日に電話連絡があり、20日に回答状を発送するが、できれば説明をしておきたい、というので、2月20日午後1時に安中市役所の谷津庁舎2階の農林課を尋ね、回答書の交付を受けました。回答書の内容は次のとおりです。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
0

2013/2/18  22:42

北野殿の公共工事に合わせて自らの財産を整備したがる岡田市長の傾向と対策  困ったちゃん岡田前市政

■今年1月3日に支援者を集めて盛大に開催された新年互礼会の会場だった岡田義弘後援会の事務所で、先週から土手の工事が行われています。
クリックすると元のサイズで表示します
のどの荘の工事業者を使って自分の後援会事務所の駐車場周囲の法面の整地工事を始めた岡田市長。2月17日撮影。

続きを読む
0

2013/2/17  23:33

中山間地の多い安中市における冬季の道路管理  困ったちゃん岡田前市政

■2月に入り関東地方には頻繁に雪が降っています。これは台湾付近で発生した低気圧が日本列島の太平洋側に沿って東に移動してくる際に、北にある寒気団の南下で気温が下がり、雨が雪に変わるためです。先週末の2月15日午後にも関東地方に積雪があり、安中市にもまとまった雪が降りました。
クリックすると元のサイズで表示します
15日の降雪で妙義山も雪化粧。

続きを読む
0

2013/2/15  22:25

メガソーラーより再生エネ賦課金免除のほうを選んでいた東邦亜鉛の実利主義  東邦亜鉛カドミウム公害問題

■東邦亜鉛安中製錬所周辺のカドミウム汚染土壌地に東邦亜鉛によるメガソーラー計画が浮上した件で、当会は、汚染土壌を入れ替える前提であればメガソーラー計画についても十分検討に値すると考えて、平成24年4月16日に東京と日本橋にある東邦亜鉛本社を訪れて、計画の本気度を同社幹部に確認した経緯がありました。応対に出た重役はさっそく「環境管理部長に後で確実に渡しておく」と約束してくれました。
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/774.html
クリックすると元のサイズで表示します
平成24年4月16日に東邦亜鉛本社で同社取締役兼執行役員と面談時にメガソーラー計画の真意を確かめようと当会が示した計画例。しかし同幹部は「そうした計画は眼中にない」と一蹴した。実際に「東邦亜鉛は野殿のソーラーのソの字も考えたことなし。ガスを燃料にした場合の温度管理などに相当な時間と人手を考えると現在の重油焚き燃焼設備の変更計画もなし。企業剰余金200億以上ある会社が公害問題が10億そこらで片付くのなら、東邦亜鉛としては喜んで出すのではないか」という声も当会によせられている。ならば、わざわざ東邦亜鉛がOBを使って地元でPRした公害汚染地におけるメガソーラー計画は、同社が地元を混乱させるためのガセネタだったということができるのではないだろうか。

続きを読む
1

2013/2/14  22:30

多胡運輸がただ者ではないことを示す日本高速道路保有・債務返済機構からの理由説明書の内容  首都高炎上とタゴ運輸

■今から4年半前の平成20年8月3日(日)早朝の午前5時52分に首都高5号池袋線くだりを走行中の多胡運輸所属の大型タンクローリーが、熊野町ジャンクション(JCT)内の急な右カーブを曲がりきれずに横転し、左側の側壁に衝突しました。
クリックすると元のサイズで表示します
2月13日に内閣府から届いた通知の入った封筒。

続きを読む
3

2013/2/11  22:57

安中公害から45年経過してやっと動き出そうとするカドミウム土壌除染対策にまたもや水を差す輩の動き  東邦亜鉛カドミウム公害問題

■東邦亜鉛安中製錬所は、昭和43年に富山県で発覚したイタイイタイ病を契機に、カドミウムによる環境汚染問題が全国的に注目された際に、公害企業として一躍有名になりました。そのため、東邦亜鉛安中製錬所のある碓氷川・柳瀬川流域が、カドミウム汚染被害調査研究の対象地域とされました。
クリックすると元のサイズで表示します
北野殿地区から見える東邦亜鉛安中製錬所の主排気塔(中央左よりの薄いブルーの煙突)。休日返上でフル操業中。環境白書にもあるように、野殿地区では毎月1平方キロ当たり平均2.41トンの降下煤塵が降り注いでおり、そのうち0.124kgのカドミウムが含まれており、通常の場所の20倍以上となっている。このため、もしカドミ汚染土壌の除染を行っても、50年後には再び現在の汚染レベルになると言われている。

続きを読む
0

2013/2/9  18:50

税滞納強化月間として広報2月号でも市民財産差押を強調するのにタゴ賠償金取立は口にしない安中市の不思議  土地開発公社51億円横領事件

■性懲りもなく、安中市は今月も、広報あんなか2013年2月号の6ページ目にまたもや市民に対して納税を促すキャンペーン記事を掲載しました。当会がなんども指摘するように、安中市が市民に対して納税を促すためには、まず、安中市土地開発公社を舞台にした空前絶後の51億円巨額横領事件による103年ローンの解消に向けて、安中市と公社が横領事件の関係者に対して損害賠償をする権利を行使することが先決であり、その行使の状況に関する情報開示と説明責任を怠ったまま、一方的に市民に対して市税の納付を厳しく求めることは本末転倒です。
クリックすると元のサイズで表示します
続きを読む
0

2013/2/8  22:14

これでいいのか群馬県環境行政…住民を騙してアスベスト投棄可能なサンパイ場を作った県と東邦亜鉛  全国のサンパイ業者が注目!

■安中カドミウム公害で悪名を馳せ、いまだに周辺の重金属汚染土壌を放置したままの東邦亜鉛安中製錬所が、鉱山保安法の改正のドサクサにまぎれて、今後20年間の操業を見越して排出される産業廃棄物の捨て場所として、地元住民の先祖を葬る墓地の直ぐ近くの構内にサンパイ場を造成し、後出しジャンケンで、サンパイ最終処分場の設置許可権限を有する群馬県の廃棄物リサイクル課から昨年6月8日付で設置許可が出されましたが、驚くべきことに、アスベスト(石綿)含有の産業廃棄物も投棄できる条件が付けられていました。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
0

2013/2/4  22:39

贈収賄で名を馳せた戸田・西松のJVが計画するアスベスト処理施設計画に群馬県・富岡市・安中市が意見書  全国のサンパイ業者が注目!

■安中市との境界に近い富岡市桑原地区で建設が計画されているアスベスト含有産業廃棄物の建材を無害化処理する中間処理施設の設置計画について、1月22日に安中市が、1月29日に群馬県と富岡市が環境省に対して意見書を提出したと報じられました。
続きを読む
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ