2013/2/21  23:46

カドミ土壌除染に必須な客土用土取り場候補地を岡田市長に奪われた東邦亜鉛公害防除計画の前途多難  東邦亜鉛カドミウム公害問題

■東邦亜鉛安中製錬所の周辺は高濃度のカドミウムをはじめとする重金属を含んだ汚染土壌の土地が広がっています。安中カドミウム公害で全国に負のイメージを広めた東邦亜鉛ですが、公害騒ぎから半世紀を経てもなお、安中製錬所周辺の広大な農地や宅地の土壌汚染の除染に手が付けられておりません。ところが、最近、突然公害防除特別土地改良事業推進委員会から地元北野殿地区の汚染土壌地の地権者にアンケート調査票が配布されました。当会では、さっそくその背景について質問状を出していたところ、2月19日に電話連絡があり、20日に回答状を発送するが、できれば説明をしておきたい、というので、2月20日午後1時に安中市役所の谷津庁舎2階の農林課を尋ね、回答書の交付を受けました。回答書の内容は次のとおりです。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ