2013/3/10  23:48

明日で震災2周年…原発事故で広く汚染したセシウムで樹木せん定枝を焼却できない国民の苦悩と東電  東北関東大震災・東電福島原発事故

■明日は、あの忌まわしい東日本大震災から2周年目の3月11日です。津波の被害は自然災害ですが、震災をきっかけに東電の福島第一原発がメルトダウンをしたのは明らかに人災であることが判明しました。そして、福島県の半分が高レベルの放射能に汚染され、飛散したヨウ素やセシウムなど放射性物質は、群馬県にも流れ込み、山間部に漂った放射能雲から降下したそれらの放射性物質により、周辺の地域が汚染されたのでした。そのため、農作物、とくに乾燥させて流通させる干しシイタケやお茶などの商品には、高濃度の放射性物質が検出され、健康に影響を及ぼすとして、出荷停止措置が取られました。そうした経緯を経てもなお、厄介な問題が浮上しています。樹木のせん定枝の焼却処理により高濃度のセシウムが濃縮されるという問題です。

続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ