2013/3/21  23:02

再び大規模停電で大量の放射能放出の危機をネズミ一匹に押し付けたがる東電とマスコミの体質  前橋Biomass発電問題・東電福一事故・東日本大震災


■「大山鳴動してネズミ1匹」という諺があります。大きい山が音を響かせて揺れ動くので、大噴火でも起こるのかと思っていると、小さな鼠が一匹出てきただけだったという意味から、大騒ぎしたわりには、実際には結果が小さいことを言う時に用いられます。しかし、今週初め3月18日(月)午後6時57分に東電福島第1原発で起きた大規模な停電により、その後、1、3、4号機の使用済み燃料プール代替冷却システムなどが停止して、再び大量の放射性物質が撒き散らされる危機に国民を晒しておきながら、東電は3月20日(水)午後4時30分からの記者会見で、事故の原因がネズミ1匹だったことを写真で示して示唆しました。おそらく、この発表を信じる人はほとんどいないでしょう。
クリックすると元のサイズで表示します
東電が今回の停電事故の原因の可能性を示唆するネズミの死骸が発見された仮設配電盤。

続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ