2013/5/31  23:42

タゴ事件発覚から18周年・・・地方自治体史上最高額の横領事件に安中市民はどう対処したか(会報7号)  安中市土地開発公社事件クロニクル

■18年前の今日、平成7年5月31日(金)に元職員は安中市を懲戒免職となりました。しかし、このことを市民は同6月3日(月)の新聞で知るしかありませんでした。同5月18日に安中市土地開発公社で密かに発覚した地方自治体史上最高額の巨額詐欺横領事件の裏工作は、5月18日から31日にかけて市役所内で密かに進められたのでした。
クリックすると元のサイズで表示します
安中市では既に公舎事件のことをうわべだけは忘れたかのように、広報あんなか6月号でも相変わらず税金滞納撲滅キャンペーン記事を掲載している。一方、元職員タゴやその一族への損害賠償、さらに事件関係者への責任追及などは全く触れていない。

続きを読む
0

2013/5/31  23:23

JRから受け継いだ鉄道財産をズサン管理して損害を安中市に与えた財団と市長に必要なしかるべき処分  困ったちゃん岡田前市政

■平成25年5月29日の新聞に、安中市が所有する碓氷峠の旧信越線廃線区間に設置されていた架線等の電線が、大量に盗まれた事件で、安中市が同28日に安中警察署に被害届を提出したと発表しました。たしか、この旧信越線横川―軽井沢駅間の廃線部分は、JRから安中市に平成11年に譲渡され、財団法人(平成25年4月1日から一般財団法人)碓氷峠交流記念財団が安中市から管理を委託されているはずです。それにもかかわらず、大切な市民の財産を失ったことについて、その経緯を調べる必要がありそうです。

続きを読む
2

2013/5/30  23:32

チンプンカンプンの回答をオンブズマンによこしたみどり市長に対して文書で抗議  オンブズマン活動



■みどり市大間々町13区の区長による不正会計事件では、区長らに名誉毀損で提訴された市民オンブズマン会員らが3年余りに渡り法廷で争った結果、裁判所が不適切会計(=不正会計)の事実を前提に民主化に向けて歩むよう当事者らに和解を勧告し、当事者らもそれを受け入れました。ところが、実際には区長がそのまま居座り、和解で免罪が照明されたなどと勝手な解釈をして、オンブズマン会員である住民らを村八分にするなど、無法状態が続いているとして、昨年8月の市民オンブズマン群馬の例会で会員から報告があったため、以降、事務局ではみどり市に同区の民主化の実現に向けた取組を促してきました。具体的には、みどり市長あてに7回に分かる公開質問状を提出して同市長の見解を質し、早急な是正措置を要請してきました。しかし、みどり市では、裁判所が認定した不適切会計は不正会計ではなく、会計処理に問題は無かったとして、引続き不正会計を行った区長に委嘱状を交付している姿勢を変えようとしません。そのため同市長のそうした頑なな姿勢と見解を平成25年4月23日付の書面で確認すべく書面を出したところ、同4月30日付で「解釈が違う」などとして、オンブズマンの最終確認内容さえも認めない支離滅裂な回答をよこしました。
注:この件は次のブログを参照ください。http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/1033.html#readmore

続きを読む
0

2013/5/30  22:32

公舎を妾宅化して愛人と宿泊していた知事大澤の答弁書に対しオンブズマンが反論の準備書面提出  オンブズマン活動

■群馬県知事・大沢正明は2年前の平成23年7月8日(金)、2期目を問う厳しい選挙戦に勝利した後、県庁に初登庁し、支援者約500人を集めてセレモニーを行った後、午前10時15分から県庁幹部職員らを前に昭和庁舎で訓示をしました。ところが、選挙期間中の禁欲に耐えかねてか、その日の午後は配偶者の待つ自宅に戻らず、何食わぬ顔で自家用車に乗り、前橋市内に住むある女性の許に向かったのでした。そして、彼女を自分の自家用車に乗せて、午後4時過ぎに県庁近くの知事公舎に入り、公舎の玄関に自家用車を横付けしました。
クリックすると元のサイズで表示します
知事大澤が不倫の場として公舎に愛人を連れ込んでいた様子を撮影し続けていたビデオカメラ。この画像を録画していたのは公舎の建物内に設置されたTOA製デジタルレコーダーとしては最上位機種のC-DR091D6型で9局600GBDVDタイプ(現在は生産終了)。内臓のハードディスク(HD)は600GB(ギガバイト)でDVDやUSBにもダビング可能。さらに外付けのHDは2.4TB(テラバイト)2基まで接続可能。なのに、なにも録画を残して居らず、画像チェックの記録も見当たらない。せっかくの高価なビデオ防犯監視システムも、これでは知事の不倫を外部から知られないように見張るだけの代物。

続きを読む
1

2013/5/29  21:43

タゴ事件発覚から18周年・・・地方自治体史上最高額の横領事件に安中市民はどう対処したか(会報6号)   安中市土地開発公社事件クロニクル

■市政をただす安中市民の会の会報6号は、平成7年7月25日(火)に発行されました。同年7月は、旧安中市の各地でタゴ事件の報告集会を開催していました。一方、事件発覚直後から動揺してきたタゴ事件関係者らも、次第に落ち着きを取り戻しはじめてきたのもこの頃です。
クリックすると元のサイズで表示します
元職員タゴに代わり、膨大な骨董品の買い付けを行っていたのは甘楽信金(現・しののめ信金)に勤務していながら古物商の免許を持っていたタゴの無二の親友。写真はその御仁宅。閑静な住宅街の中でひときわ目立ち周囲を威圧するかのような豪邸だ。左奥には骨董品が収まりそうな倉庫らしい建物も併設されている。タゴが警察に逮捕される直前、骨董価値のありそうな絵画等6点をタゴから預かり、事件のほとぼりが冷めてきてタゴが14年の刑期を終えて千葉刑務所を出所した翌年の平成22年4月の市長選の直後に、藤岡にあったタゴ宅に電話をして、絵画等6点の返却を申し入れ、タゴ配偶者が安中市土地開発公社の岡田義弘理事長に電話をして横領金の返済の足しにしてほしいと寄贈を申し入れ、岡田市長ら幹部らがおっとり刀で検分に行ったとされる。

続きを読む
0

2013/5/28  22:23

公舎を妾宅化して愛人と宿泊していた知事大澤が6月4日の東京高裁控訴審を前に答弁書を提出  県内の税金無駄使い実態

■およそ2年前の平成23年(2011年)7月13日発売の週刊新潮で、知事公舎に女性を宿泊させたとスクープされた群馬県知事・大沢正明は、「事実無根の記事を掲載した週刊新潮に対して法的措置を検討している」などと記者団にほのめかせていたが、当会が先日週刊新潮編集部に確認したところ、「いまだにそうした動きはありません」ということでした。知事公舎を「ラブホテル代わりにしていたのでは」と記事で指摘された我らが群馬県知事ですが、妻とは別の女性を宿泊させたことは認めたものの、男女関係は否定しました。であれば、当然自身の名誉の為にも新潮社を訴えるのがスジです。でも、未だに身動きを取らないところを見ると、やはり記事の指摘は事実無根ではなかったことになります。
クリックすると元のサイズで表示します
5月27日に届いた群馬県知事の訴訟代理に弁護士からの答弁書が入った封筒。

続きを読む
0

2013/5/28  0:09

農道のコサ切りについてイエローカードを出してきた安中市道路行政に対して公開質問状を提出  困ったちゃん岡田前市政

■平成25年5月25日(土)の昼すぎ、畑から戻ると郵便受けに安中市土木課と書かれた封筒が入っていました。開封すると、「道路のコサについて(お願い)」と題する手紙と添付書類が同封されていました。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
1

2013/5/27  21:31

フリマ再開に向けた公園利用許可申請をはねつける岡田市長と未来塾のせめぎあいに投じる一石  安中フリマ中止騒動

■先日5月19日に、市内の市民団体「未来塾」のチラシが新聞折り込みされました。内容は、「第32回フリーマーケットinあんなか(5月26日)開催予定」は再開できませんでした」というものです。具体的には、北関東一と言われるまでに盛況だった同団体主催のフリーマーケットinあんなかが、岡田市長にいやがらせで開催を止められてから6年が経過し、このイベントの再開を望む多数の市民の声により昨年から再開準備手続を進めてきたが、岡田市長が邪魔をして、足踏み状態にあることが詳しく報告されています。チラシの内容は、同団体のホームページで見ることが出来ます。
http://www12.wind.ne.jp/miraijuku/news39%20for%20web.pdf

続きを読む
1

2013/5/26  23:57

年一度恒例の北野殿地区廃品集団回収が地元住民の支援によりスムースに実施  国内外からのトピックス

■5月26日(日)午前8時から、安中市北野殿地区(岩野谷4区)恒例のつばめ子ども会主催の廃品集団回収が行われました。今年から、子ども会の子どもたちや育成会の保護者が少なくなった為、地区内の組長が軽トラックなどの運搬や、集まった廃品の積み込みなどを手伝うことになり、事前に区長から組長らに通達が回されました。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
0

2013/5/25  22:32

朝日新聞グループ向けゴルフ場開発を断念した日刊スポーツの保有林がシイタケ原木供給源として注目  東北関東大震災・東電福島原発事故

■地元住民から、安中市岩野谷地区の南部丘陵地帯に広がる日刊スポーツ社ゴルフ場跡地に重機が入り、大規模に伐採作業が行なわれているという通報が4月にあり、5月連休中に様子を見に行きました。
クリックすると元のサイズで表示します
サイボウ処分場の脇の天白農道から南側を見ると伐採した山林が見える。平成25年5月1日撮影。

続きを読む
0

2013/5/23  23:54

タゴ事件発覚から18周年・・・地方自治体史上最高額の横領事件に安中市民はどう対処したか(会報5号)  安中市土地開発公社事件クロニクル

■市政をただす安中市民の会の会報5号は、平成7年7月17日(月)に発行されました。第5号から市民の会の連絡事務所の電話番号81−0364を見出しに掲載し始めました。この番号はその後、市政をひらく安中市民の会に受け継がれて、現在でも事務局長宅のファクシミリ(027-381-0364)として使用されています。
クリックすると元のサイズで表示します
高崎市箕郷町にある元職員タゴの実弟が経営する多胡運輸。元職員が横領したカネの一部がめぐり事業拡大を果たしたが、事件発覚とともに安中市内から雲隠れ。一時、高崎市の八幡町に居たと言う話もあるが、その後、現在の事務所で、中曽根事務所の運転手をやっていた人物が経営していた北部運送(現在はその息子が社長をしているホクブトランスポート社)から出光の石油運搬の仕事をもらって、大躍進したが、平成20年8月3日に首都高5号線熊野町ジャンクションで保有していた大型タンクローリーがガソリンと灯油20トンを満載したまま横転炎上事故を起こし、現在、首都高から35億円余りの損害賠償請求で提訴され、依然として係争中とみられる。

続きを読む
0

2013/5/22  12:12

最後まで大間々町13区の不正会計を改善する気のない石原・みどり市長から寄せられた支離滅裂な最終回答  オンブズマン活動

■みどり市大間々町13区で区長らが不適切会計を行っていたと裁判所が認めたにもかかわらず、みどり市長が当該区長に委嘱状を相変わらず交付し続けている問題で、市民オンブズマン群馬では、2013年4月23日付で、これまでのみどり市長の曖昧な回答を整理して、最終的な確認をすべく、みどり市に提出していました。そして、みどり市長として、それでもなお異論がある場合には、具体的な説明をつけて、返事をください、と申し入れていました。
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/986.html#readmore

続きを読む
0

2013/5/22  8:23

市広報紙に当選御礼を載せ慌てて刷り直し血税120万円をドブに捨てた太田市長にオンブズマンが公開質問準備  オンブズマン活動

■自治体が発行する広報紙を、自分の後援会報と勘違いしている首長が多い我が国の“痴呆”自治ですが、安中市を筆頭に、群馬県は全国的に見ても酷い状況にあります。そうしたなか、平成25年4月14日投開票の太田市長選挙を制した清水聖義市長が、自身の当選御礼の挨拶文を、市の5月1日号広報紙の表紙にデカデカと掲載しました。広報紙という公器のメディアの表紙を選挙ポスターの如く、得意満面で腕組みしている自身の写真を掲載すること自体、尋常ではありませんが、公選法違反の当選挨拶を広報紙配布直前にマスコミに指摘され慌てて刷り直した太田市長が、せっかく印刷したにもかかわらずゴミと化した広報紙8万3500部の印刷費約120万円を自分自身やチェックを怠った秘書課責任者に負担させずにいるため、市民オンブズマン群馬では5月21日付で次の公開質問状を太田市長に提出予定でした。その後5月21日になって太田市役所内でいろいろな動きがあり、広報の印刷を請け負っている上毛新聞が負担を申し出たり、太田市長が自ら支払うという話も出てきたりして混乱しています。オンブズマンとして本日提出するかどうかを現在検討中です。
クリックすると元のサイズで表示します
続きを読む
0

2013/5/21  23:55

タゴ事件発覚から18周年・・・地方自治体史上最高額の横領事件に安中市民はどう対処したか(会報4号)  安中市土地開発公社事件クロニクル


■市政をただす安中市民の会の会報4号は、平成7年7月9日(日)に発行されました。このころは市内各地で、市民の会主催によるタゴ事件の説明と質疑のための座談会を開催し始めました。
クリックすると元のサイズで表示します
国道18号線沿いに、元公社職員タゴが横領金で土地を購入し建物を建設し、タゴの配偶者が営んでいた喫茶店「珈琲ぶれいく」は、その後、地元の電器店などが使っていたが、現在は中華料理店になっている。事件発覚前、タゴはここで公務時間にもかかわらず、市役所を抜け出し、歩いて数分のところにある妻の喫茶店で、バーテンダーをやっていることもあった。いかに安中市役所の人事管理がズサンだったかが分かる。

続きを読む
0

2013/5/20  22:22

タゴ事件発覚から18周年・・・地方自治体史上最高額の横領事件に安中市民はどう対処したか(会報3号)  安中市土地開発公社事件クロニクル

■市政をただす安中市民の会の会報3号は、第2号の1週間後の平成7年7月2日(日)に発行されました。このころは号を重ねるに連れて1000部、2000部、3000部と発行部数が急増していきました。また、事務局を一本化しました。
クリックすると元のサイズで表示します
元職員タゴが1千万単位で毎週現金を引き出していた金蔵の群馬銀行安中支店。他の自治体では、土地開発公社の支払いは全て口座振替であるにもかかわらず、群銀安中支店では、他の自治体の店舗と異なり、公社職員に現金で支払うことを不思議と思わなかった。いかに、タゴと群銀が癒着していたかが分かる。

続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ