2013/6/30  21:11

市長執筆の公選法抵触記事で広報再発行経費・手続に係る情報開示を更に45日遅らせてきた太田市のなりふり  オンブズマン活動

■太田市の清水聖義市長が執筆した平成25年4月14日投開票の市長選の当選御礼挨拶文を表紙コラムに掲載し、記者クラブから4月30日に公選法違反が問われたため、既に8万3500部を印刷して新聞折り込みまで済んでいた5月1日号の広報おおたを急遽回収した件で、市民オンブズマン群馬が、確定したとされる約120万円の再発行費用の内訳や支払い先などを太田市に6月10日付で情報開示請求していました。ところが突然、6月18日付で同市の広報課から補正通知が出てきたため、オンブズマンは早期の開示を期待して6月24日に補正書を太田市に提出しました。ところが太田市では「待ってました」とばかりに、6月27日付で、開示をさらに45日延長し、お盆の夏休みまで先送りしてきたのでした。
クリックすると元のサイズで表示します
続きを読む
0

2013/6/29  23:11

行政能力と精力が反比例する群馬県由来の代議士と知事の目くそ鼻くそ関係  政治とカネ

■よりによって40歳年下の、自分の年齢の僅か3分の1のキャバクラ嬢兼女子大生とラブホで政務ならぬ“性”務に励んでいた衆院議院運営委員長の自民党所属代議士、群馬県第1区選出の佐田玄一郎の話題が、平成25年6月27日発売の週刊新潮に掲載されてから、テレビなどマスコミをにぎわせています。
クリックすると元のサイズで表示します
湯島天神。中央手前は夏越大祓の茅の輪。佐田委員長ご用達の湯島のラブホはここから徒歩で2分足らず。
続きを読む
0

2013/6/27  12:49

またもや週刊誌のネタにされた我らが郷土の誇る政治家のヘソの下  政治とカネ


■週刊新潮がまたまた快打を飛ばしてくれました。我らが郷土、群馬県の政界を代表する一人で当選8回を誇る自民党で衆議院・議院運営委員長であるセンセイの素行調査の報告結果が、本日6月27日発売の週刊新潮7月4日号に、グラビア写真つきで掲載されています。
クリックすると元のサイズで表示します
4万円援助交際20回! 女子大生とラブホテル! 衆議院No.3「佐田玄一郎」議運委員長 常習的買春の現場報告――還暦を迎えた大物政治家は、湯島のラブホテルに一人で入り、20歳の女子大生の到着を待った。偽名を使い、謝礼は4万円……。初めて関係してから半年が過ぎていた。(新潮社HPから)

続きを読む
0

2013/6/25  23:09

タゴ事件発覚から18周年・・・地方自治体史上最高額の横領事件に安中市民はどう対処したか(会報12号)  安中市土地開発公社事件クロニクル

■平成7年9月5日に発行された会報12号では、同年8月21日(月)に前橋地裁で開かれたタゴ事件の初公判の様子を傍聴していた市民らのメモをもとに、その前半部分を掲載しました。このチラシを見た前橋地検から市政をただす安中市民の会事務局に対して、さっそくクレームが来ました。傍聴の概要が詳しすぎるということでした。安中市民が必死でメモした内容を集計して掲載したのですが、前橋地検の反応は尋常ではありませんでした。そのわけは、後になって判明したのです。この傍聴概要メモのなかに、重大な事実が隠されていたからです。

続きを読む
0

2013/6/24  22:30

オンブズマンへの情報開示を遅らせて対応策に必要な時間稼ぎをする太田市の秘書室と広報課  オンブズマン活動

■とかく政治家は首長になると、時間が経過するに連れて、権限を持たされた椅子に座り慣れてしまい、まわりの役人がペコペコするものだから、偉くなった気になり、自分勝手に行動しはじめることが多いようです。勿論、常に選良の心をもって、民衆の為に尽力しようとする首長も少なくありませんが、群馬県の場合、他県に比べて間違った行動を起こすケースが多いようです。その背景には役所の職員が公僕としての心を忘れて、ルールよりも自分の保身を得ようとして、首長に媚びをうりたがる性向がうかがえます。太田市長による広報おおたの当選御礼挨拶記事を巡り、太田市長に情報開示請求を出していた市民オンブズマン群馬のメンバーに対して、太田市広報課がよこした補正通知は、そうした役所の上ばかり見ているヒラメ幹部職員の一端を垣間見せるものです。
クリックすると元のサイズで表示します
毎日新聞記者によって公選法抵触の可能性が指摘された記事が載った広報おおたの配布中止前の表紙記事。刷り直して再発行した広報は次のURLを参照。
http://www.city.ota.gunma.jp/270kouhou/2013/files/0501.pdf


続きを読む
0

2013/6/23  23:19

タゴ事件発覚から18周年・・・地方自治体史上最高額の横領事件に安中市民はどう対処したか(会報11号)   安中市土地開発公社事件クロニクル


■今回は、平成7年8月29日に発行された会報11号を見てみましょう。史上空前の役所の不祥事が安中市民に衝撃的に伝わってから約3か月が経過しようとしている時、表向きには未だに事件の全貌が混とんとしている状況でしたが、既に警察では事件の初動捜査を一応終えて、平成7年(1995年)8月21日には前橋地裁で第1回目の公判が開かれ冒頭陳述が行われました。しかし、その裏では、事件の根幹である横領金の具体的な流れを追及しようとしていた現場の警察官に、上層部から圧力が加わり始めていました。それと並行して、事件の重要参考人とみられていた元職員の上司も、警察の取り調べに対して余裕のある受け答えをするようになっていたのでした。

続きを読む
0

2013/6/22  8:10

太田市長による広報への当選御礼記事掲載で、太田市広報課からオンブズマンに来た補正通知の意図  オンブズマン活動


■太田市の清水聖義市長が書いた4月の市長選の当選御礼挨拶文を表紙コラムに掲載し、公選法違反が問われたため、既に8万3500部を印刷して新聞折り込みまで済んでいたものを急遽回収した件で、清水市長は同5月21日に記者会見で「広報紙の廃棄に伴う損失額について『当然、その経費は私が負うつもりだ』と話し、給与を減額して穴埋めする考えを示した。」(上毛新聞)と報じられました。市民オンブズマン群馬では、この広報刷り直しについて、当初は秘書室や広報課を管轄する担当部長の判断で、今年度の広報制作発行に係る予算内でやりくりすると発表していたのに、5月21日の記者会見では一転して自己負担を表明したことから、5月21日の記者会見の正確な発表内容を確認すべく、平成25年6月10日付で同市在住のオンブズマン会員を通じて公文書開示請求をしていました。

続きを読む
0

2013/6/21  18:00

これでよいのか群馬県環境行政…ついに事前協議の最終局面を迎えた安中の大規模サンパイ場計画  全国のサンパイ業者が注目!

■群馬県大物OBを役員に擁して、関東でも最大級の大規模サンパイ最終処分場を安中市岩野谷の大谷地区に設置計画している滑ツ境資源がよろこびそうなニュースが飛び込んできました。来る6月27日(木)に大規模審議会が県庁で開催されるというのです。今年3月までに事前協議が終わってしまうのではないかと見ていた住民らは、新年度にはいっても具体的な動きが出てこないのでおかしいな、と思っていましたが、やはり行政と事業者との間では水面下で次の一手に向けて合議が進められていたのでした。

続きを読む
1

2013/6/18  23:12

タゴ事件発覚から18周年・・・地方自治体史上最高額の横領事件に安中市民はどう対処したか(会報10号)  安中市土地開発公社事件クロニクル


■18年前に安中市役所で発覚した地方自治体史上最大級の巨額詐欺横領事件に関してリアルタイムに状況を市民に報じた市政をただす安中市民の会の会報10号は平成7年8月22日に発行されました。

続きを読む
0

2013/6/17  23:42

当選御礼掲載の広報刷り直し事件でオンブズマンに経緯説明を約束した太田市長に立ちはだかる秘書室の壁  オンブズマン活動


■平成25年4月14日の太田市長選挙を勝ち抜いた清水聖義市長が、広報おおた5月1日号の表紙のコラムに当選御礼記事を書き、秘書室のチェックを経て8万3500部印刷し、新聞折り込みまで完了しました。ところが、5月1日の配達準備が整った段階で、配達の1日前に、いつものように広報課から記者クラブに配られた広報の原稿を見た毎日新聞の記者が、一読するなり「これはおかしい。公職選挙法に抵触する可能性があるのでは」と広報課に指摘しました。すると市広報課もしくは原稿チェックをした秘書室が、慌てて配達をストップさせて、新聞折り込み広告から全部引き抜く作業を行いました。

続きを読む
0

2013/6/13  22:39

当選御礼挨拶を載せた広報を全て刷り直した清水聖義・太田市長にオンブズマンが情報開示請求  オンブズマン活動

■清水聖義・太田市長が、広報おおた5月1日号の表紙の自分のコラムで、前月に投開票が行われた当選御礼挨拶文を掲載したものを8万3500部印刷し配布寸前に、公選法違反が問われた為慌てて全部回収し、当選御礼挨拶文を差し替えた修正版を改めて刷り直し、約120万円の追加経費を市に負担させた事件がありました。この事件では、当初、秘書課が、損害の尻拭いを次号以降の広報のカラーページ削減等によるコスト減で捻出しようとしましたが、市民らからの批判を受けて、あっさり撤回し、市長が身銭で支払うと表明した事件では、これまで市民オンブズマン群馬からの連絡で当会のブログでも取り上げました。
平成25年5月22日付http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/1028.html
平成25年6月1日付http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/1045.html

続きを読む
0

2013/6/12  22:00

タゴ事件発覚から18周年・・・地方自治体史上最高額の横領事件に安中市民はどう対処したか(会報9号)  安中市土地開発公社事件クロニクル

■今回は、平成7年8月15日に発行された会報9号を見てみましょう。
クリックすると元のサイズで表示します
元職員タゴの実弟が経営する多胡運輸所有の大型タンクローリーが平成20(2008)年8月3日に首都高5号線で横転炎上した事故で、その後、平成23(2011)年7月に首都高が3年の時効直前に加害者の多胡運輸と下請のホクブトランスポート、さらに荷主の出光興産を相手取り、総額34億円あまりの賠償を求める裁判を起こした。その後、まもなく2年が経過するが未だに係争中らしい。ところが〒370-3104群馬県高崎市箕郷町上芝541-2にある多胡運輸は、2012年の初頭に突然看板から社名を消し去り、代わりに株正(びしょう)の文字が書かれ現在に至っている。

続きを読む
0

2013/6/10  12:29

「市長室雨漏り」事件で市民を驚かした6月1日付東京新聞記事の尾ヒレの程度を確認  国内外からのトピックス

■平成25年6月1日付の東京新聞の群馬版の右上に写真入りでデカデカと「市長室雨漏り」「安中の老朽庁舎“梅雨入り”」「秘書課や会議室も被害 新庁舎へ避難」と題する我らが安中市の誇る築54年の市長室の一大事が報道されました。たまたま6月4日に市役所を訪れる機会があったため、この事件の顛末についてヒヤリングしましたので報告します。まずは、東京新聞6月1日付記事を見てみましょう。
クリックすると元のサイズで表示します
堂々と聳え立つ築54年の我らが安中市役所の勇姿。安中市はタゴ事件の風化を防ぐためにも群銀へのローンの支払いが終わる西暦2102年までは記念施設として保存しておく義務と責務がある。雨漏りの原因となったと思われる古庁舎3階の雨樋部がみえる。

続きを読む
0

2013/6/9  23:52

タゴ事件発覚から18周年・・・地方自治体史上最高額の横領事件に安中市民はどう対処したか(会報8号)  安中市土地開発公社事件クロニクル

 
■今回は、平成7年8月8日に発行された会報8号を紹介します。ところで、18年前の今頃、巨額詐欺横領事件が発覚したばかりの安中市役所は、連日てんやわんやでした。
クリックすると元のサイズで表示します
元職員の実弟が経営する多胡運輸は、タゴ事件発覚後、市内の間仁田にあった事務所を市外に移すとともに、かつて中曽根事務所の運転手をしていた前社長が経営する北部運送(その後、ホクブトランスポートと改称)から、出光興産の石油関連製品の輸送を下請けするようになり、大型タンクローリーを数台とプロパンガス運搬車など車両数10台を保有するほど事業規模の拡大を果たしました。ところが、平成20年8月3日早朝、首都高5号線熊野町ジャンクション付近の下り線で多胡運輸所有の大型タンクローリーがガソリンと軽油を満載したまま横転炎上し、完全復旧までに2カ月以上要すると言う首都高史上最大の物損事故を起こしました。現在、首都高は多胡運輸の他、荷主の出光と下請けのホクブトランスポートを相手取り、35億円余りの損害賠償請求を係争中。しかし多胡運輸は看板を掛け替えて営業中で、ホクブトランスポートも相変わらず何事も無かったかのように営業中です。安中タゴ事件の異常性が首都高横転事故にも共通しており、背景にあるものを痛感させられます。写真はホクブトランスポート本社。

続きを読む
0

2013/6/8  23:17

道路管理者として管理しきれない市道を沿線住民の善意に頼ろうとする安中市道路行政のホンネを質す  困ったちゃん岡田前市政

■道路という公共財産を特定の個人や法人のために便宜を図ってきた安中市の道路行政ですが、土地開発公社を舞台にしたタゴ51億円事件の負の遺産である103年ローンなどの影響で、市内の市道はひび割れだらけです。そのため、道路里親制度というものを設けて、沿線住民らに維持管理を肩代わりさせようとやっきになっています。

続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ