2013/7/12  23:40

大間々町13区不正会計で被告に和解を勧め実質敗訴に導いた弁護士の信頼を問う異議申出で日弁連が審査開始  不良弁護士問題

■数千人の住民が属するみどり市大間々町13区の区長らが不正会計をしていた事件で、区長らが不正を指摘した住民らを相手取り名誉棄損による損害賠償請求を提起したところ、不正会計が事実であったことが裁判で明らかになり、敗訴しそうになった区長側が、被告住民らに、互いの弁護士同士を通じて和解を持ちかけました。
クリックすると元のサイズで表示します
日弁連から届いた異議申出審査開始通知書の入った封筒。

続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ