2014/6/28  0:05

大同特殊鋼の製造過程で出る鉄鋼スラグに基準値を超えるフッ素や六価クロムが含まれる理由についての考察  スラグ不法投棄問題

■平成26年6月24日付の日本農業新聞に、和歌山県果樹試験場が、新日鉄住金の鉄鋼スラグを使って簡易舗装を試験的に実施したところ、鳥獣害対策と除草対策で効用が確認できたという記事が掲載されました。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
2

2014/6/27  0:58

大同スラグ100%路盤材の撤去を決めた水資源機構と15%路盤材撤去タブー視の国・県との間の雲泥の差  スラグ不法投棄問題

■平成26年6月11日に、独立行政法人水資源機構は、群馬用水幹線水路土井の管理用道路等の路盤材に使用した大同有害スラグを全て撤去することを発表しました。そのことを報じた上毛新聞6月12日付記事と、水資源機構のホームページ記事をご覧ください。

続きを読む
1

2014/6/26  21:42

安中タゴ51億事件の半額以下なのに懲役15年をくらった長野県建設業厚生基金横領事件のサカモト元事務長  他の自治体等の横領事件とタゴ51億円事件

■安中市土地開発公社の51億円巨額横領事件には遥かに及ばないものの、青森県住宅供給公社の通称アニータ事件と呼ばれる横領事件を遥かに上回る約24億円の横領事件を起こした長野県建設業厚生年金基金の横領事件で、6月25日に刑事判決が言い渡されました。

続きを読む
3

2014/6/25  23:15

相変わらず大同スラグをサンパイだと認めたがらない群馬県農村整備課の営農環境に対する認識度の低さ  スラグ不法投棄問題

■環境基準を大きく超える有害物質を含有した大同特殊鋼渋川工場から排出された鉄鋼スラグを混入させた再生砕石と称する代物を、安全な食のための健全な土と水の環境確保が必須条件である圃場整備事業で農道の路盤材として大量に使用するという、前代未聞の事態が発覚した東吾妻町柳生地区ですが、あろうことか、このサンパイの上に舗装工事をして蓋をしてしまおうという工事が平成26年6月11日に入札にかけられました。市民オンブズマン群馬では、平成26年6月16日にこの工事を担当している吾妻農業事務所の農村整備係の松井次長に電話をして、「サンパイである有害スラグの撤去を最優先でお願いしたい」と強く要諦したところ、「貴重な意見なので、県庁にも伝えておきたい」とする回答がありました。(平成26年6月16日当会ブログ参照:
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/1318.html )

続きを読む
3

2014/6/22  23:42

県内私立幼稚園を擁護するあまり県内の幼稚園児童数の情報公開に15カ月も要した群馬県の情報非公開体質  オンブズマン活動

■群馬県は何事にも行政情報の開示に消極的ですが、今月の市民オンブズマン群馬の例会で、渋川在住の会員から次の報告がありました。「県内の私立幼稚園の24年在園児童数」開を平成25年2月18日付で請求したところ、殆ど黒塗りされた文書が出されてきたため、同年3月12日付で異議申立てを行ったところ、1年3か月も経過してからようやく開示されたというのです。他の都道府県では圧倒的な割合で園児数を開示しているのに、群馬県はあれこれイチャモンを付けて、時間稼ぎをしたのです。
クリックすると元のサイズで表示します
15か月かけて開示となった文書。幼稚園の園児充足率に著しいばらつきがあることがわかる。

続きを読む
1

2014/6/21  22:42

都合のよい証拠だけ採用し旅行業協会傘下の同業者を不問にした東京高裁のはらぼじ観光狙い撃ち判決内容  はらぼじ観光被疑事件

■インターネットが普及し、旅行情報が容易に入手でいる時代に、昔ながらの店舗と設備を備えて、形式にこだわるなど時代錯誤の規則を盾に、旅行業法に定めた権限を維持すべく、あれこれ行政指導をしては、税金を食んでいる旧態依然の行政の実体を改善し、真に旅行業界を活性化すべく、尽力してきた群馬県内の旅行業者「はらぼじ観光」が、一度も面識のない東京の全国旅行業会から旅行業法違反で訴えられた事件は、被告とされたはらぼじ観光の元経営者が2月24日の前橋地裁の敗訴判決を受けて、東京高裁に控訴していたところ、6月20日(金)午後2時から東京高裁8階の805号法廷で判決が下されました。

続きを読む
1

2014/6/20  0:15

大同スラグを巡る不可思議な経緯を国レベルでも検証する必要性あり  スラグ不法投棄問題

■今回の大同特殊鋼渋川工場排出のスラグの有毒性が発覚した端緒は、平成25年5月、渋川市のスカイランドパーク遊園地の駐車場などで、20年近く前にスラグを使って埋め立てた個所が、その後、スラグが吸水による膨張収縮をしたりして、路面が凸凹にひび割れたりしたため、渋川市が、中間処理の資格のない大同特殊鋼に掘り出させた際に、サンプルを専門業者に分析試験してもらったところ、基準値を遥かに超える六価クロムやフッ素が検出されたことです。

続きを読む
4

2014/6/19  0:08

これでいいのか群馬県環境行政・・・大同スラグに関する廃棄物の該当性の判断に迷い続けるワケは何?  スラグ不法投棄問題

■大同特殊鋼渋川工場から排出される有害物質含有スラグについて、群馬県の県土整備部建設企画課や農政部農村整備課などは、いまだにサンパイとは考えておらず、この有害スラグの毒物含有量を見掛け上薄めるためにバージン砕石に2割ほど加えた路盤材を正規な道路資材として“お墨付き”としています。

続きを読む
3

2014/6/18  1:43

6月16日渋川市発表のスラグ砕石汚染現場調査結果リストの不適切な測定方法・・・真の汚染実態は?  スラグ不法投棄問題

■渋川市から「スラグ砕石使用実態調査」と題する資料が6月16日に発表されました。38カ所検査して、35カ所から基準値を超える有害フッ素(0.8以上)が検出されています。六価クロムも3か所で基準値を超えています。また、下の地層からも土壌汚染が確認されています。国の独立行政法人水資源機構が有害スラグを施工した現場で測定したデータに比べても、非常に高い数値が示されています。しかしながら、この試験方法には不可解な点があります。
クリックすると元のサイズで表示します
渋川市のスラグ砕石使用実態調査結果が市議会に報告されたことを報じる6月17日付の上毛新聞記事。

続きを読む
3

2014/6/17  23:13

“はらぼじ観光”だけ別扱いする理由に答えられない旅行業協会と群馬県観光行政の無責任な二重基準  はらぼじ観光被疑事件

■観光立県を目指す群馬県ですが、全国レベルでみるとまだまだ観光客の誘致には努力が必要です。とくに首都圏では、お隣の栃木県や茨城県と比べても観光客数や消費額においてかなり水をあけられています。その中にあって、県内の宿泊客数と消費額のみ善戦しています。これは、県内の中小旅行業者が知恵を絞って奮闘しているとみることができます
http://www.mlit.go.jp/kankocho/siryou/toukei/irikomi.html
touriststatistics2013.xls

続きを読む
1

2014/6/16  23:11

有害スラグの公共使用時期と建設中の大同特殊鋼スラグ最終処分場の拡張工事期間との相関関係に係る考察  スラグ不法投棄問題

■大同特殊鋼では、もともと鉄鋼スラグを自前の処分場で処分していたはすでした。なぜなら、渋川市の平成18年度産業廃棄物処理施設設置状況のリストを見ると、同市金井字上ノ平に小林製工運送鰍ェ昭和48年(1973年)12月から昭和57年(1982年)5月まで旧管理型処理施設を設置していました。その後、同社は同市金井字大野で昭和57年10月から旧管理型処理施設を継続して設置中とあります。
http://www.city.shibukawa.lg.jp/kurashi/kankyou/shibukawakankyou/documents/kankyo_shibukawa_h18.pdf(P43)
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
3

2014/6/16  12:58

大同スラグ入り砕石をサンパイではなく正規の路盤材と見なす群馬県行政  スラグ不法投棄問題

■大同特殊鋼渋川工場から排出される鉄鋼スラグに環境基準値を超えるフッ素や六価クロムが含まれていた問題で、大同スラグが混入された砕石を土木資材として使用した公共事業の環境への影響が、行政で心配のタネになっています。

続きを読む
3

2014/6/15  23:02

安中市内で最初の「ぐんま緑の県民税」に関する出前講座が北野殿で開催され28名参加  茂木市政


■安中市で初の「ぐんま緑の県民税」に関する出前講座が、当会主催で、6月14日(土)午後7時から、市内岩野谷地区の北野殿公会堂で開催されました。当日は幸い、朝から梅雨の合間の青空が広がり一日中天候に恵まれました。参加者は、ほとんどが地元岩野谷地区の住民でしたが、お隣の高崎市からも参加された方がいらっしゃいました。マスコミ関係者は上毛新聞社の高崎市局から駆け付けていただきました。しかし、残念ながら、会場の直ぐ近くに住んでいる前市長と現市長は、出席しませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
7

2014/6/13  23:30

東吾妻町萩生地区土地改良事業で農道に投棄された大量の有害スラグをサンパイと見なそうとしない農村整備課  スラグ不法投棄問題

■本日市民オンブズマン群馬が入手した情報によると、東吾妻町萩生地区を対象にした舗装工事で、6月11日に入札が行われ、池原工業鰍ェ490万円で落札しました。この件で、さっそく群馬県農政部技術支援課経由で農村整備課に、「なぜ、有害スラグが大量に施工された現場から、有害スラグを撤去しないまま舗装工事ができるのでしょうか」と問い合わせたところ、「この工事を発注したのは、吾妻農業事務所の農村整備課なので、そっちに聞いてほしい」と言われました。その際「オンブズマンのブログでは、大同スラグのことを産業廃棄物として表現しているが、農村整備課ではそのような判断はしていない」と言われたので、仰天しました。
クリックすると元のサイズで表示します
このように、大同特殊鋼は有害スラグをサンパイと認めているのに、群馬県がなかなか認めたがらないのはなぜ?
続きを読む
3

2014/6/13  12:54

水資源機構の管理道路等の大同有害スラグ撤去の報に接しても自らの施工場所は舗装でフタする群馬県行政体質  スラグ不法投棄問題

■大同特殊鋼が排出する鉄鋼スラグに有毒なフッ素や六価クロムが環境基準値を遥かに超えて含まれていた上に、それを公共事業で再生材の混入砕石として使用することを公認していた群馬県ですが、国の水資源機構では、この有害スラグが使われた管理道路や資材置場、駐車場を放置しておくことができないと判断し、有害スラグを全て撤去することを決めました。6月12日付の上毛新聞が報じました。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ