2014/12/10  23:39

全国が注目する群馬5区…「国家老」が営むとされる高崎市内のアンティークショップについての考察  政治とカネ

■「姫」を支えてきた「国家老」は、平成26年10月24日まで秘書の傍ら中之条町長をしていました。さらに興味を引くのが、高崎市内で骨とう品店「夢玄堂」を経営していたことです。このエピソードについて、時事通信が平成25年3月1日付で次のように報じています。
クリックすると元のサイズで表示します
かたや、「姫」のお詫び行脚は続く。週刊文春12月18日号より。
weeklybunshunmsobuchi.pdf

続きを読む
3
タグ: 政治 カネ 世襲



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ