2015/9/2  23:57

大同スラグ住民訴訟…東吾妻町萩生地区でスラグ敷砂利に蓋をした群馬県から届いたハチャメチャ準備書面  スラグ不法投棄問題

■大同スラグが農道の敷砂利として大量に使われた東吾妻町萩生地区で、有毒スラグを撤去するどころか、舗装で蓋をした群馬県の責任を明確化し、再発防止を図るために市民オンブズマン群馬では住民監査請求から住民訴訟に踏み切りました。その第2回口頭弁論が来る10月2日に予定されていますが、1か月前の本日、群馬県側から被告として最初の第1準備書面が郵送されてきました。
クリックすると元のサイズで表示します
本日、被告群馬県の訴訟代理人の弁護士から郵送されてきた封筒の表。

続きを読む
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ