2015/12/31  21:07

1月16日に総統選挙を控える台湾の年末年始の最新情報(その1)  国内外からのトピックス

■ひらく会海外取材班は12月25日から、久しぶりに台湾の取材を行っています。これまで、台北、高雄、台北と移動し、大みそかの本日は台中で年越しを迎えることになりました。日本では大みそかの行事でにぎやかですが、こちらでは、年越しのカウントダウンは、各地で催されるものの、テレビの番組では、あと16日後に迫った総統選挙の話題で持ちきりです。
クリックすると元のサイズで表示します
12月25日に成田空港で搭乗したハロー・キティ・ジェット。エバー航空は親切なサービスで定評があり、日本人にも台湾人にも好評。

続きを読む
0

2015/12/30  23:47

今度は5000万円着服・・・2年半前に不祥事を連発した桐生信用金庫の2度あることは3度ある体質  群馬県内金融機関不祥事件


■桐生信用金庫(桐生市、津久井真澄理事長)は群馬県にある7つの信用金庫のうち、しののめ信金に次いで2番目に大きな金融機関で、全国に267ある信金の2014年3月末時点の預金量ランキングでは4437億円で87位(2014年)となっています。創立は大正14年2月14日、従業員453人、店舗数34で群馬県の東毛地区及びその周辺を営業エリアとする中堅の信用金庫ですが、このほど、またまた不祥事件が報じられてしまいました。2年半前にも同様の事件を起こしており、その時の状況は次のブログを参照ください。
○2013年6月2日:1年以内に2度の不祥事を起こした桐生信用金庫の舌の根の乾く期間
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/1046.html

続きを読む
0

2015/12/29  21:44

有害スラグ問題を斬る!・・・年末の慌ただしい中を紛れるようにコッソリと国交省が発表したスラグ報道  スラグ不法投棄問題


■スラグ報道は、依然として連日のようにヒートアップしていますが、さすがに仕事納めが済んだら収まるかと思いきや、年の瀬も押し迫った12月29日にも新聞紙面にスラグの3文字が踊りました。この年の瀬の報道は、年末年始休みに入り社会の関心が薄いであろうことを見越したうえでの姑息な思惑をもとに、関係行政機関が公表したとの印象を強く読者に与える結果となっています。早速、報道内容を見ていきましょう。

**********2015年12月29日上毛新聞
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
2

2015/12/27  23:05

大同有害スラグ問題を斬る!・・・渋川市四ツ角信号付近の調査結果  スラグ不法投棄問題


■大同特殊鋼渋川工場から逆有償で仕入れた有毒スラグに天然砕石を混ぜて佐藤建設工業が販売した危険スラグ入り建設資材が、群馬県内のあちこちの施工現場に投棄されています。それらの施工現場の多くに共通するのは、危険スラグが次第に膨張し始めて、内部から破壊が進行している実態です。このことは、市民オンブズマン群馬の誇る特別プロジェクトチーム「リットン調査団」の粘り強い調査で徐々に明らかにされてきているのです。

続きを読む
0

2015/12/26  23:05

特別目的会社による日刊ゴルフ場跡地のメガソーラー計画について開発事業者からやっと出て来た回答書の中身  安中市内の大規模開発計画

■群馬県で最大規模のメガソーラー計画となる安中ソーラー合同会社による日刊スポーツゴルフ場開発計画跡地である安中市岩野谷地区の南部の丘陵地帯に広がる約140ヘクタールの山林の造成と発電施設の設置について、地元住民及び計画地域内に山林を保有する地権者として、この事業計画の疑問点や課題点を公開質問状の形式にまとめて、先日、開発事業者に提出していたところ、ようやく回答書ができたということで、業務委託先のザイマックス・アセット・コンサルティングから連絡があり、12月24日の午後6時に、同社2階の会議室で、日刊スポーツ興産の関係者2名を交えて、回答についての説明を受けましたので報告します。
クリックすると元のサイズで表示します
ザイマックスと赤坂国際会計事務所の位置関係を示す溜池山王駅出口の案内図。

続きを読む
1

2015/12/25  23:54

大同スラグ訴訟…クリスマスに提出されたオンブズマンの準備書面(3)と来年1月15日の第3回口頭弁論  スラグ不法投棄問題

■我々群馬県民の財産である県土を広くサンパイ最終処分場代わりにしてしまった大同特殊鋼などによる鉄鋼スラグの不法投棄問題ですが、東吾妻町萩生川西地区では、2013年7月に南波建設が行った「萩生川西地区 区画整理補完3工事」で農道のあちこちに敷き砂利として大量の有毒スラグが混入されたサンパイが使用されていたことが、2014年6月1日に実施した市民オンブズマン群馬による現場調査で確認されました。そのため、当会では急遽吾妻農業事務所に対して、これらのサンパイを原因者である大同特殊鋼と佐藤建設工業の費用負担で早急に撤去するよう申し入れました。ところが、吾妻農業事務所は当会の要請を無視し、直後の2014年6月11日に農道舗装工事と称してサンパイを含んだ敷砂利の上に舗装を掛けるというとんでもない公共事業の入札を実施し、翌12日には529万2000円で落札した池原工業と契約を締結し、同7月11日には契約額を649万800円に増額、同7月31日に工事が終わり、同8月7日に吾妻農業事務所による完成検査が行われて、同日合格と認定され、同8月18日に代金が池原工業に支払われました。そのため、有毒スラグを大同・佐藤のブラック連合に撤去させないまま、公金で舗装工事による蓋をしてしまった吾妻農業事務所に対して、当会が住民監査請求を経た後、住民訴訟を現在行っているところです。

続きを読む
0

2015/12/23  23:55

滋賀県で不法投棄の福島原発放射能汚染木くずの県内受入れ関連情報を黒塗りした前橋市長に異議申立書を提出  東北関東大震災・東電福島原発事故

■滋賀県の琵琶湖畔に放射能汚染木くずが不法投棄された事件で、撤去された木くずが群馬県前橋市内のサンパイ中間処理業者に持ち込まれて、他の木くずと混合され、堆肥製造業者に出荷された問題で、市民オンブズマン群馬は前橋市長に対して行政情報公開請求を行ったところ、部分開示された情報には、肝心の市内のサンパイ中間処理業者をはじめ、他の木くずと混ぜて出荷した先の堆肥製造御者などもすべて黒塗りされていたことから、前橋市民や群馬県民の安全・安心な生活環境保全の観点から、あらためて開示するよう、本日、前橋市長に対して次の通り、異議申立てを行いました。

続きを読む
0

2015/12/22  23:51

赤城南麓の前橋バイオマス発電に関する市長の2回目回答書から見えてくる12.20第3回説明会の裏側  東北関東大震災・東電福島原発事故

■赤城南麓の電中研赤城試験センター内に、関電工とトーセンが計画中の木質バイオマス発電所に関して、現在、地元では住民による反対運動が展開されています。こうした中、地元住民の皆さんが、12月7日付で2回目の公開質問状を前橋市長に提出していたところ、12月16日付で山本龍・前橋市長から回答が到来しました。また、12月20日(日)午前10時からは、前橋市鼻毛石町にある前橋市東部商工会館で、東電工とトーセンによる第3回目の地元説明会が開催されました。

続きを読む
2

2015/12/22  12:48

大同有毒スラグ問題を斬る!…渋川広域ゴミ処分場を巡る公金違法支出問題が住民提訴に発展!  スラグ不法投棄問題


■2015年9月11日に群馬県警の強制捜査を受けた大同特殊鋼・佐藤建設工業の“極悪コンビ”ですが、その後も、自ら進んで廃棄物と認定されたスラグを片づけ始めることもせず、佐藤に至ってはスラグ運搬車を我が物顔で走らせ続け、何事も無かったかのように振る舞っています。ですが、報道はさらに過熱し、毎日のようにスラグ報道が続いています。2015年12月19日、またしても「スラグ」の3文字が新聞各紙面を飾りましたので、ここにご報告いたします。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
1

2015/12/20  11:46

滋賀県で不法投棄の原発放射能汚染木くずの県内受入れに関与した業者名を隠す前橋市長に問われる姿勢(2)  東北関東大震災・東電福島原発事故

■引き続き12月初めに前橋市長が開示してきた資料を見てみましょう。注目すべき個所は赤字で示してあります。

続きを読む
0

2015/12/19  23:26

滋賀県で不法投棄の原発放射能汚染木くずの県内受入れに関与した業者名を隠す前橋市長に問われる姿勢(1)  東北関東大震災・東電福島原発事故

■東京電力福島第1原発事故による大量に放出された放射性物質に汚染された福島県内の森林から発生した膨大な木くずの一部が、東電の要請を受けた元官僚により福島県外に持ち出され、2013年3月中旬から4月下旬にかけて滋賀県の琵琶湖西岸の高島市鴨川河口付近の河川敷に約300トン(約580㎥)の木くずが不法投棄され、地元の住民らが問題視をしたため、元官僚が撤去した放射能汚染木くずが、なんと、2013年12月から14年2月にかけて群馬県前橋市内に持ち込まれ、前橋市内の産業廃棄物処理業者の施設で中間処理(破砕)され、市外の複数の業者に売却されていた事件が、2015年9月16日にマスコミ報道されました。
 これに関する当会のブログ記事をご覧ください。
○2015年9月23〜24日:サンパイ処分場化する群馬県に持ち込まれていた滋賀県からの原発汚染木くずの県内中間処理問題(その1〜3)
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/1735.html
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/1736.html
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/1737.html

続きを読む
0

2015/12/18  14:49

大同スラグ問題を斬る!・・・更に更に更に、そして更に崩壊が続く上武国道(その10)  スラグ不法投棄問題


■シリーズ企画の連載でお伝えしております、スラグの膨張性が起因すると考えられる上武国道における隆起による壁の押し出し、アスファルトの凸凹、亀裂の状況ですが、とうとう「その10」まで進んでまいりました。上武国道は、いつも調査に来るたびに、新たな崩壊の様子が毎回発見されています。これが日本国のインフラ建設に携わる最高機関である国土交通省が造った道路というわけです。

続きを読む
0

2015/12/13  0:47

大同スラグ問題を斬る!・・・渋川市の対応、「ここが変だよ、その21」  スラグ不法投棄問題

■ここのところ、スラグ報道は更にヒートアップし、週に一度は紙面を賑やかしている感があります。この報道が過熱度を増している理由は、スラグ問題に対する国や市などの行政の対応がおかしいからに他なりません。
 当会では、「大同スラグは産業廃棄物である」こと、「産業廃棄物は何人もみだりに投棄してはならない」こと、「事業者は自ら産業廃棄物を適正に処理しなければならない」こと、この3つの基本的な考えをしっかりと確認しつつ、広く皆様にお伝えすることを心掛けております。ところが、この基本事項を全く理解しようとしない渋川市が、12月9日に記者発表を行ったようなので、見ていきましょう。
**********2015年12月10日上毛新聞
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
1

2015/12/11  0:42

赤城南麓の前橋バイオマス発電に関する市長回答書と関電工・トーセンによる12.20第3回説明会の開催  東北関東大震災・東電福島原発事故

■赤城南麓の電力中央研究所赤城試験センター(前橋市苗ケ島町)内に、関電工とトーセンが面積6,700kw、年間8万トンの間伐材等を燃料とする木質バイオマス発電計画が浮上し、現在、地元では住民による反対運動がいよいよ正念場を迎える状況になってきました。東電の子会社で東電と深い関係にある関電工によれば、この発電所に必要な燃料の調達は、群馬、栃木、長野、埼玉から行う予定で、7月16日の地元新聞の取材に対して「9月から周辺整備を始め、2016年4月に発電所本体の工事を着工、2017年6月の完成を目指す」としています。

続きを読む
0

2015/12/10  0:50

大同スラグを斬る!…スラグの見分け方が分かるリットン調査団「スラグ3兄弟の歌」を憶えよう!【必携版】  スラグ不法投棄問題

■2015.9.11に群馬県警による大同特殊鋼・佐藤建設工業に対する廃棄物処理法違反容疑での強制捜査が敢行されたのは、皆さんの記憶に新しいところです。そのニュースをきっかけに、新たな読者として、このブログをご愛読いただきはじめた皆さまも大勢いらっしゃいます。そうした方々から当会に対して、「スラグとはどんなものなのか?小石と見分けがつくの?」というご質問が頻繁に寄せられております。そこで、リットン調査団に、誰でもスラグが見分けられるようになる説明ツールの作成を依頼したところ、先日同調査団が立ち上げた「進め!リットン調査団」のブログにその成果品が掲載されました。写真付きなので、懐かしい歌のメロディーを思い浮かべ口ずさみながら見ているうちに、あなたもスラグ鑑定専門家になれるかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します
写真は黒光りが特徴なスラグの様子です。
 では、さっそく「進め!リットン調査団」のブログを観てみましょう。こちらです。↓
http://blog.livedoor.jp/lytton_cyousadan/archives/395541.html

続きを読む
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ