2016/1/31  10:25

危険スラグ問題を斬る!・・・出張なんでも調査団「花園インターチェンジ」の巻  スラグ不法投棄問題

■大同特殊鋼渋川工場から排出されていた危険スラグ問題は、群馬県だけにとどまりません。佐藤建設工業が大同スラグを扱い始めた平成19年以降、県外で施工していた下請け案件としては、隣接の新潟県魚沼市や埼玉県坂戸市があります。一方、隣接の埼玉県にある朝日工業のスラグが、群馬県東吾妻町の山林の林道工事で持ち込まれていたケースもあります。このように、本来は、比重が重く運送コストのかかるスラグを、県境を越えた遠距離移動は、通常はあまり考えられないのですが、廃棄コストを節約したがる排出元から補助金など逆有償が得られれば、越境移動が行われる場合も十分想定されます。
 そのような中、関越自動車道の花園インターチェンジ付近で、道路の異常が発見されたので、ぜひ現場検証をしてほしいという通報が寄せられました。そこでさっそく当会の誇る大同スラグ不法投棄調査チーム「リットン調査団」に特命派遣を要請しました。多忙を極めるリットン調査団ですが、前橋インターから南へ36キロ離れた埼玉県深谷市まで足を延ばすにはそれなりのインセンティブが必要です。さて、どうなったのでしょう。

続きを読む
1

2016/1/30  23:17

タゴ事件であと86年間続くローン地獄に係る公開質問に対する安中市土地開発公社理事長からの消極的回答  土地開発公社51億円横領事件

■安中市民の全戸に毎月配布される広報あんなかには、毎月必ず税金に関して「滞納処分」「強制徴収」などの言葉が躍るページがつきものです。たしかに税金の滞納は、公平・公正な負担の観点から、目をつぶることはなりません。
○「広報あんなか」2015年11月1日号
http://www.city.annaka.gunma.jp/kouhou/2015/files/2711P15.pdf
○「広報あんなか」2015年12月1日号
http://www.city.annaka.gunma.jp/kouhou/2015/files/2712P12.pdf
○「広報あんなか」2016年1月1日号
http://www.city.annaka.gunma.jp/kouhou/2015/files/2801P6.pdf
クリックすると元のサイズで表示します
1月22日付け当会の公開質問状に対する安中市土地開発公社理事長からの回答書が同封された封筒。

続きを読む
1

2016/1/29  23:01

毎回千人単位で観劇ツアーを無登録で開いた「姫」の旅行業違反容疑に対して東京地検から不起訴処分通知  政治とカネ

■市民オンブズマン群馬では、小渕優子・元経産相の政治資金不正支出に関して、これまで告発を通して、その実態の解明を司直に要請しましたが、残念ながら、ワイン配布に見られる公職選挙法違反容疑はおろか、政治資金規正法違反(不記載、虚偽記載)のどちらもお咎めなし、という酷い結果におわりました。一方、東京の明治座へ毎年バス20数台を連ねて午前と午後2ラウンドの観劇ツアーを行っていた件では、旅行業法の登録をしていないにもかかわらず、毎年、観劇ツアーを企画し、後援会会員=顧客から参加費を徴収していたことから、旅行業法違反容疑で「姫」を東京地検に告発していました。
クリックすると元のサイズで表示します
東京地検から届いた「姫」の旅行業違反容疑に係る当会の告発に対する不起訴処分通知が同封された封筒。

続きを読む
1

2016/1/28  23:10

1週間後あっさり現金授受を認め閣僚辞任した甘利大臣に問われる代議士としての矜持とは?  政治とカネ

■先週の週刊誌の記事をきっかけに、甘利大臣の政治とカネの問題は、本日発売の週刊誌の記事第2弾で、甘利大臣のウソが暴かれ、甘利大臣もそれを認めざるを得なくなり、あえなく閣僚辞任となりました。そもそも1週間かけて調査をするというのは、単なる時間稼ぎであったわけです。その間、公費を使ってスイスのダボスに閣僚としての最後の出張を、国会承認もなくさせてもらったのも、盟友である安倍晋三の心づくしだったようです。というのは、数日前には、すでに閣僚辞任を覚悟していたと見られているからです。


続きを読む
1
タグ: 政治 カネ 世襲

2016/1/27  23:08

大同有毒スラグ問題を斬る!・・・「何人も、みだりに廃棄物を捨ててはならない。」についての考察  スラグ不法投棄問題

■先週発売の週刊金曜日に大同スラグ問題に関するジャーナリストの取材記事が掲載されました。この中で、大同スラグを県警に告発した群馬県廃棄物・リサイクル課の松井次長が、取材に対して発した次のコメントが印象に残ります。

「昨年9月、群馬県警が廃棄物処理法違反の疑いで大同特殊鋼に家宅捜索に入った。結局、不法投棄は間われず、同社などの委託基準違反(無許可業者への産廃処理の委託)にとどまる見込みだ。廃棄物処理法の「何人も、みだりに廃棄物を捨ててはならない」(16条)の適用を検討したが、「1300円で販売・施工されていたから『みだりに』と言えない」(群馬県廃棄物・リサイクル課 松井次長)」

続きを読む
1

2016/1/26  23:32

1月23日第114回高崎高校同窓会総会が開催される  国内外からのトピックス

■毎年恒例の県立高崎高校同窓会総会が今年も1月23日(土)午後3時から高崎市柳川町の高崎ビューホテルで開催されました。暖冬といわれつつも、1月後半に入り大雪が降り、まだ高崎市内の目抜き通りにも除雪された雪の塊が残っており、前日から寒波の襲来で、足元に気を付けながら同ホテルに同校OBらが多数、三々五々集合しました。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
0

2016/1/25  23:30

オブチ「姫」事件と比較しながら甘利大臣の金銭授受疑惑問題の1月28日以降の動きに注目しよう!  政治とカネ

■先週1月21日の木曜日発売の週刊文春が「政界激震スクープ」と銘打って、自民党の閣僚代議士のスキャンダル記事を大々的に掲載しました。この結果、自民党の閣僚代議士である甘利明経済再生担当相は、同日、参院決算委員会や記者会見で釈明し、告発した会社側であるS社、即ち薩摩興業梶i千葉県白井市清戸272、設立1973年9月、資本金1000万円、代表者:寺床博好、従業員5名)の関係者と面会した事実を認めましたが、1200万円の賄賂と報じられた金銭の授受については、「報道と私の記憶の一部が違う。精査させてほしい」として、回答を保留にしました。そして、「第三者も入れてきちんと調査をして、説明責任果たし職務を全うする」と答えました。これを聞いていて、なにやら、群馬5区の姫が一昨年10月20日に発した「第三者委員会できちんと調査をして説明責任を果たしてゆく」という言葉を思い出したのは当会だけではないと思います。

続きを読む
2
タグ: 政治 カネ 世襲

2016/1/24  23:57

大同有害スラグ問題を着る!・・・国土交通省の謎の工事を再度問う!一体何の工事なんだ!?  スラグ不法投棄問題


■昨年11月にお伝えいたしましたが、国道17号前橋渋川バイパスの終点側・沼辺信号付近で不審な工事が行われています。詳しくは以下のブログ記事をぜひご確認ください。青いURLをクリックすると関連記事がみられます。↓↓↓
○2015年11月9日:大同スラグ問題を斬る!・・・国土交通省の謎の工事に迫る(その1)
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/1793.html
○2015円11月10日:大同スラグ問題を斬る!・・・国土交通省の謎の工事に迫る(その2)
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/1794.html
○2015年11月11日:大同スラグ問題を斬る!・・・国土交通省の謎の工事に迫る(その3)
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/1795.html
○2015年11月12日:大同スラグ問題を斬る!・・・国土交通省の謎の工事に迫る(その4)調査を振り返って 
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/1796.html
続きを読む
0

2016/1/23  23:12

大同有害スラグ問題・・・週刊金曜日に掲載された「汚染された地が残された」と題する記事で占う今後の展開  スラグ不法投棄問題

■昨年12月8日に当会が取材を受けていた大同有毒スラグ問題について、1月22日発売の週刊誌に記事が掲載されました。取材記者は、三重県で石原産業が2001年から土壌補強材、土壌埋戻材として生産、販売していたフェロシルトが、実は環境基準を超える六価クロムやフッ素、放射性物質などが含まれている産業廃棄物であることを明らかにしたジャーナリストで、大同有毒スラグ問題がフェロシルト事件と酷似していることから関心を抱いたとして当会にコンタクトしてきたものです。さっそく記事の内容を見てみましょう。

続きを読む
1

2016/1/22  23:41

大同有害スラグ問題を斬る!・・・速報!千葉県で判明した新日鐵住金スラグ「ジオタイザー」大量不法投棄  スラグ不法投棄問題

■スラグ(鉱滓)はもともと産業廃棄物です。このスラグは安全性をきちんと確認し、品質的にあらゆる観点から評価して、環境や高齢の観点から問題がないと誰もが納得した場合に有効利用されることは、社会経済にとって決してマイナスではありません。しかし、利益追求主義がはびこり、コスト低減至上主義が叫ばれる昨今の風潮は、最近多発するスラグ不法投棄の背景になっていると考えられます。こうした中、またもや大量の鉄鋼スラグが造成工事に紛れて不法投棄されていたことが、スクープ報道されました。

続きを読む
4

2016/1/22  12:45

公金を103年間群銀に支払う原資を元職員・事件関係者から取りはぐれないよう促す公開質問状を副市長に提出  土地開発公社51億円横領事件

■地方自治体としては史上空前絶後、前代未聞の51億円を超える巨額詐欺横領事件が発覚したのは、阪神淡路大震災や地下鉄サリン事件の起きた199年(平成7年)5月18日でした。その約2週間後、安中市民が地元の新聞で報じられたこの事件の記事に仰天したのが同年6月3日(土)の朝でした。その半月の間に、安中市は、元職員が安中市土地開発公社特別会計を群馬銀行安中支店に開設した平成4年4月1日以前の資料を、証拠隠滅のために夜陰に紛れて市営のごみ焼却施設に運び込み、燃やしてしまいました。その後、警察の捜査が行われ、当会は入手した情報を警察にすべて提供し、この事件が市役所の組織ぐるみの犯罪であることが立証されることを期待し、膿を出し切ることが再発防止に欠かせないと信じて活動を始めたのでした。

続きを読む
1

2016/1/21  23:49

昨年のクリスマスに市公社が群銀に支払ったタゴ豪遊のツケ2千万円・・・あと86年間続くローン返済!  土地開発公社51億円横領事件

■事件発覚からまもなく21年が経過し、また、褐Q馬銀行との民事訴訟における和解が成立してからも、17年が経過しました。この和解は、安中市土地開発公社が主債務者として、安中市が連帯保証人として、平成10年12月9日に成立しました。安中市が債務保証を行うなかで、安中市土地開発公社が褐Q馬銀行に対して、平成10年12月25日に4億円を支払い、同様に平成11年から毎年12月25日に2000万円ずつ支払いを行ってきました。この支払は民法の時効の観点から10年毎に更新されるわけですが、前回は平成20年12月25日に群馬銀行との間で「証」と称する契約書が締結されました。そうした中、今年度も昨年12月25日に、群馬銀行に対して元職員の豪遊の尻拭い金である公金2000万円が、和解金と称して支払われました。この史上最大級の横領事件の真相解明をライフワークにしている当会では、恒例によって、1月6日に次の内容の行政文書開示請求書を茂木英子・安中市長に提出していました。
クリックすると元のサイズで表示します
安中市土地開発公社が、タゴのことをチヤホヤしていた元群馬銀行安中支店長が理事長を務める群馬県信用金庫を通じて昨年12月25日に群銀安中支店に振り込んだ証拠。

続きを読む
1

2016/1/20  23:10

「国家老」の刑事確定記録閲覧を東京地検に要請したところ、まだ裁判所から戻ってこないことが判明  政治とカネ

■「姫」こと小渕優子・元経産相の関連政治単体をめぐる政治資金不正使用問題では、我々市民オンブズマン群馬が2014年10月20日に告発(実際には東京地検から告発状の出し直しを命じられて再提出した同年10月31日付)したにもかかわらず、2015年4月28日に嫌疑不十分で不起訴処分とされてしまいました。そこで当会は、2015年6月23日に、東京第6検察審査会に審査を申し立て、翌日受理されましたが、これまた同年9月17日付で「慎重に審査したが不起訴処分を覆すに足りる理由がない」として「不起訴相当」と議決されてしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します
公選法・政治資金規正法違反容疑が不起訴となり、「姫」ご本人はすっかりご機嫌な笑顔。千葉県内の建設業者が甘利明経済再生担当相やその秘書らに口利きを依頼し、見返りに現金1200万円を供与したとする疑惑記事が1月21日発売の週刊誌で取りざたされることになりそうで、ますます「姫」の事件は風化して安泰なのか?2016年1月8日上毛新聞記事より。↑

続きを読む
2

2016/1/19  23:19

群馬高専アカハラ問題の情報不開示に係る異議申立てで内閣府審査会にその後の審査状況を聴取  群馬高専アカハラ問題

■群馬高専の某学科で、学科長がアカハラ行為を行い、一部の職員や同学科に所属する学生が被害を受けている現実があるのに、依然として学校側がきちんと実態解明を行わず、原因者に対する責任問題や再発防止策が明確にされないまま、うやむやにされている問題について、当会では事実関係の公表が迅速な責任の所在の明確化につながると考えて、同校に情報公開請求を行いました。しかし残念ながら、2015年7月13日付で不開示とされてしまいました。そこで、国立高等専門学校機構に対して同年8月31日付で不服申立をしたところ、その後、なんと2ヶ月も店晒しにされ、結局10月30日付で国立高等専門学校機構から上級庁である内閣府の情報公開・個人情報保護審査会に諮問が出されたことは、当会のブログでも報告している通りです。

続きを読む
0

2016/1/19  1:32

大同有害スラグ問題を斬る!…前橋渋川バイパス起点を緊急調査  スラグ不法投棄問題


■新春特別企画「八ッ場ダム周辺調査」シリーズ記事で皆様にお伝えした通り、川原湯駅北側の道路工事で上層路盤材に危険スラグが使われていた現場において、あろうことか、土で蓋をしてしまったという事実が判明いたしました。後述しますが、この記事を読んだ読者・会員の皆様方から、「これは国土交通省の不作為ではない。国土交通省のお役人様による隠蔽工作に他ならないのではないか?」という疑問の声を沢山お寄せいただきました。その記事を書こうとした矢先、またまた、とんでもない国土交通省の犯罪行為(?)ともとれる公共工事を目の当たりにしました。さっそく、リットン調査団に緊急調査を依頼しました。緊急調査現場はこちらです。↓


続きを読む
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ