2016/1/11  20:53

大同有害スラグ問題を斬る!・・・新春特別企画「八ッ場ダム周辺調査」(第3弾)  スラグ不法投棄問題

■2016年は、元旦の上毛新聞のスラグ報道で幕開けいたしましたが、当会でもシリーズで八ッ場ダムに不法投棄されたスラグ問題について、新春特別企画をお伝えしております。国土交通省は国会議員から調査を要求されたためか、群馬県や渋川市に先駆けて、特に上武国道関連でスラグが混入していると疑われる建設資材を分析調査しました。その結果、危険スラグの利活用に長けた池原工業が施工した前橋渋川バイパス・半田その4改良などにおいて、基準値を超過するフッ素が検出されました。しかし国土交通省はスラグの調査をするものの、肝心の危険スラグの撤去については、若干しただけで、殆どの危険スラグを未だに放置したままにしています。
 「不法投棄された産業廃棄物=危険スラグは撤去する」この基本原則を微力ながら主張し続ける当会は、今回、八ッ場ダム周辺調査として第3段を報告します。

続きを読む
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ