2016/1/31  10:25

危険スラグ問題を斬る!・・・出張なんでも調査団「花園インターチェンジ」の巻  スラグ不法投棄問題

■大同特殊鋼渋川工場から排出されていた危険スラグ問題は、群馬県だけにとどまりません。佐藤建設工業が大同スラグを扱い始めた平成19年以降、県外で施工していた下請け案件としては、隣接の新潟県魚沼市や埼玉県坂戸市があります。一方、隣接の埼玉県にある朝日工業のスラグが、群馬県東吾妻町の山林の林道工事で持ち込まれていたケースもあります。このように、本来は、比重が重く運送コストのかかるスラグを、県境を越えた遠距離移動は、通常はあまり考えられないのですが、廃棄コストを節約したがる排出元から補助金など逆有償が得られれば、越境移動が行われる場合も十分想定されます。
 そのような中、関越自動車道の花園インターチェンジ付近で、道路の異常が発見されたので、ぜひ現場検証をしてほしいという通報が寄せられました。そこでさっそく当会の誇る大同スラグ不法投棄調査チーム「リットン調査団」に特命派遣を要請しました。多忙を極めるリットン調査団ですが、前橋インターから南へ36キロ離れた埼玉県深谷市まで足を延ばすにはそれなりのインセンティブが必要です。さて、どうなったのでしょう。

続きを読む
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ