大同スラグ裁判・・・被告群馬県が続けて出して来た第5準備書面の支離滅裂  スラグ不法投棄問題

■群馬県吾妻農業事務所による東吾妻町萩生川西地区における圃場整備事業に伴う農道整備工事で、あろうことか有毒物質をふくむ大同スラグが敷砂利として不法投棄されたにも関わらず、それを撤去しないまま上に舗装で蓋をしてしまった問題で、来る7月8日(金)午前10時30分からの第5回口頭弁論が迫る中、被告群馬県農政部が6月21日付の第4準備書面等に続いて、6月23日付で第5準備書面を提出してきました。内容は次のとおりです。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
1




AutoPage最新お知らせ