2016/8/7  22:46

大同スラグ裁判・・・オンブズマンの調査嘱託申立に全てイチャモンをつけた無法者群馬県の真骨頂  スラグ不法投棄問題


■大同特殊鋼渋川工場から排出された有毒スラグが、あろうことか農業地帯の農道に不法投棄されたにもかかわらず、原因者に撤去を命じるどころか、血税を使って舗装でその上に蓋をするという暴挙を犯した群馬県行政ですが、反省の気持ちは微塵もないことが分かりました。オンブズマンの調査嘱託申立に対して、ことごとくイチャモンをつけて来たからです。このような群馬県の農業行政に未来はあるのでしょうか。さっそく、イチャモンの内容を見てみましょう。
クリックすると元のサイズで表示します
被告群馬県の訴訟代理人の弁護士事務所から送り付けて来た、原告からの調査嘱託の申立てに対する被告の意見書が同封された封筒。

続きを読む
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ