2017/1/8  23:48

無風状態の静かな天候のもと1月8日に行われた北野殿恒例のどんど焼き  国内外からのトピックス


■2017年の最初の連休となる1月8日(日)朝、恒例のどんど焼きが地元の安中市岩野谷地区北野殿公会堂の前の広場で開催されました。
クリックすると元のサイズで表示します
点火の準備が整った会場。

続きを読む
1

2017/1/8  22:39

上毛新聞の平成29年新年交歓会に参加した群馬県の政官業と安中市の関係者   国内外からのトピックス

■上毛新聞社主催の新年交歓会がことしも1月6日(金)12時半から、群馬県前橋市内のマーキュリーホテルで開かれました。行政、企業、文化、スポーツ関係から1000人余りの参加者の顔触れを見ると、群馬県の政官業の関係がよくわかります。なお、安中市行政からは、2014年4月13日に当選を果たした茂木英子市長のほか、県議会からは2015年4月12日当選の伊藤清県議、市議会からは2015年4月26日当選の議長の吉岡完治市議が参列しました。昨年、県議会議長として出席した岩井均県議は不参加だったようです。
クリックすると元のサイズで表示します
2017年1月7日付上毛新聞一面写真
dscf878pvvn.jpg

続きを読む
2

2017/1/8  0:38

東電の毒牙から赤城と県土を守れ!…昨年8月10日の前橋バイオマス発電所安全祈願祭に出席した行政関係者  前橋Biomass発電問題・東電福一事故・東日本大震災

■東電福島原発由来の放射能汚染被害を受けた群馬県であろうことか、東電の子会社の関電工が、汚染木材を燃焼させるための大規模な木質バイオマス発電施設を、一旦安中市松井田町で計画して頓挫したトーセンの補助金受入のための燃料チップ製造会社を利用して、赤城山南麓の電中研の敷地を取得して、現在、同所に建設中です。これに先立ち、2016年8月10日に関電工とトーセンが、安全祈願祭を執り行った際に、恥知らずにも群馬県と前橋市の行政関係者が出席し、祝辞を述べました。今回、誰がいくら祝儀を持参してどのような祝辞を行たったのか検証すべく、地元の住民団体である赤城山の環境と自然を守る会が、群馬県と前橋市に情報公開時請求をしていたところ、先月12月9日から15日にかけて次の内容の通知が発出されました。
続きを読む
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ