来年4月の安中市長選挙を巡る市内巷間情報・・・伊藤清県議が出馬意欲?  安中市長選挙

■おそらく我が国の公共団体としては史上最高額となる51億円余りの巨額詐欺横領事件が22年前に発覚し、現在、単独犯とされた安中市土地開発公社元職員兼安中市都市計画課元職員だった多胡邦夫およびその取り巻きの豪遊のツケを103年間のローンで群馬銀行に和解金として返済中の安中市ですが、現在の茂木英子市長の任期が平成30年4月22日に任期満了を迎えます。そうすると、来年4月8日(日)もしくは4月15日(日)に安中市長選の投開票が行われることが予想されます。約10か月後に迫ったこの時期、すでに岡田義弘前市長(78)が、チラシをもって、松井田地区は安中市街地区を戸別訪問していることが確認されています。こうした中、ビックリするような巷間情報が当会に寄せられました。なんと、2年前の県議選(安中市区)で当選したばかりの伊藤清議員が、出馬に意欲をもっているというのです。
クリックすると元のサイズで表示します
2017年5月13日発行の伊藤きよし県政報告「清風」第3号

続きを読む
3




AutoPage最新お知らせ