2017/7/9  23:47

館林市内に不法投棄のスラグ状物質…リットン調査団が物申す「群馬県環境森林部は残土条例を読んだのか!  スラグ不法投棄問題

■2017年7月3日昼過ぎに当会の館林市在住の支部長の会員から、緊急の電話が事務局にありました。報告によると、昨年秋に市内赤生田町の小川沿いの湿地帯にJFE千葉工場から搬出されたごみの溶融スラグが再び投棄されている、というものです。この報告を群馬県土砂条例からひも解いてみましょう。
〇群馬県土砂等による埋立て等の規制に関する条例の概要
http://www.pref.gunma.jp/04/e1600094.html
クリックすると元のサイズで表示します
サンパイ110番のPR用テッシュ。広宣活動よりも、もっと大切な本来の業務をきちんと果たしてもらいたいものだ。

続きを読む
1

2017/7/8  23:20

東電の毒牙から赤城山と県土を守れ!…前橋バイオマス発電事業の環境配慮計画書等に関する地元打合せに参加  東北関東大震災・東電福島原発事故

■現在、県道114号線を大前田方面から上がってくると、電中研の西側の敷地の送電鉄塔のわきに木質バイオマスの火力発電所の煙突が目に飛び込んできます。我らが群馬県の誇るシンボリックな赤城山の自然・景観を著しく損なう光景であり、しかも福島原発事故で群馬県の山間部に多大な放射能汚染をもたらした元凶の東電のグループ会社である関電工が事業主体であることに、群馬県民として大変怒りを覚えます。そのため、平成27年7月頃この計画を知った市民オンブズマン群馬は、この亡国事業計画に対して問題提起をしてまいりました。
クリックすると元のサイズで表示します
群馬県のシンボル赤城山の南麓に現れた醜悪な亡国事業の煙突。白いフレコンの列の左端の上に白い棒のように見える。


続きを読む
1

2017/7/7  22:42

東電の毒牙から赤城山と県土を守れ!…前橋バイオマス補助金訴訟で7月7日に原告が差止⇒返還に訴えの変更申立  東北関東大震災・東電福島原発事故


■前橋バイオマス発電を巡る住民訴訟で、6月15日の第2回弁論準備手続に基づき、原告らは7月7日に、請求の趣旨を当初の差止請求から返還請求に変更するための申立書を、前橋地裁と被告訴訟代理人の法律事務所に直接提出しました。

続きを読む
1

2017/7/6  23:11

アカハラと寮生死亡事件に揺れる群馬高専・・・7月7日第5回口頭弁論の前日に東京地裁が被告に事務連絡  群馬高専アカハラ問題

■深刻なアカハラ事件が起きた群馬高専がこの事件に対してどのような対応をとったのかについて、自ら説明責任を果たせるのかどうかを学校側に問うべく、当会はこれまで3年にわたり情報公開請求を通じて、群馬高専が開かれたキャンパスに生まれ変われることを祈念して活動を続けています。この一環で、明日2017年7月7日(金)午後2時30分から東京地裁で第5回目の口頭弁論が開かれますが、その前日7月6日(木)午後3時33分に、当会事務局あてに、東京地裁民事第3部B2係から次の連絡がファックスで送られてきました。内容は、被告が6月30日に地裁に提出したばかりの準備書面(3)について、東京地裁が被告の国立高等学校専門機構に対して、もっと詳細に見直すよう指示したものとなっています。早速見てみましょう。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
5

2017/7/4  0:47

館林市内の湿地に再び得体の知れないスラグ状物質が大量投棄!注目される県と館林市の対応内容とスピード感  スラグ不法投棄問題

■7月3日昼過ぎに当会の館林市在住の支部長の会員から、緊急の電話が事務局にありました。報告によると、昨年秋に市内赤生田町の小川沿いの湿地帯にJFE千葉工場から搬出されたごみの溶融スラグが再び投棄されている、というものです。早速、会員のかたには、現場写真の撮影と、当局への通報を依頼しました。昨年秋のJFEの溶融スラグの不法投棄事件については次のブログ記事を参照ください。
〇2016年10月25日:館林市内の湿地の埋め土にスラグ状の物質が大量投入?
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2153.html
〇2016年11月15日:館林市内の湿地の埋め土に使われた溶融スラグについて排出元のJFEグループがオンブズマンの質問に回答拒否
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2164.html
クリックすると元のサイズで表示します
得体の知れないスラグ状物質の投棄現場(館林市赤生田町)。当会会員撮影。

続きを読む
0

2017/7/3  23:51

安中市の0.5%を中国資本が占める安中メガソーラー計画…先週末の雨で泥水が水田に流入!耕作者らが市に直訴!  安中市内の大規模開発計画

■安中市岩野谷地区で進行中の関東地方で最大級のメガソーラー設置計画ですが、中国資本の影を引きずるタックスヘイブン会社のグレード・ディスカバリー・ホールディングス社から造成工事とパネル設置工事を請け負った東芝プラントシステムが、昨年10月16日の工事着手以降、勝手に工事を進めている実態は正にルール無視の中国を想起させます。先週末に久しぶりにまとまった雨が現地で降りましたが、梅雨時を控えて防災対策を取らない実態が明らかになりました。なぜなら、大した降雨でもなかったのに、丸裸にされた造成地から泥水が大谷地区と水境地区の農業用水路に流出し、水田に流入したからです。泥水の状況はこの記事の末尾を参照ください。
クリックすると元のサイズで表示します
工事現場の入口にある看板。7月2日(日)午前10時撮影。

続きを読む
0

2017/7/1  1:14

県立県民健康科学大学でまたもアカハラ事件?・・・学生2名減の事情等確認の公開請求に学校が開示を先送り  オンブズマン活動

■2年4カ月前、セクハラ事件が明るみにでた群馬県立健康科学大学の診療放射線学部ですが、このときは2015年3月27日付で原因者の准教授が停職3カ月の懲戒処分を受けました。その後、成夫ひそめていたと思われていた同校診療放射線学科におけるアカハラ問題ですが、昨年2名の学生がいなくなったこと、そして同学科の幹部による教職員や学生に対するアカハラ行為について、情報を掴んだ当会は、さっそく6月8日に同校のトップである高田邦昭・学長宛に情報開示請求をしました。
○2017年6月8日:県立県民健康科学大学でまたもアカハラ事件?・・・学生2名減の事情等を確認すべく学校に情報公開請求
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2338.html
 ところが、このほど、同校事務局から群馬県知事名で決定期間延長通知書が郵送されてきました。
クリックすると元のサイズで表示します
※決定期間延長通知書PDF ⇒ 20170630m.pdf

続きを読む
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ