2017/7/3  23:51

安中市の0.5%を中国資本が占める安中メガソーラー計画…先週末の雨で泥水が水田に流入!耕作者らが市に直訴!  安中市内の大規模開発計画

■安中市岩野谷地区で進行中の関東地方で最大級のメガソーラー設置計画ですが、中国資本の影を引きずるタックスヘイブン会社のグレード・ディスカバリー・ホールディングス社から造成工事とパネル設置工事を請け負った東芝プラントシステムが、昨年10月16日の工事着手以降、勝手に工事を進めている実態は正にルール無視の中国を想起させます。先週末に久しぶりにまとまった雨が現地で降りましたが、梅雨時を控えて防災対策を取らない実態が明らかになりました。なぜなら、大した降雨でもなかったのに、丸裸にされた造成地から泥水が大谷地区と水境地区の農業用水路に流出し、水田に流入したからです。泥水の状況はこの記事の末尾を参照ください。
クリックすると元のサイズで表示します
工事現場の入口にある看板。7月2日(日)午前10時撮影。

続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ