2017/7/6  23:11

アカハラと寮生死亡事件に揺れる群馬高専・・・7月7日第5回口頭弁論の前日に東京地裁が被告に事務連絡  群馬高専アカハラ問題

■深刻なアカハラ事件が起きた群馬高専がこの事件に対してどのような対応をとったのかについて、自ら説明責任を果たせるのかどうかを学校側に問うべく、当会はこれまで3年にわたり情報公開請求を通じて、群馬高専が開かれたキャンパスに生まれ変われることを祈念して活動を続けています。この一環で、明日2017年7月7日(金)午後2時30分から東京地裁で第5回目の口頭弁論が開かれますが、その前日7月6日(木)午後3時33分に、当会事務局あてに、東京地裁民事第3部B2係から次の連絡がファックスで送られてきました。内容は、被告が6月30日に地裁に提出したばかりの準備書面(3)について、東京地裁が被告の国立高等学校専門機構に対して、もっと詳細に見直すよう指示したものとなっています。早速見てみましょう。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ