2017/7/14  23:17

アカハラと寮生死亡事件に揺れる群馬高専・・・7月7日第5回口頭弁論の模様  群馬高専アカハラ問題

■群馬高専の電子情報工学科を舞台に発生した陰湿極まるアカデミックハラスメント(アカハラ)事件。この忌まわしい事件に関連する情報公開請求に対して、群馬高専側が存否応答拒否を含む完全不開示決定をしたため、当会は異議申立てを経て1年ほどかかってようやく群馬高専側の存否応答拒否を引っ込めさせました。そこで再度、群馬高専側にアカハラに関する情報開示請求をしたのですが、またもや全面不開示処分とされてしまいました。当会は現在、群馬高専の上級機関である国立高等専門学校機構を被告として、不開示処分取消請求のための行政訴訟を行っています。その第5回口頭弁論が、2017年7月7日(金)14時25分から東京地裁5階の522号法廷で開かれました。
クリックすると元のサイズで表示します
7月7日の東京地裁。昼下がりの暑い日差しが照り付ける。

続きを読む
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ