2017/7/18  23:24

来庁する一般県民を盗聴・盗撮する群馬県がよこした情報不存在通知に対して再度開示請求提出  県内の税金無駄使い実態


■介護サービスを巡るケアプラン偽造疑惑で高崎市による若宮苑への不正給付事件を追及している当会会員とともに当会副代表らが2017年5月29日(月)15時に県庁14階にある介護高齢課を訪問して相談しようとした際に、隣のブースで群馬県職員らが無断で相談内容を盗聴していた件が発覚したのを契機に、当会は、群馬県庁を訪れた一般県民に対する行政対応の実態を明らかにすべく、調査を継続しています。その一環として、当会では2017年6月29日付けで次の内容の公文書開示請求書を群馬県知事に提出しましたが、7月11日までに学事法制課、介護高齢課、管財課から公文書不存在決定通知が到来しました。理由は「盗聴・盗撮はしていない」というのです。そのため、当会では7月例会で会員諸兄にこの件について諮ったところ、次の内容で再度公文書開示請求をすることに決定し、7月18日付で群馬県知事に提出しました。

続きを読む
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ