2017/7/24  23:09

若宮苑不正給付事件…一向に打開策を示さぬ高崎市・県の対応を当会会員が社会保障審議会へ公開書簡で報告  高崎市の行政問題

■高齢化社会を迎えて介護保険制度の重要性はますます認識されてきています。ところが、偽造されたケアプランを提出しても行政が税金から介護報酬を支払われるとしたら、介護保険制度の信頼性は根幹から瓦解してしますでしょう。当会会員は実際に自らの親族の介護を通じでそうした事実に直面しました。そのため、何とかこの事実を行政に認めてもらい、介護保険制度の健全な維持管理を確かなものにするために、現在前橋地裁で高崎市と若宮苑を相手取って民事訴訟を係争中です。
クリックすると元のサイズで表示します
20170725njql.jpg
本事件で被害に遭ったご高齢者からの、ケアプランを正しく作成してほしいと願うメッセージ。

続きを読む
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ