2017/7/26  23:52

一般県民の相談者を専門に盗聴・盗撮する群馬県庁の実態のビデオ録画映像で分析継続  県内の税金無駄使い実態


■5月29日(月)15時に当会の大河原宗平・副代表のもと、総勢4名の会員で、県庁14階にある介護高齢課を訪問した際、介護高齢課の職員らと協議中に、隣の部屋(ブース)で、マイクを胸に仕込んだ県職員らが、こっそりと盗聴していることが発覚しました。その際に当会副代表が録画した映像を見ていたかたから、次の情報がありました。「映像の11分23秒から11分25秒のところを一時停止してみてください。別のマスク職員が覗き見や盗み聞きをしている様子が確認できます」というものです。さっそく、皆さんも確認してみてください。
○2017年5月29日撮影。当会副代表ら会員4名が群馬県庁健康福祉部介護高齢課を訪問し打合せをしようとした際に、隣の会議ブースで学事法制課行政対象暴力対策係の職員ら3名が盗聴していた様子を収めた映像です。
https://youtu.be/CqIbgp2Z5-g
続きを読む
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ