2017/10/9  1:14

大同有毒スラグを斬る!…国交省がスラグ汚染土壌撤去を大同特殊鋼に要請!なんで大同任せなの?(その2)  スラグ不法投棄問題

■今回のサブタイトルは「スラグ撤去に群がる建設会社」です。
 八ッ場ダムの建設に伴い、苦渋の決断により移転を余儀なくされた住民の方々の移転代替地に、容赦なく有毒スラグが(株)佐藤建設工業により投棄されています。八ッ場地区の移転住民の神聖な土地を踏み台にして、スラグの不法投棄により巨万の富を手にしたのです。そしてスラグ利活用に長けた建設会社により、再びスラグマネーが動いています。有害スラグやスラグに汚染された土壌撤去については、群馬県が撤去を進めるのではなく、大同特殊鋼様におまかせにして、大同特殊鋼様の息のかかった業者により、お手盛り工事が進められているのが実情のようです。
クリックすると元のサイズで表示します
当会に寄せられた数々の告発情報の中で、何度も名前が挙がった建設会社が、なんと八ッ場ダム関連のスラグ不法投棄現場の土壌撤去作業に、満を持して登場です。この会社の施工現場は、舗装で覆われていてスラグが発見できなかったため、これまでブログでとりあげてきませんでした。

続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ