2017/11/30  23:55

大同スラグ訴訟…12月1日開催予定の第13回口頭弁論に向け、原告オンブズマンが甲74号証を提出!  スラグ不法投棄問題


■群馬県中に不法投棄された有害スラグ問題ですが、廃棄物の監督官庁である群馬県環境森林部・廃棄物リサイクル課がスラグを撤去させたのは、スラグを無許可で仮置きし、天然石と混ぜ、再生砕石と偽装していた大同・佐藤のブラック連合の直営アジトだった「中央橋混合場」についてのみとなっています。ここから撤去されたスラグの行く先について、大同特殊鋼が群馬県に対して「産業廃棄物管理票交付等状況報告書(平成26年度分)」として報告していたことが、先日、住民による公文書開示請求の結果、開示されていたことが分かり、当会にその情報提供があったため、この事実を12月1日(金)午前10時から前橋地裁で開催予定の大同スラグ訴訟の第13回口頭弁論で証拠とすべく、11月30日に乙74号証として前橋地裁と被告群馬県訴訟代理人弁護士事務所にそれぞれ直接届けました。内容は次のとおりです。

続きを読む
0

2017/11/30  22:00

東電の毒牙から赤城と県土を守れ!…赤城山南麓に漂うバイオマス発電の白煙と控訴状不備を指摘してきた裁判所  東北関東大震災・東電福島原発事故

■関電工による、放射能汚染木材を大量に集荷し、チップにしてから、機械的に油圧プレスで脱水し、ボイラーに投入して燃焼させ、発生した高温高圧の蒸気でタービンを回すことで、発電機を駆動させて電気を起こし東電に販売するという亡国事業=バイオマス発電施設設置計画は、地元住民や県民の不安や懸念をよそに工事がどんどん進んでしまっています。そのため、当会ではこの計画に関連して2件の行政訴訟を提起していますが、そのうちの一つである環境アセス免除根拠情報の不存在取消訴訟では、一方的に被告群馬県側の主張を取り入れて、前橋地裁の塩田裁判長は11月8日に原告オンブズマン敗訴の判決を下してしまいました。そこで、当会では11月21日に控訴すべく控訴状を前橋地裁にしていたところ、この度、11月30日付で補正の為の指示がFAXで送られてきました。
クリックすると元のサイズで表示します
関電工らによる亡国事業=前橋バイオマス発電所から立ち上る白煙(2017 年11月30日12時住民撮影)

続きを読む
2

2017/11/29  23:11

アカハラと寮生死亡事件に揺れる群馬高専…「校報」人事情報不開示の審査請求で高専機構が当会宛に諮問通知  群馬高専アカハラ問題

■群馬高専の学校運営に関する情報を取りまとめた報告書である群馬高専「校報」は、年1回(2016年度以前は年2回)発行されており、その中には教職員の異動や退職等に関する人事情報を取りまとめたセクションがあり、群馬高専のホームページ上でも2016年夏までは公開されていました。
 ところが2016年10月以降、全面非公開とされてしまい、さらに西尾前校長退任直前の2017年3月に当会が群馬高専を訪問して文書の閲覧を求めたところ、「校報」は訪問して直接閲覧することさえ不可能になってしまっていることが明らかとなりました。
 こうした状況がそれ以降、西尾前校長から山崎現校長に交替してからも継続していることに失望した当会は、非公開処分に正当な理由が無い事を公的に証明するため、2017年8月14日に高専機構に対して情報公開請求書を提出したところ、9月20日付で通知されてきた回答は、「校報127号の人事情報(2015年度)は開示するものの、129号の人事情報(2016年度)は全面不開示とする」というものでした。
 そのため当会では、10月11日に高専機構に対して審査請求書を提出しました。
 そして、11月21日付で総務省情報公開・個人情報保護審査会事務局から、諮問庁の高専機構(実質は群馬高専)が提出した理由説明書とともに、意見書又は資料提出の通知が当会事務局に届いたため、11月24日に急きょ意見書をまとめて、11月24日午後5時ごろ、ファクシミリで直接審査会事務局あてに送信しました。
 そしてこの度、11月24日付で国立高専機構から11月13日付で審査会に諮問したことを示す通知書が届きました。
クリックすると元のサイズで表示します
国立高等専門学校機構から届いた情報公開・個人情報保護審査会への諮問通知書の封筒。すでに11月13日に諮問していたもの。いつも当事者である機構の諮問通知より、審査会事務局を経由してくるはずの理由説明書の方が早く届く。なぜか機構=群馬高専は万事に渡ってルールの許す限り最大限までアクションを引き伸ばそうとする体質がある。

続きを読む
2

2017/11/28  23:35

東電の毒牙から赤城山と県土を守れ!…バイオマス補助金返還履行請求訴訟であらためて原告準備書面(4)を提出  東北関東大震災・東電福島原発事故

■群馬県民の誇りでもあり群馬県を象徴する赤城山の南面にあろうことか県内山間部に放射能をまき散らした張本人である東電の子会社の関電工が、放射能再汚染の脅威となる汚染木材の橋脚処理施設をバイオマス発電の美名のもとに、地元住民をはじめ県民の声を無視して強引に推し進めて、群馬県行政もそれに加担するという官業癒着の亡国事業は、既にタービンやボイラーの試運転中で、実質的にほぼ完成状態にあるとみられます。

続きを読む
1

2017/11/27  23:29

高崎市公平委員長で同市斎場指定管理者相談役の弁護士懲戒請求でプリエッセ陳述書への反論書提出  高崎市の行政問題

■先日2017年9月6日、当会に寄せられた情報に基づき調査した結果、「高崎市斎場(高崎市寺尾町1084番地57)の指定管理者に選定されている株式会社プリエッセのホームページに当初、同社取締役として長井友之弁護士の名前が掲載されており、その後、9月13日に突然、取締役から相談役に書き換えられたことが確認されました。このため、高崎市の公平委員が同市の指定管理者の法人の要職についていることは同市や弁護士会のコンプライアンスに照らして問題があるのではないかという市民の声を踏まえて、当会では念のため、事実関係を確認する必要があると考え、同弁護士が所属する群馬弁護士会に懲戒請求書を9月27日に提出しています。このほど、11月15日付で当会事務局に群馬弁護士会綱紀委員会から乙第1号証が送られてきたため、本日11月27日に反論書を提出しました。この懲戒請求に係るこれまでの経緯は次のブログをご覧ください。
○2017年9月29日:高崎市公平委員会委員長で同市斎場指定管理者相談役を兼務する弁護士を群馬弁護士会に懲戒請求
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2424.html#readmore
○2017年10月26日:高崎市公平委員会委員長で同市斎場指定管理者相談役を兼務する弁護士が群馬弁護士会に懲戒請求弁明書
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2450.html#readmore
○2017年11月9日:高崎市公平委員会委員長で同市斎場指定管理者相談役の弁護士の弁明書への反論を群馬弁護士会に提出
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2457.html#readmore
〇2017年11月18日:高崎市公平委員長で同市斎場指定管理者相談役の弁護士懲戒請求でプリエッセが陳述書を群馬弁護士会に提出
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2468.html

続きを読む
2

2017/11/26  1:31

若宮苑不正給付事件…住民監査の結果、棄却・却下通知を出した県監査委員の背景にある告発義務意識の欠如  高崎市の行政問題


■高崎市の若宮苑を巡る補助金の不正給付を巡り、当会会員が高崎市を相手取って係争中ですが、本来はこうした介護保険制度の根幹を揺るがす事件が起きた場合、行政が率先して是正措置をとらなければなりません。ところが被告高崎市はなんと若宮苑を補助参加させて、不正行為を是正するどころか隠蔽しようと法廷で、公金を使って訴訟代理人の弁護士を起用して、抵抗を続けています。そのため、当会会員は、介護保険制度の元締めであり、補助金の一部も支給している群馬県に対して、不正給付を通報し是正措置を相談しましたが一向に埒があきません。そこで、2017年9月19日に群馬県監査委員あてに群馬県職員措置請求書(住民監査請求書)を提出したところ、この度、11月21日付で住民からの監査請求を棄却・却下するとする監査結果通知が送られてきました。
クリックすると元のサイズで表示します
続きを読む
2

2017/11/25  23:25

大同有毒スラグ問題を斬る!・・・スラグ徘徊調査「渋川市は山林もスラグだらけだった」その1  スラグ不法投棄問題

■群馬県中に不法投棄された有害スラグ問題ですが、廃棄物の監督官庁である群馬県環境森林部・廃棄物リサイクル課がスラグを撤去させたのは、スラグを無許可で仮置きし、天然石と混ぜ、再生砕石と偽装していた大同・佐藤のブラック連合の直営アジトだった「中央橋混合場」についてのみとなっています。
 その他の場所の有害スラグは、このスラグを使用してきた国・県・渋川市などの工事実施主体で構成される「鉄鋼スラグ連絡会議」と呼ばれる何の権限も法的に付与されていない組織に処理が任されました。そしてこの怪しげな組織は、スラグを撤去せず「アスファルトで蓋をすればよい」とする方針を打ち出し、廃棄物処理法に反する施策を行っています。
 殊に大同特殊鋼や佐藤建設工業が所在する渋川市などは、彼らに忖度するあまり、アスファルトで蓋をすることすら実施したがらないのが実情のようで、要するに“何もしない”のも同然の方針が実施されています。その結果、有害スラグから発生する砂ぼこりや雨水による地下水汚染が野放し放題となっているのが実態なのです。
クリックすると元のサイズで表示します
今回のスラグレポートは、渋川市が立てた不法投棄禁止の看板の真下に、堂々と大同特殊鋼由来の猛毒スラグが不法投棄されているというお話です。

続きを読む
0

2017/11/25  1:45

アカハラと寮生死亡事件に揺れる群馬高専…「校報」人事情報不開示の審査請求で総務省審査会へ意見書送付  群馬高専アカハラ問題

■2017年11月21日付で総務省情報公開・個人情報保護審査会事務局から、諮問庁の高専機構(実質は群馬高専)が提出した理由説明書とともに、意見書又は資料提出の通知が当会事務局に届きました。それによれば、意見書等の提出の場合は、提出期限が12月12日(火)とされています。そのため急きょ意見書をまとめて、11月24日午後5時ごろ、ファクシミリで直接審査会事務局あてに送信しました。
クリックすると元のサイズで表示します
11月23日(祝)午前10:05〜10:59にかけてNHK総合テレビで放送された高専ロボコン全国各地区大会のうち関東地区大会で雄姿を披露した群馬高専A・Bチーム。残念ながら地区大会優勝は逃したが、準決勝まで進んだ群馬高専Bチームが地区大会推薦で全国大会出場が決定!
※参考URL:https://www.nhk.or.jp/robocon/kosen/kantokoshinetsu.html
 関連情報は末尾参照。


続きを読む
2

2017/11/24  23:15

【速報】アカハラと寮生死亡事件に揺れる群馬高専…アカハラ情報不開示訴訟で東京地裁が原告一部勝訴判決!  群馬高専アカハラ問題

「主文1 被告が平成28年4月27日付で原告に対してした法人文書不開示決定のうち、別紙記載の各部分を不開示とした部分を取り消す。」
 本日2017年11月24日(金)午後1時25分に、東京地裁第522号法廷で判決言渡しがあり、裁判長の声が法廷に響きました。2016年10月26日に東京地裁に情報不開示決定処分の取り消しを求める訴状を提出してからちょうど1年と1ヵ月が経過しようとしていました。
クリックすると元のサイズで表示します
とうとうこの日を迎えた東京地裁。

続きを読む
8

2017/11/24  22:49

アカハラと寮生死亡事件に揺れる群馬高専…群馬高専が開示した真っ黒けの弁護士費用支払決議書  群馬高専アカハラ問題

■本日2017年11月24日(金)午後1時25分から、群馬高専において西尾・前校長当時、電子情報工学科を舞台に起きた陰湿なアカハラ事件に関する情報不開示取消訴訟の判決言渡しが東京地裁522法廷で行われることになっています。
 これに先立ち、当会では、この裁判で群馬高専が、今年4月以降、山崎新校長体制に移行してからも、引き続き起用している東京銀座の法律事務所に所属する弁護士を起用して裁判を継続しているため、一体いくら手数料を弁護士に支払っているのかを確認すべく、2017年10月11日に、国立高専機構に対して、法人文書開示請求書を提出したところ、11月16日に2枚のみの部分開示決定通知が届きました。しかし、その他の請求情報は全て不開示とされてしまいました。
 本日11月24日(金)午前10時に、その2枚の開示資料を受領しに、当会の代表と事務局長で久しぶりに群馬高専を訪れました。
クリックすると元のサイズで表示します
群馬高専の正門から学校内の管理棟に伸びてくるプロムナードのイチョウ並木。すっかり色づいている。


続きを読む
2

2017/11/24  0:31

アカハラと寮生死亡事件に揺れる群馬高専…「校報」人事情報不開示の審査請求で群馬高専から理由説明書  群馬高専アカハラ問題

■群馬高専の学校運営に関する情報を取りまとめた報告書である群馬高専「校報」は、年1回(2016年度以前は年2回)発行されており、その中には教職員の異動や退職等に関する人事情報を取りまとめたセクションがあり、群馬高専のホームページ上でも2016年夏までは公開されていました。
 ところが2016年10月以降、全面非公開とされてしまい、さらに西尾前校長退任直前の2017年3月に当会が群馬高専を訪問して文書の閲覧を求めたところ、「校報」は訪問して直接閲覧することさえ不可能になってしまっていることが明らかとなりました。
 こうした状況がそれ以降、西尾前校長から山崎現校長に交替してからも継続していることに失望した当会は、非公開処分に正当な理由が無い事を公的に証明するため、2017年8月14日に高専機構に対して情報公開請求書を提出したところ、9月20日付で通知されてきた回答は、「校報127号の人事情報(2015年度)は開示するものの、129号の人事情報(2016年度)は全面不開示とする」というものでした。
 そのため当会では、10月11日に高専機構に対して審査請求書を提出しました。
 そして、11月21日付で総務省情報公開・個人情報保護審査会事務局から、諮問庁の高専機構(実質は群馬高専)が提出した理由説明書とともに、意見書又は資料提出の通知が当会事務局に届きました。
クリックすると元のサイズで表示します
総務省情報公開・個人情報保護審査会から届いた理由説明書と意見書提出通知が同封された簡易書留の封筒。

続きを読む
2

2017/11/23  23:09

公立碓氷病院で不正行為?・・・その後の状況推移と開示資料の分析結果  茂木市政

■安中市原市の公立碓氷病院で職員が診療報酬の請求文書に虚偽記載した疑いと、同じく有給休暇の不正取得の疑いで、現在も調査が進められているようですが、その後安中市からは全く発表が有りません。これまでのところ、当会では独自の調査で碓氷病院における不正行為の実態があることを認識していますが、実際に事実関係を把握するには、やはり病院側の資料のチェックが不可欠です。そのため、2017年8月4日付で安中市長と公立碓氷病院長あてに次の2件の行政文書開示請求書を提出しました。その後、現在に至るまでの経緯を報告します。なお、この事件の概要については次のブログを参照ください。
○2017年7月31日:安中市の公立碓氷病院で不正行為?・・・有給休暇の不正取得や診療報酬の不正受給に疑念
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2370.html#readmore
○2017年8月7日:公立碓氷病院で不正行為?・・・実際の損害額の有無と規模を確認すべく安中市長に情報開示請求書を提出
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2378.html#readmore
○2017年8月9日:公立碓氷病院で不正行為?・・・当会が安中市長に提出した要請書で安中市が碓氷病院の調査開始を発表
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2380.html#readmore
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
1

2017/11/22  23:39

公立学校の制服の価格統制問題・・・高崎経済大学付属高校の場合、現状は如何に?  高崎市の行政問題

■学校を巡る利権構造の例として教科書の謝礼問題や修学旅行取扱いカルテル問題に加え、以前より学校制服の不透明な販売問題が取りざたされてきました。この件で、当会においても、これまでにこの問題に関する相談が寄せられたことがあります。こうした中、2017年11月22日に学校制服と競争についての記事が報じられました。
クリックすると元のサイズで表示します
高崎経済大学附属高校教室棟。同校HPより。

続きを読む
0

2017/11/22  19:42

【緊急速報】東電の毒牙から赤城と県土を守れ!・・・バイオマス発電施設から大量の白煙!関電工の暴挙!  東北関東大震災・東電福島原発事故

■関電工による放射能汚染木材を大量に集荷し、チップにしてから、機械的に油圧プレスで脱水し、ボイラーに投入して燃焼させ、発生した高温高圧の蒸気でタービンを回すことで、発電機を駆動させて電気を起こし販売するというバイオマス発電施設設置計画は、地元住民や県民の不安や懸念をよそに工事がどんどん進んでしまい、年内に試運転という話も聞こえてきます。そのような最中、本日11月22日“いい夫婦の日”に赤城山南麓の宮城支所から赤城ビュータウンに向かって夫婦で車を走らせていた住民から、悲鳴にも近い緊急通報が飛び込んできました。
 「赤城山の麓から、黙々と煙が・・・!」
クリックすると元のサイズで表示します
2017年11月10日の夕方、前橋バイオマス発電施設の煙突の西側から立ち上る白煙。11月はタービン発電機の確認テストを始めたらしく、テスト稼働用の蒸気なのだろうか。11月に入り、既に何度かこうした白煙が目撃されている。しかし、本日11月22日の白煙は煙突から立ち上ったものらしく、煙の量も比較にならないとのこと。いよいよ燃焼設備であるボイラーの試運転を開始したのだろうか。

続きを読む
1

2017/11/21  23:24

被害者何万人も出してやっと逮捕されたてるみくらぶ社長の裏で息を潜める日本旅行業協会の無責任  はらぼじ観光被疑事件


■2017年3月27日に倒産したてるみくらぶの事件は詐欺行為ではないかとマスコミや業界筋でも騒がれましたが、7カ月余り経った11月8日に詐欺の容疑で逮捕されました。本来、旅行業法ではこうした事態が起きて、利用者が損失を被らないように、わざわざ旅行業協会という官製主導組織が旅行業法によって設立されています。しかしその実態は官僚の天下り先の受け皿になり下がっています。今回、損害の僅か1パーセントしか救済されないのは、旅行業法そのものを運用する権限を持つ旅行業協会に問題があるのです。旅行業界の発展は、もはや旅行業法のような現実離れをしたルールでは却って弊害があることを、図らずも今回のてるみくらぶ破産事件が証明しました。この事件については当会の次のブログをご覧ください。
○2017年4月6日:長年顧客に喜ばれた「はらぼじ観光」が証明した「てるみくらぶ」破産で何万人を大損させた旅行業法の無意味
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2284.html#readmore
○2017年5月1日:被害者ゼロのはらぼじ観光を訴え百億円詐欺のてるみくらぶを訴えない旅行業協会の実態を消費者庁に直訴
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2306.html#readmore
○2017年5月18日:被害者ゼロのはらぼじ観光を訴え百億円詐欺のてるみくらぶを訴えない旅行業協会の実態を公取委に直訴
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2312.html#readmore
続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ