2017/11/4  23:46

記者クラブと県幹部の懇談会への参加職員らに社会参加費返還を求める住民訴訟第3回口頭弁論  県内の税金無駄使い実態


■かつて「官官接待」や「カラ出張」が日常茶飯だった群馬県ですが、現在も水面下で行われているのかどうか、情報秘匿体質の群馬県の実態は県民の誰にも分りません。そうした中、年中行事になっている記者クラブと県幹部による懇談会に県の幹部でもないヒラ職員らが「社会参加費」という、これまた得体の知れない税金支出費目を編み出した群馬県ならではの血税浪費で参加していることが判明しました。この住民訴訟の第3回口頭弁論が、2017年11月1日(水)午前10時30分から前橋地裁で開かれました。
クリックすると元のサイズで表示します
前橋地裁と庭木。

続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ