2017/11/8  23:31

東電の毒牙から赤城と県土を守れ!…環境アセス不要根拠文書不存在訴訟で地裁が原告敗訴の問答無用判決  東北関東大震災・東電福島原発事故

■関電工による放射能汚染木材を大量に集荷し、チップにしてから、機械的に油圧プレスで脱水し、ボイラーに投入して燃焼させ、発生した高温高圧の蒸気でタービンを回すことで、発電機を駆動させて電気を起こし販売するというバイオマス発電施設設置計画は、地元住民や県民の不安や懸念をよそに工事がどんどん進んでしまい、年内に試運転という話も聞こえてきます。このため、当会では地元住民団体を支援すべく、現在、群馬県知事を相手取り次の2件の住民訴訟を係争中です。
(1)平成28年(行ウ)第24号公文書不存在決定処分取消請求事件
(2)平成28年(行ウ)第27号住民訴訟によるバイオマス補助金支払い差止請求事件
 このうち(1)の第24号事件の最終弁論となる判決言渡が、2017年11月8日(水)13:10から前橋地裁第21号法廷で行われました。
クリックすると元のサイズで表示します
前橋バイオマス発電の環境アセスを不要とした根拠文書の情報不存在取消請求事件の判決言渡し弁論が11月8日に行われた前橋地裁。

続きを読む
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ