2017/11/29  23:11

アカハラと寮生死亡事件に揺れる群馬高専…「校報」人事情報不開示の審査請求で高専機構が当会宛に諮問通知  群馬高専アカハラ問題

■群馬高専の学校運営に関する情報を取りまとめた報告書である群馬高専「校報」は、年1回(2016年度以前は年2回)発行されており、その中には教職員の異動や退職等に関する人事情報を取りまとめたセクションがあり、群馬高専のホームページ上でも2016年夏までは公開されていました。
 ところが2016年10月以降、全面非公開とされてしまい、さらに西尾前校長退任直前の2017年3月に当会が群馬高専を訪問して文書の閲覧を求めたところ、「校報」は訪問して直接閲覧することさえ不可能になってしまっていることが明らかとなりました。
 こうした状況がそれ以降、西尾前校長から山崎現校長に交替してからも継続していることに失望した当会は、非公開処分に正当な理由が無い事を公的に証明するため、2017年8月14日に高専機構に対して情報公開請求書を提出したところ、9月20日付で通知されてきた回答は、「校報127号の人事情報(2015年度)は開示するものの、129号の人事情報(2016年度)は全面不開示とする」というものでした。
 そのため当会では、10月11日に高専機構に対して審査請求書を提出しました。
 そして、11月21日付で総務省情報公開・個人情報保護審査会事務局から、諮問庁の高専機構(実質は群馬高専)が提出した理由説明書とともに、意見書又は資料提出の通知が当会事務局に届いたため、11月24日に急きょ意見書をまとめて、11月24日午後5時ごろ、ファクシミリで直接審査会事務局あてに送信しました。
 そしてこの度、11月24日付で国立高専機構から11月13日付で審査会に諮問したことを示す通知書が届きました。
クリックすると元のサイズで表示します
国立高等専門学校機構から届いた情報公開・個人情報保護審査会への諮問通知書の封筒。すでに11月13日に諮問していたもの。いつも当事者である機構の諮問通知より、審査会事務局を経由してくるはずの理由説明書の方が早く届く。なぜか機構=群馬高専は万事に渡ってルールの許す限り最大限までアクションを引き伸ばそうとする体質がある。

続きを読む
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ