2017/11/30  23:55

大同スラグ訴訟…12月1日開催予定の第13回口頭弁論に向け、原告オンブズマンが甲74号証を提出!  スラグ不法投棄問題


■群馬県中に不法投棄された有害スラグ問題ですが、廃棄物の監督官庁である群馬県環境森林部・廃棄物リサイクル課がスラグを撤去させたのは、スラグを無許可で仮置きし、天然石と混ぜ、再生砕石と偽装していた大同・佐藤のブラック連合の直営アジトだった「中央橋混合場」についてのみとなっています。ここから撤去されたスラグの行く先について、大同特殊鋼が群馬県に対して「産業廃棄物管理票交付等状況報告書(平成26年度分)」として報告していたことが、先日、住民による公文書開示請求の結果、開示されていたことが分かり、当会にその情報提供があったため、この事実を12月1日(金)午前10時から前橋地裁で開催予定の大同スラグ訴訟の第13回口頭弁論で証拠とすべく、11月30日に乙74号証として前橋地裁と被告群馬県訴訟代理人弁護士事務所にそれぞれ直接届けました。内容は次のとおりです。

続きを読む
0

2017/11/30  22:00

東電の毒牙から赤城と県土を守れ!…赤城山南麓に漂うバイオマス発電の白煙と控訴状不備を指摘してきた裁判所  前橋Biomass発電問題・東電福一事故・東日本大震災

■関電工による、放射能汚染木材を大量に集荷し、チップにしてから、機械的に油圧プレスで脱水し、ボイラーに投入して燃焼させ、発生した高温高圧の蒸気でタービンを回すことで、発電機を駆動させて電気を起こし東電に販売するという亡国事業=バイオマス発電施設設置計画は、地元住民や県民の不安や懸念をよそに工事がどんどん進んでしまっています。そのため、当会ではこの計画に関連して2件の行政訴訟を提起していますが、そのうちの一つである環境アセス免除根拠情報の不存在取消訴訟では、一方的に被告群馬県側の主張を取り入れて、前橋地裁の塩田裁判長は11月8日に原告オンブズマン敗訴の判決を下してしまいました。そこで、当会では11月21日に控訴すべく控訴状を前橋地裁にしていたところ、この度、11月30日付で補正の為の指示がFAXで送られてきました。
クリックすると元のサイズで表示します
関電工らによる亡国事業=前橋バイオマス発電所から立ち上る白煙(2017 年11月30日12時住民撮影)

続きを読む
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ