2017/12/7  23:56

東電の毒牙から赤城山と県土を守れ!…松井田⇒前橋バイオマスへの看板替で分かった県とトーセンの官業癒着体質  前橋Biomass発電問題・東電福一事故・東日本大震災

■群馬県行政の税金無駄遣い事例には枚挙にいとまが有りませんが、なかでも林業行政の杜撰な体質は目を覆うばかりの酷さです。前橋バイオマス発電計画に対する群馬県による事業者の関電工に対する「忖度」ぶりはその典型と言えます。トーセンが進めていた安中市の松井田バイオマス発電計画がボツになったあと、関電工がシャシャり出てきて、松井田バイオマスの看板を架け替えた経緯や、群馬県に環境アセスを不問にさせたタイミングと言い、補正予算で補助金を倍増した時期といい、官と業とがナアナアで癒着して本計画を進めている様子に今回注目してみましょう。松井田バイオマス計画の概要については、次のブログを参照ください。
○2016年4月25日:東電の毒牙から赤城山と県土を守れ!・・・前橋バイオマス発電所に係る疑問点を群馬県に情報開示請求
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/1972.html#readmore
クリックすると元のサイズで表示します
トーセンが川重商事を介して川崎油工と共同開発したとされる「燃料用木質チップ圧縮脱水装置」。放射性廃棄物の前処理・圧縮減容処理専用のプレス機SP シリーズをベースに改造したものだが、トーセンに支払われた補助金額を見ると、なんと3億7800万円! 何の変哲もない能力2000トンのプレス機械で、せいぜい2000万円程度のシロモノなのにその19倍のカネが支払われている!

続きを読む
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ