2017/12/19  23:09

東電の毒牙から赤城と県土を守れ!…環境アセス免除根拠不存在訴訟の控訴審が2月5日に決定!  東北関東大震災・東電福島原発事故

■関電工による放射能汚染木材を大量に集荷し、チップにしてから、機械的に油圧プレスで脱水し、ボイラーに投入して燃焼させ、発生した高温高圧の蒸気でタービンを回すことで、発電機を駆動させて電気を起こし東電に販売するという亡国事業=バイオマス発電施設設置計画で、事業者である関電工が群馬県環境アセスメント条例の適用を受けずに間もなく運転開始が為されようとしています。
 当会では、なぜこのようなことが出来るのか、その理由を確かめようと、当会が群馬県に情報開示請求しましたが、群馬県はその根拠を示す文書が存在しないと主張しています。そのため、行政訴訟に踏み切りましたが、一審の前橋地裁の塩田裁判長は、被告群馬県側の主張である「口頭で条例の特例措置を説明したが、条例に対象外と判断したのは事業者である関電工だから、文書としては存在しない」という、無茶苦茶な主張だけを採用し、11月8日に原告オンブズマン敗訴の判決を下してしまいました。そこで、当会では11月22日に控訴状を前橋地裁に提出したところ、11月30日付の補正指示を経て、12月4日に補正の為の追加文書を裁判所に提出したところ、本日、東京高裁から2月5日午前11時に控訴審の口頭弁論のため裁判所に出頭するよう呼出状が当会事務局に郵送で送られてきました。
クリックすると元のサイズで表示します
東京高裁から本日2017年12月19日に当会事務局の届いた特別送達。

続きを読む
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ