2018/2/18  23:30

大同有毒スラグ問題を斬る!・・・有害スラグにフタをする渋川市の舗装工事中止を求め市民が住民監査請求!  スラグ不法投棄問題

■大同特殊鋼(株)渋川工場由来の鉄鋼スラグは、有毒であり産業廃棄物です。不法廃棄物は撤去し、片づけなければなりません。しかし群馬県農政部は、東吾妻町萩生川西地区において有害スラグで出来た農道を、スラグを撤去せずアスファルト舗装でフタをしてしまいました。そこで当会は「この工事は無駄な支出だ」として、無駄に出費した舗装工事費を支払わせるべく、群馬県を相手取り住民訴訟を係争中です。この訴訟については、来る2月23日(金)午後1時10分前橋地裁21号法廷でいよいよ判決が言い渡されます。
 ところが当会がわざわざ裁判に訴えてでも、有害スラグに警鐘を鳴らし続けているにもかかわらず、渋川市建設部も群馬県農政部の真似をして、市内の農道に敷かれた有害スラグにフタをする工事を実施中です。この程、渋川市民によりこの工事の中止を求める住民監査請求が提出されたようで、当ブログにも情報提供がありました。当会が起こした請求ではありませんが、同じスラグ問題であるので、さっそくその内容を見ていきましょう。
クリックすると元のサイズで表示します
渋川市監査事務局の収受印が押された監査請求書

続きを読む
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ