2018/2/24  23:49

憲法ってなあに?  国内外からのトピックス


■本日午後1時半から、9条を含む憲法改正を目論む動きに警鐘を鳴らす勉強会が安中公民館で開かれました。当会にも案内をいただいたので参加しました。主催者手作りの紙芝居による憲法の意義についての説明の後、「憲法ってなぁに?」と題するビデオの放映がありました。50分余りのビデオを視聴したあと、参加者約20名で憲法談義が行われました。当会は午後3時から別の予定があったため、中座させていただきましたが、主催者から挨拶を依頼されたので、アフリカのジブチ取材の際に、現地の政府関係者らから言われたエピソードなどを交えて、憲法改正により自衛隊を国防軍という名の正規軍に変質させた場合、平和を標榜してきた我が国の特質が、かつて植民地の支配者として君臨し、今もジブチをはじめ世界に展開している欧米の軍隊との違いが消滅することで失われてしまい、アフリカなど途上国を失望させてしまう結果を招くことの愚かさを指摘しました。
〇2011年1月30日:1年3カ月ぶりのジブチは様変わり(その1)
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/588.html#readmore

続きを読む
0

2018/2/24  21:17

アカハラと寮生死亡事件に揺れる群馬高専…アカハラ不開示控訴審で機構が附帯控訴答弁書と控訴準備書面を提出  群馬高専アカハラ問題

■群馬高専の電子情報工学科を舞台に発生した陰湿極まるアカデミックハラスメント(アカハラ)事件。この忌まわしい事件に関連する情報公開請求を発端として、群馬高専側が情報秘匿体質を存分に発揮したため、現在、東京高裁で係争中であることは既にご報告のとおりです。来週2月28日に控訴審の第1回口頭弁論が高裁の809号法廷で開かれます。そのため、通常は原告・被告ともに遅くとも期日の1週間前までに裁判資料を提出するのがエチケットです。ところが2月21日(水)が過ぎても、一向に機構側から附帯控訴答弁書が届かないため、例によってまたぞろ高専機構側が何か思惑を持って時間稼ぎを画策しているのでは、との見方が強まっていた矢先、2月23日(金)午後6時20分にFAXで送信してきました。しかも機構側はオンブズマン側の附帯控訴に対する答弁書だけでなく、オンブズマン側の控訴答弁書に対する準備書面まで提出してきました。

続きを読む
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ