2018/3/30  23:49

アカハラと寮生死亡事件に揺れる群馬高専…校報・弁護士費用不開示処分の審査請求で審査会が答申  群馬高専アカハラ問題

■群馬高専では、運営に関する情報を取りまとめた「校報」が年1回(2016年度以前は年2回)発行されており、その中には教職員の異動や退職等に関する人事情報を取りまとめたセクションがあって、群馬高専のホームページ上でも公開されていました。
クリックすると元のサイズで表示します
群馬高専HPに掲載されている最新「校報」の表紙。以前と異なり「校内のみ」とだけ書かれた白紙のページが目立つ。
※「校報」第130号 ⇒ http://www.gunma-ct.ac.jp/gakko/pdf/kouhou/kouhou130.pdf

続きを読む
5

2018/3/29  16:26

再発防止になるの?…印章偽造の職員に減給10分の1(1か月間)の大甘処分を決めた前橋市  オンブズマン活動

■本日の新聞朝刊各紙に「他人の印鑑を無断で押印した前橋市職員が懲戒処分」という記事が掲載されたのをお読みになったかたも多いかと思います。一般的には、この類の行為は公文書偽造(刑法155条)、公印偽造及び不正使用等(刑法165条)、公用文書毀棄罪(刑法258条)、詐欺罪(刑法246条)などの可能性も充分想定されるところですが、公務員のことを性善説を前提としている司法の場では、起訴されても殆どが執行猶予付きの「実質的無罪」判決になるのが世の習わしです。今回も、監督責任のある前橋市が、厳しく処分しなければならないところ、実に「大甘」の処分で済まされてしまいました。まずは報道記事を見てみましょう。

**********読売新聞2018年3月29日
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
4

2018/3/28  22:25

公立碓氷病院で不正行為?…不祥事の損害回収等を担保すべく住民監査請求を提出  茂木市政


■安中市原市の公立碓氷病院で職員が診療報酬の請求文書に虚偽記載した疑いと、同じく有給休暇の不正取得の疑いで、調査の結果、後者のほうは不正は54時間分だとして当会の試算の半分に過ぎず、前者の方は以前として全容が判明しないまま、不祥事が公に発覚してから半年以上が過ぎようとしています。この間、不正を働いた30代理学療法士は、同じ碓氷病院内の別の施設に配転され、診療報酬の不正申告については、きちんと業務をしていた他の職員までとばっちりを受け、病院としてかなり多額の損失が確定する見込みだといわれています。そのなかで、不正行為の報告をいち早く受けながら隠蔽していた事務部長が、今月限りで退職し、松井田にある老人施設長として就任するらしいという情報がもたらされました。これでは責任の所在の明確化が果たせず仕舞いとなる恐れがあるため、当会では3月27日付で安中市監査委員に対して事務部長にかかる職員措置請求、いわゆる住民監査請求を行いました。
クリックすると元のサイズで表示します
監査委員事務局は右手の新館の2階の右端あたり。

続きを読む
1

2018/3/27  23:12

大同スラグ裁判・・・3月16日に前橋地裁が言渡した判決を不服としてオンブズマンが3月27日に控訴状提出!  スラグ不法投棄問題

■当会が東吾妻町萩生地区の圃場整備事業で、農道に大同の生スラグが敷砂利として投棄されていた現場をはじめて2014年6月1日に確認して以来、3年10カ月。「臭いものに蓋をしないでほしい」と農道舗装工事施工主体である吾妻農業所長に電話で懇願したにもかかわらず、その直後、有害スラグを撤去せずに舗装工事が行われたため、住民監査請求を2015年1月30日に提出しました。しかし、棄却されたため、2015年4月30日に住民訴訟を提起しました。以来ほぼ3年が経過しようとしていた2018年3月16日(金)午後1時10分に前橋地裁21号法廷で開かれた判決言渡弁論において、裁判長の「主文 原告らの請求を棄却する。訴訟費用は原告らの負担とする」という発生が法廷に響き渡りました。この判決を確定させてしまうと、さまざまな方面で収拾のつかない事態が発生し、我が国の土木建設業界のみならず、環境面に甚大な影響を及ぼしかねないため、当会は2018年3月26日(月)午前9時過ぎに、前橋地裁に赴き控訴の手続きをとりました。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
1

2018/3/26  22:07

6千人余の反対署名よりサンパイ業者の言い分を認めた前橋地裁の判決後1年半で安中市民の懸念が現実か?  全国のサンパイ業者が注目!

■先週、某テレビ局の報道部の担当者から当会に連絡がありました。連絡の内容は「リサイクル施設の諸問題について興味を持っており、安中市のリサイクル施設『共和化工』(東京)の参入について訴訟があり、その後の訴訟の結果、事業を行うことになったようですが、現在はどのような状態になっているのでしょうか」ということです。そこで、都市整備課のかたに現状を尋ねたところ次のことがわかりました。
クリックすると元のサイズで表示します
Google Mapで見た共和化工のサンパイ中間処理施設の計画予定地(中央から左上)は、松井田のサンケン工業の関係会社の豊洋ベントナイト鉱業の掘削跡地。掘削でできた大穴は得体の知れない残土で既に埋め立てたれ、その上に施設設置が計画されている。

続きを読む
0

2018/3/25  23:26

【読者投稿】大同有毒スラグを斬る!…渋川駅前はスラグだらけだった。  スラグ不法投棄問題

■当会は、東吾妻町萩生地区の圃場整備事業で、農道に大同の生スラグが敷砂利として投棄されていた現場を確認し、「臭いものに蓋をしないでほしい」と農道舗装工事施工主体である吾妻農業所長に電話で懇願したにもかかわらず、その直後、有害スラグを撤去せずに舗装工事が行われたため、住民訴訟を提起しました。しかし2018年3月16日に前橋地裁で開かれた判決言渡弁論において、裁判長の「主文 原告らの請求を棄却する。訴訟費用は原告らの負担とする」という発生が法廷に響き渡りました。この瞬間、大同スラグの不法投棄を追及してきた当会の活動に対して、司法が100%行政側の立場に立ってこの事件を判断していることが明らかになりました。
 判決言渡しより、1週間程たちましたが、読者の方々より、励ましのお言葉が数多く寄せられています。そのお便りの中に渋川市の惨状を嘆く情報提供がありましたので、お伝えいたします。
クリックすると元のサイズで表示します
JR渋川駅前の交番跡地だとか。カラーコーンがポツンと写っている。

続きを読む
0

2018/3/25  21:16

おおたPR大使の偽装疑惑タレントによる市のイメージダウンを回避すべく早期任命撤回を太田市に緊急要請  オンブズマン活動

■太田市在住の会員の方から、2014年2月24日に太田市がおおたPR大使に任命したざわちんについて、以前から偽装疑惑タレントとして指摘があり、当会に太田市に対する是正措置の要請相談がありました。当時の様子は次のブログを参照ください。
〇2014年5月1日:広報を私物化した太田市長が今度はPR大使として偽装疑惑タレントを任命したのを懸念する太田市民
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/1281.html
 その後、最近になって、ざわちんの偽装疑惑はさらにエスカレートしてきているため、このまま放置しておくと太田市のイメージに悪影響を及ぼしかねないとして、再度会員のかたから当会に緊急の相談があり、太田市役所を先日訪問した機会に、さっそく広報課に迅速な対応を求めるとともに、本日電子メールでも強く申し入れをしました。
クリックすると元のサイズで表示します
平成26年2月24日、ざわちん(左)とOtan43が「おおたPR大使」に任命された。出典:太田市HP
続きを読む
8

2018/3/24  21:49

タゴ51億円事件の尻拭い103年ローン…「私的な質問には応じない」と当会に回答した群銀のリスク管理  土地開発公社51億円横領事件

■1995年は1月17日に阪神・淡路大震災が起き、3月20日には東京で地下鉄サリン事件が発生しました。そして、5月18日に安中市役所の土地開発公社で密かに空前絶後の巨額詐欺横領事件が発覚し、翌6月3日に新聞報道され、それ以来、安中市民の苦難が始まったのでした。そのうち特に悲惨なのは、西暦2013年まで毎年2000万円ずつ、元職員の豪遊のツケ払いを群馬銀行に和解金の名目で支払わなければならないことです。不幸なことに、歴代の市長はこの巨額詐欺横領事件の真相解明と責任の所在明確化には消極的で、徹底的に真相究明を唱えて立候補した当会事務局長は、市長選4連敗の憂き目にあいましたが、事件発覚後23年を経てもなお、この事件による負の遺産を後世に継承することを回避すべく活動を継続しています。
 その一環として、先日、群馬銀行を訪れ、2018年12月25日に103年ローンの20回目の支払いが迫るこの時期に、群馬銀行に対して和解条項の解消について再考するつもりはあるのかどうか、文書で公開質問をしました。そして本日、群馬銀行から次の内容の回答書が届きました。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
0

2018/3/23  22:44

平成30年4月1日発令予定の安中市エープリルフール人事  茂木市政

■安中市役所恒例の人事異動の内示が3月22日に行われ、3月23日付の上毛新聞に掲載されました。発令は4月1日付となっています。この1年を振り返ると、安中市職員の不祥事件は公立碓氷病院における30代理学療法士の有給休暇不正取得および診療記録不正申告による碓氷病院事業への深刻な信用棄損がありました。もっとも市民の知らないところでいろいろあったかもしれませんが・・・。それはともかく、今回の人事で特筆すべきは何と言っても、23年前のタゴ51億円横領事件で、タゴと席を並べていた当時の土地開発公社職員兼都市計画課職員だったかたがとうとう公立碓氷病院の事務部長に上り詰めたことです。
クリックすると元のサイズで表示します


続きを読む
0

2018/3/22  23:41

3年前の個人情報流出事件の反省もなく今後は中国に個人情報を流出させた日本年金機構の懲りない体質  オンブズマン活動

■2月に発覚した年金過少支給の問題を巡り、加藤勝信厚生労働相は3月20日の閣議後の記者会見で、日本年金機構が500万人分の個人情報の入力を委託した都内の情報処理会社が契約に反し、中国の業者に作業を任せていたことを明らかにしました。日本年金機構では3年前の2015年夏にも年金加入者情報流出問題を起こしました。当時の当会のブログ記事は次を参照ください。
〇2015年6月3日:日本年金機構の年金加入者情報流出問題で改めて判明した機構のズサン体質と日本国民の苦難
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/1636.html#readmore
〇2015年7月28日:「年金加入者からの問合せに対し個別回答をしない」日本年金機構本部サービス推進部お客様の声グループ
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/1676.html#readmore
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
0

2018/3/21  0:57

全国最下位グループからの脱却なるか…群馬県議会が政活費領収書を7月2日からHPで公開決定  県内の税金無駄使い実態

■市民オンブズマン全国大会では毎年、全国47都道府県の情報公開度についてのランキングを公表しています。群馬県は、10年ほど前は全国で35番前後でした。↓
〇2009年7月29日:市民オンブズマン群馬による県内自治体情報公開度ランキングの発表
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/296.html
 しかし最近は、群馬県は最下位グループの常連となっています。
クリックすると元のサイズで表示します
全国市民オンブズマン和歌山大会で発表された都道府県別の政務調査費に関する情報開示度ランキング調査結果。ご覧のとおり群馬県は埼玉県について、全国2位のワースト県。
 ところがこうした実態を群馬県議会自ら自覚したようです。3月16日に県議の政務活動費を2017年度分からすべての領収書を群馬県議会のHPで公開する方針を固め、同19日の議会運営委員会で提案し、了承されたというのです。

続きを読む
0

2018/3/17  23:47

市長選の真の争点「タゴ51億円事件」の103年ローン解消に向けて群馬銀行頭取あてに公開質問状を提出  安中市長選挙

■安中市長選挙の公示日まであと3週間足らずとなりました。今のところ、出馬を表明しているのは茂木英子・現市長と、岡田義弘・前市長の二人ですが、安中市民として気になることがあります。それは両名とも、タゴ51億円事件で元職員タゴの豪遊のツケ払いとして、安中市の公金が毎年2000万円ずつ、群馬銀行に和解金として支払われている現状について、この解消に向けた公約を何ら打ち出していないからです。両名とも、安中市民にとっていわれなきこの理不尽な公金の流出が、2101年まで、あと、84回続くことを、何とも思っていないのでしょうか。そこで当会では、3月16日(金)午前11時に群馬銀行本店を訪れて、次の内容の公開質問状を群馬銀行頭取あてに提出しました。
クリックすると元のサイズで表示します
群馬銀行本店。

続きを読む
1

2018/3/16  23:55

【速報】大同スラグ裁判・・・3月16日に前橋地裁が言い渡した原告住民全面敗訴判決!!  スラグ不法投棄問題

■当会が東吾妻町萩生地区の圃場整備事業で、農道に大同の生スラグが敷砂利として投棄されていた現場をはじめて2014年6月1日に確認して以来、3年10カ月。「臭いものに蓋をしないでほしい」と農道舗装工事施工主体である吾妻農業所長に電話で懇願したにもかかわらず、その直後、有害スラグを撤去せずに舗装工事が行われたため、住民監査請求を2015年1月30日に提出しました。しかし、棄却されたため、2015年4月30日に住民訴訟を提起しました。以来ほぼ3年が経過しようとしていた2018年3月16日(金)午後1時10分に前橋地裁21号法廷で開かれた判決言渡弁論において、裁判長の「主文 原告らの請求を棄却する。訴訟費用は原告らの負担とする」という発生が法廷に響き渡りました。この瞬間、大同スラグの不法投棄を追及してきた当会の活動に対して、司法が100%行政側の立場に立ってこの事件を判断していることが明らかになりました。
クリックすると元のサイズで表示します
「春の嵐」が吹き荒れる中、大同スラグ訴訟の判決言渡しのあった前橋地裁。

続きを読む
1

2018/3/14  23:59

東電の毒牙から赤城と県土を守れ!…環境アセス免除根拠不存在訴訟の第2回控訴審が3月12日東京高裁で開廷  東北関東大震災・東電福島原発事故

■関電工による放射能汚染木材を大量に集荷し、チップにしてから、機械的に油圧プレスで脱水し、ボイラーに投入して燃焼させ、発生した高温高圧の蒸気でタービンを回すことで、発電機を駆動させて電気を起こし東電に販売するという亡国事業=バイオマス発電施設設置計画で、事業者である関電工が群馬県環境アセスメント条例の適用を受けないまま、なし崩し的に実質的な運転開始状態にあります。この控訴審の第2回口頭弁論が、2018年3月12日(月)午前11時から東京高裁7階717号法廷で開かれました。
続きを読む
1

2018/3/14  22:15

タゴ巨額詐欺横領事件103年ローンの行方を問う安中市長選に出馬表明した岡田義弘前市長79歳の蹉跌  安中市長選挙

■4月8日公示、同15日投開票に行われる安中市長選挙まで30日を切りました。こうした中、先週3月8日(金)に高崎市役所記者クラブでマスコミに対して出馬表明をしたばかりの岡田義弘・前市長が、1月4日付の「創世会通信 No.18号」という自画ポスター付き新春号のチラシに引き続き3月14日朝、「創世会通信 No.19号」を市内全戸に新聞折り込みをしました。公約は公示日まで発表を控えるとした岡田義弘氏が、どのような活動を繰り広げるのか大変興味が湧きます。では、さっそく出馬表明をした直後の市内全戸配布のチラシを見てみましょう。なお、(←当会注:)とあるのは当会のコメントです。
クリックすると元のサイズで表示します


続きを読む
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ