2018/6/8  22:50

群馬高専アカハラ・寮生連続死問題を追う…3年間に及ぶ攻防の末にアカハラ関連文書が突如郵送開示される  群馬高専アカハラ問題

■群馬高専電子情報工学科におけるアカデミックハラスメント事件に関する情報の不開示処分について、足掛け3年にわたるすったもんだの末、本年4月25日に東京高裁において全面不開示を不当とした判決が出たため、開示に関する折衝を始めていたところ、なんと、当会事務局宛に6月5日付で、国立高等専門学校機構理事長名義での裁決書・判決の写し、そして群馬高専と高専機構が3年にわたり隠し続けた開示情報が一方的に送り付けられてきました。
クリックすると元のサイズで表示します
6月7日の昼頃、当会事務局に特定記録郵便で届いた国立高専機構からの確定判決を踏まえた裁決書。中に開示文書が一緒に同封されており、直接当事者の面前で受領したいとの当会の要請を拒否した形となった。

続きを読む
14



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ