2018/6/12  21:34

東電の毒牙から赤城と県土を守れ!…6月12日の施設視察会をドタキャンした前橋バイオマス燃料と行政対応  東北関東大震災・東電福島原発事故

■群馬県議会の環境農林常任委員会(高橋正委員長)の9名の県議の皆さんは、委員会開催に先立ち、現在注目を集めているバイオマス発電施設を視察しようと計画しましたが、関電工は発電施設の視察を拒んだので、県から多額の補助金を投入して作られたトーセンの燃料製造施設については、6月12日の午前10時に視察会の開催が決まっていました。その際、地元関係者にもこの機会を利用して施設を見学してはどうか、と議会から連絡がありました。当会にも知らせが届き、ぜひ参加したいところでしたが、どうしても都合がつかず、視察結果を待つことにしていました。ところが、当日の朝になって突然、トーセンが視察会をキャンセルしたことが、地元関係者からの通報で分かりました。

続きを読む
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ