2018/6/18  22:28

赤城山を震源とした県内震源地震観測史上最大の震度5弱地震と関電工のバイオマス発電への懸念  東北関東大震災・東電福島原発事故

■最近、太平洋を取り巻く地殻変動の活発化が気になるニュースが相次いで報じられています。ハワイ、グアテマラそして桜島。年初には元白根山の噴火もありました。一方、地震では、千葉県で今月上旬から群発している地震は、16日には立て続けに最大震度4の地震が6回以上発生しました。この群発地震の原因について、房総半島沖のプレート境界の岩盤がゆっくり滑り動く「スロースリップ」現象によるものという調査結果が16日夜に政府の地震調査委員会から発表されましたが、翌17日午後には我らが群馬県人にとって、衝撃的な地震が発生しました。地震が少なく津波の心配もなく大雪も降らず、災害には縁遠い場所だと信じ込んでいた我々群馬県人としては、県内を震源とした震度5弱以上の地震は、1923年の観測開始以降初めてだったからです。と思いきや、今朝も大阪で震度6弱の大きな地震が発生し3+1名のかたが無くなってしまいました。まずは、昨日の震度5弱の地震の規模を確認してみましょう。
○気象庁「地震情報」
https://www.jma.go.jp/jp/quake/3/320/20180617063117395-17152726.html
クリックすると元のサイズで表示します
続きを読む
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ