2018/7/8  23:31

例年大盛況の台湾フェア・・・今年もご愛顧に応えて7月6〜8日に県庁1階で盛大に開催決定!  国内外からのトピックス

■一昨年7月8日〜10日に群馬県で初めての「台湾フェアin群馬」を県庁1階ホールで開催して以降、昨年は県庁1階の耐震工事のため昭和会館に会場を移して7月15・16日に開催し、ともに1万人前後の県民の皆様にご来場いただきました。ご好評に応えて、今年も、再び県庁1階ホールに会場を戻して、7月6日(金)〜8日(日)の3日間、「台湾フェアin群馬」を大々的に開催しますので、沢山の県内外の皆様のお越しをお待ち申し上げております。昨年のイベントの様子は次のブログをご覧ください。
○2017年7月16日:楽しさテンコ盛り・・・大盛況の台湾フェアin群馬の初日
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2364.html
○2017年7月17日:大盛況のうちに終了した今年2017年の台湾フェアin群馬
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2366.html
クリックすると元のサイズで表示します
どんなお楽しみイベントがあるか、最新版のチラシを御覧下さい。
PDF ⇒ 20180620_taiwan_fair_in_gunma_2018070608.pdf
【7月1日追記】
クリックすると元のサイズで表示します
2018年7月1日発行の「ぐんま広報」より。
【7月8日追記】
 おかげさまで、大好評のうちに台湾フェアin群馬2018を終えることができました。皆様のご支援に厚く御礼申し上げます。

続きを読む
1

2018/7/8  15:33

東電の毒牙から赤城と県土を守れ!…前橋バイオマス発電施設の騒音レベルを現地測定  前橋Biomass発電問題・東電福一事故・東日本大震災

■群馬県が定める環境影響評価条例に基づく環境アセスをやると、2年ないし3年の時間がかかるとして、東電グループの関電工が政治的工作をした結果、条例を定める群馬県地震が、本来は通常50〜60%以上ある間伐材の排ガス量の水分を一律20%で構わないという御触れを出し、関電工が待ってましたと、空気比や木質燃料の時間当たり投入量を勝手にいじり、排ガス量が毎時4万㎥に満たないという計算式をでっちあげて、環境アセスをやらないまま、4月25日に本格稼働を始めて営業運転に入りました。それから2か月余り経過してしまいましたが、条例に基づくアセスメントをしていないため、大気、水、土壌の汚染の脅威に加えて、騒音・振動問題がくすぶっています。そこで、当会も実際に現地を視察して、騒音計で実測してみました。
クリックすると元のサイズで表示します
関電工が電中研から購入した施設隣接の帯状林地にそって歩く地元住民の皆さん。

続きを読む
3

2018/7/8  1:30

台湾フェアin群馬2018・・・初日に続き二日目も大盛況  国内外からのトピックス


■既報のとおり台湾フェアin群馬2018が7月6日(金)から群馬県庁1階の南北のホール全面を使って本日7月8日の日日曜日まで開催中です。
 昨日は午前11時半に県庁1階ホールの会場を訪れました。開場から1時間が経過していましたが、すでに県庁前の交差点は県庁内の駐車場に入ろうとする車で長い列が続いていました。そこで、県警の北側にある屋外駐車場に入れましたが、奥のほうにいくつか空きがあるだけで、ほとんど満車状態でした。
 徒歩で県庁1階の会場に向かいましたが、玄関前のキッチンカーの前にもすでに長蛇の列。中に入ると、大勢の人がすでに会場にひしめいていました。その様子を写真でご覧ください。
クリックすると元のサイズで表示します
初日の台湾フェアの様子を報じた7月7日の地元紙朝刊社会面。

続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ