2018/7/22  22:23

太田市営富沢団地の共益費の不正疑惑について清水市長に実態解明調査依頼書を郵送で提出  オンブズマン活動


■戸数の多い都市近郊部の自治会は、自治体からの補助金が多額に上るため、その会計処理には十分な透明性が求められます。ところが、全国各地から自治会長や会計責任者ら幹部がからむ不正会計疑惑の報告が全国市民オンブズマン事務局に寄せられており、昨年と一昨年の全国大会では、分科会で「町内会」」が取り上げられ、全国から集まったオンブズマンの皆さんから実態報告がありました。群馬県でも前橋市広瀬町三丁目、桐生市第十一区(境野町)、みどり市大間々町13区の区長や会計責任者ら幹部や自治体から派遣された公民館長らによる不正会計事件が発生しています。おそらく水面下ではさらに酷い状況が発生しているものと推定されます。今回は、太田市の当会会員らから、太田市営富沢住宅団地を巡る共益費の不正疑惑について問題提起があり、当会で予備的な調査をしたところ、幾つか疑問点が判明しました。そこで先日7月9日付で、太田市の清水市長あてに同団地の共益に係る不正疑惑調査を依頼する書状を発出しました。
クリックすると元のサイズで表示します
太田市営富沢団地。太田市HPより。以下同様。

続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ