2018/9/16  23:17

鉛・ヒ素入りスラグ問題!…高渋バイパスで有毒な非鉄スラグを撤去中の現場レポート  スラグ不法投棄問題

■2018年7月27日に群馬県が「県道に使用された建設資材の基準値超過について(建設企画課)」と題して記者発表しましたが、その内容たるやビックリ仰天!鉛やヒ素が基準値を爆発的に超えて含まれているというものでした。しかし、群馬県の記者発表では、そのような危険有害物質がどこからどのように県道に投棄されたのか、さっぱり分かりません。当会は8月1日と8月30日の2度にわたり公文書開示請求を群馬県知事あてに提出しましたが、前者は8月15日に全面非開示通知、後者は9月7日付で、開示を2か月後に先送りする旨の通知がきました。そして8月21日から岡田工務店と佐藤工務店による有毒スラグの撤去作業が始められました。そこで9月13日午前10時ごろ現場を通りがかったので、車を付近に置いて、作業の様子を見分しました。
クリックすると元のサイズで表示します
↑仲原交差点。ここから渋川に向かって中央分離帯に有害な非鉄スラグが不法投棄されている。なにやら中央に赤い看板が見える。

続きを読む
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ