2018/10/31  23:12

大同スラグ控訴審…10月31日に開かれた第2回口頭弁論で次回結審が決定!  スラグ不法投棄問題


■当会が東吾妻町萩生地区の圃場整備事業で、農道に大同のフッ素・六価クロム入り有毒生スラグが敷砂利として投棄されていた現場をはじめて2014年6月1日に確認して以来、4年4カ月が経過しました。「臭いものに蓋をしないでほしい」と農道舗装工事施工主体である吾妻農業所長に電話で懇願したにもかかわらず、その直後、有害スラグを撤去せずに舗装工事が行われたため、住民監査請求を2015年1月30日に提出しました。しかし、棄却されたため、2015年4月30日に住民訴訟を提起しました。以来ほぼ3年が経過しようとしていた2018年3月16日(金)午後1時10分に前橋地裁21号法廷で開かれた判決言渡弁論において、裁判長の「主文 原告らの請求を棄却する。訴訟費用は原告らの負担とする」という発生が法廷に響き渡りました。この判決を確定させてしまうと、さまざまな方面で収拾のつかない事態が発生し、我が国の土木建設業界のみならず、生活及び営農環境面に甚大な影響を及ぼしかねないため、当会は2018年3月26日(月)に、前橋地裁で控訴手続きをとり、その後、舞台を東京高裁代22民事部424号法廷に移し、同8月15日(水)午後2時に第1回口頭弁論、そして本日10月31日(水)午後2時から東京高裁第22民事部424号法廷で開かれました。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
1

2018/10/29  23:31

【出張!オンブズマン】文科省天下り校長を持て余す長野高専と関係先を電撃訪問  群馬高専アカハラ問題

■ちょうど仕事休みの機会を得て、10月26日に懸案事項を片付けるべく、朝から高崎市役所、群馬県庁、そして前橋地裁と周り終わり、午前11時15分に前橋駅に戻りました。そこで、かねてより当会が出張活動を行っている長野高専とその関係先に、当会が関心を持つ他事件の調査も兼ねて、一度は足を運んでみようと思っていたことから、急遽現地訪問することにしました。北陸新幹線を使えば、長野高専の最寄りである三才駅へ13時8分に到着できるようなので、さっそく長野に向かいました。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
258

2018/10/28  23:17

鉛・ヒ素入りスラグ問題!…梅花見物は恐ろしい!(その1)  スラグ不法投棄問題


■高崎市や榛東村の道路や駐車場、公園などから環境基準を大幅に超えた鉛やヒ素が含まれている建設資材が発見されています。2018年9月18日みさと芝桜公園の駐車場▽公園付近の路上▽善地梅林広場の駐車場▽みさと梅公園蟹沢駐車場が鉛やヒ素だらけだと報道されました。読者の皆様、この現場がどうなっているか?気になりませんか。

クリックすると元のサイズで表示します
ようこそ箕郷梅林へ。梅公園と善地梅林広場の二つが箕郷(みさと)梅林の駐車場になっているということらしい。

続きを読む
2

2018/10/27  23:07

東電の毒牙から赤城と県土を守れ!…10.26前橋バイオマス補助金返還第11回弁論準備でついに証人尋問決定!  東北関東大震災・東電福島原発事故

■東電グループの関電工を事業主体とする前橋バイオマス発電施設は、群馬県が定めた環境アセスメントを行わないまま、昨年末迄に事実上竣工し、本年2月から本格運転が開始され、4月24日には行政関係者を招いて完成披露式=開所式まで開かれてしまいました。この暴挙を食い止めようと、当会は地元住民団体とともに、発電施設に隣接する木質チップ製造の施設に対する補助金交付の「差止」もしくは「処分の取消」を求める訴訟を2016年7月15日に提起しました。それから早くも2年3カ月が経過した10月26日(金)午前10時30分から前橋地裁3階の31号ラウンド法廷で第11回弁論準備が開始されることになりました。
クリックすると元のサイズで表示します
前橋バイオマス発電補助金返還のための第11回弁論準備が開かれた10月26日前橋地裁。

続きを読む
1

2018/10/27  17:47

鉛・ヒ素入りスラグ問題!…高渋バイパスに投棄のスラグ履歴情報非開示を不服として知事に審査請求書を提出  スラグ不法投棄問題

■2018年7月27日に群馬県が「県道に使用された建設資材の基準値超過について(建設企画課)」と題して記者発表しましたが、その内容たるやビックリ仰天!鉛やヒ素が基準値を爆発的に超えて含まれているというものでした。しかし、群馬県の記者発表では、そのような危険有害物質がどこからどのように県道に投棄されたのか、さっぱり分かりません。そこで当会は8月1日に公文書開示請求を群馬県知事あてに提出すると、8月14日に開示の連絡がありましたが「実は開示といっても、A4判1枚のみで、開示手数料はいらない」という連絡がありました。つまり、非開示通知だったのです。
 「であれば、わざわざ仕事を休んで、県庁まで出向く必要はない」と言うと、群馬県建設企画課は「非開示の理由をひとつずつ説明するから」というので、「それなら」とばかりに、8月15日の午前8時半に県庁2階の県民センターを訪れたところ、その場で手渡されたのは、「公にすることにより、当該法人等権利、競争上の地位その他正当な利益を害するおそれがあるため、群馬県情報公開条例第14条第6号に定める『公にすることにより、当該事務又は事業の適正な遂行に支障を及ぼすおそれがあるため』に該当する」として非開示決定処分とする通知書だったため、10月26日に異議申立てのための審査請求書を提出しました。
クリックすると元のサイズで表示します
このように審査請求書を県側は様式の不備がないかどうか確認して一旦受け取ったが、その後、請求人の押印がないという連絡があり、1時間後に再度県民センターに赴き、押印した。

続きを読む
1

2018/10/26  23:04

鉛・ヒ素入りスラグ問題!…高崎市内の多数の公益施設に投棄された非鉄スラグの早期撤去を高崎市長に要請!  スラグ不法投棄問題

■鉛・ヒ素を高濃度に含む非鉄スラグが高渋バイパスに不法投棄されている問題に関連して、当会が2017年3月に「K砕」のキーワードで検索していたところたまたま岡田工務店のホームページで発見し、その後、同年5月までに東邦亜鉛から事情を聴取したところ、同社が岡田工務店に対して2016年初頭までに数年間に亘って毎年1万トンのK砕=非鉄スラグを出荷していたことを確認しています。
クリックすると元のサイズで表示します
非鉄スラグの外観。出典:2014年11月21日日本鉱業協会スラグ委員会・エコ・イノベーションメッセ2014inひろしま「建設資材としての非鉄スラグの有効利用方法について」P5。

続きを読む
4

2018/10/24  23:02

勝手に「スマートメーター」に交換した東電に元のアナログ型に戻すよう内容証明で要求するもナシの礫  国内外からのトピックス

■電力業界では、10年ほど前から「スマート(=賢い)」という言葉をよく使うようになりました。事実、筆者が2006年当時、インドの配電網改善計画で6回に亘り現地調査をしたころ、既にインドの電力関係者の間でも「スマートグリッド」なる言葉が使われていました。このスマートグリッドとは「次世代送電網」という意味で、電力の流れを供給側・需要側の両方から制御し、最適化するために、専用の機器やソフトウェアが組み込まれた送電網を指しています。さらにそれをもっと展開し、「スマートシティ」なる言葉もその後使われてきています。これはIoT(Internet of Things:モノのインターネット)、つまり、インターネット経由でセンサーと通信機能を持ったモノを使った先端技術で、基礎インフラと生活インフラ・サービスを効率的に管理・運営し、環境に配慮しながら、人々の生活の質を高め、継続的な経済発展を目的とした新しい都市の実現を目指すもので、現在、世界中でプロジェクトが進められています。
 こうした中、我々の身近にも、いつのまにか「スマートメーターなるもの」が入り込んでいます。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
1

2018/10/23  23:23

高崎市内で第28回「国際交流」の集いが開催され大勢の市民が来場・・・盛況だった台湾茶芸  国内外からのトピックス

■高崎に在住する外国出身者のかたがたが食や舞踊など文化を通して自国を紹介する「第28回国際交流の集い」が10月21日、「ビエント高崎」(高崎市問屋2)で開催されました。今年は初めて台湾茶芸が参加しました。群馬県最大の都市である高崎市には2018年9月末日現在、5382人の外国出身者が暮らしています。国別で最も多いのは中国で1,467人、次いでフィリピン、ベトナム、韓国、ブラジルと続き全部で72カ国を数えます。
 この国際交流の集いは1991年から毎年開催しており例年、日本人を中心に例年2000人を集客する人気イベントです。以前は市役所の近くのもてなし広場で屋外で開催していましたが、数年前からここ問屋町の「ビエント高崎」に場所を移して、毎年今頃開催しています。
クリックすると元のサイズで表示します
会場のビエント高崎。

続きを読む
0

2018/10/23  12:49

群馬高専アカハラ・寮生連続死問題を追う…外部評価委員も憂える群馬高専の無策な現状  群馬高専アカハラ問題

■群馬高専電子情報工学科の雑賀洋平教授が引き起こした苛烈で大規模なアカデミックハラスメント事件。その関連情報が審査会や裁判所を巻き込んだ3年間に及ぶ攻防の末にようやく一部開示されましたが、群馬高専側は未だにアカハラ事件への当時の対応を見直すこともなく居直りを決め込んでいます。

 そんな群馬高専ですが、当会が調べたところ、同校が外部委員を招聘して行った自己点検においても、アカデミックハラスメント事件とそれがもたらした悪影響について端的ながら触れられていることがわかりました。

クリックすると元のサイズで表示します
外部委員からのコメントが掲載された平成30年2月付群馬高専外部評価報告書。

続きを読む
14

2018/10/22  23:48

高崎市の介護報酬不正給付事件について第28回群馬県老人保健施設大会の参加者向けに周知徹底のチラシ配布  高崎市の行政問題

■2018年10月20日(土)に公益社団法人 群馬県老人保健施設協会(矢島祥吉理事長)の主催で、第28回群馬県老人保健施設大会というイベントが前橋市の県民会館「ベイシア文化ボール」で終日開催されました。この大会は、医療・看護・介護及びリハビリテーションの各分野において、介護が必要になった老人の方々によりよいサービスを提供すべく、日常の仕事の成果を発表し検証する場として、同協会が毎年開催しています。また、公益社団法人群馬県老人保健施設協会は、平成3年に当時開設されていた18施設が集合して「群馬老人保健施設連絡協議会」を出発点として、その後高齢化による介護保険制度の整備拡充政策により、現在は81施設、6,148床が稼働中です。この間、老健は病院と居宅の中間施設として、医師・看護師・介護福祉士・リハビりスタッフ・管理栄養士・ケアマネ・支援相談員等多職種にわたる職員が協働して、超高齢社会がピークに達する2025年に向けて地域包括ケアの中核として、『居宅支援』に重点をおいた活動を目指しています。このイベントに県内の多くの介護福祉関係者が集うことから、当会では、高崎市における介護報酬不正給付事件について、ひとりでも多くの関係者に周知してもらえれば、と考えて、当日、会場前で会員が手分けをして次の内容のチラシを参加者の皆さんに配布しました。なお、同様の文面で、事前に県庁記者クラブにも投げ込んでおきました。
クリックすると元のサイズで表示します
続きを読む
3

2018/10/22  0:52

東電の毒牙から赤城と県土を守れ!…10.26前橋バイオマス補助金返還第11回弁論に向け被告証拠意見書が届く  東北関東大震災・東電福島原発事故

■東電グループの関電工を事業主体とする前橋バイオマス発電施設は、群馬県が定めた環境アセスメントを行わないまま、昨年末迄に事実上竣工し、本年2月から本格運転が開始され、4月24日には行政関係者を招いて完成披露式=開所式まで開かれてしまいました。この暴挙を食い止めようと、当会は地元住民団体とともに、発電施設に隣接する木質チップ製造施設に対する補助金交付の「差止」もしくは「処分の取消」を求める訴訟を2016年7月15日に提起しました。それから早くも2年3カ月が経過しようとしています。9月5日の第10回弁論準備では、裁判長がいよいよ証人尋問に向けた方針を示し、原告住民に対し人証の証拠申出書の作成と提出を訴訟指揮しました。そこで原告住民らは、指定された10月1日の朝、当該申立書を郵送で前橋地裁と被告群馬県訴訟代理人宛てに発送しました。一方、被告群馬県も裁判長の訴訟指揮に基づき、求釈明への反論として10月3日付で第8準備書面を提出してきました。これに続いて、被告から原告証拠申出書への反論として10月19日付で証拠意見書が送られてきました。いかに群馬県の役人が、自らの保身と、群馬県に本社のないヨソモノ事業者に忖度し、住民の安全・安心な生活環境や、群馬の県土の秩序ある保全を軽視しているかが、如実にわかる内容となっています。
クリックすると元のサイズで表示します
被告から10月20日に届いた証拠意見書を同封した普通郵便の封筒。

続きを読む
2

2018/10/21  21:50

鉛・ヒ素入りスラグ問題!…高崎市の水道施設前はスラグだらけだった!  スラグ不法投棄問題

■高崎市や榛東村の道路や駐車場、公園などから環境基準を大幅に超えた鉛やヒ素が含まれている建設資材が発見されています。2018年9月18日みさと芝桜公園の駐車場▽公園付近の路上▽善地梅林広場の駐車場▽みさと梅公園蟹沢駐車場が鉛やヒ素だらけだと報道されました。読者の皆様、この現場がどうなっているか?気になりませんか。

 今回の調査場所の衛星写真はこちらです。↓↓


続きを読む
2

2018/10/20  23:25

待ったなしの高専改革・・・山口でも文科省天下り高専校長による悲劇!大島商船いじめ自殺事件の顛末  群馬高専アカハラ問題

■文科省官僚が天下りして高等専門学校校長になることの弊害について、これまで当ブログではたびたびご報告してまいりました。学校に惨禍をもたらした天下り校長で、当会が関わった人物としては、群馬高専の西尾前校長や長野高専の石原現校長などが挙げられます。こうした事態は群馬県の近隣のみならず日本全国に及び、遠く山口県の国立大島商船高等専門学校(大島商船)でも、文科省天下り校長により悲惨な事態が引き起こされています。今回は報道記事からの引用も交え、文科省天下り校長による杜撰な学校運営の実態の一例として、この事件についてお伝えしたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
今回の悲劇の舞台となった大島商船高等専門学校。Wikipediaより。工業高専が技術者の養成を主眼に置くのに対して、商船高専は主に外航船舶職員の養成(現在は、外航船はインド、フィリピンなど外国国籍者が上級・下級船員を問わず圧倒的なので、就職先は内航海運、造船、商社など海事・国際分野が主流)を図るため設置されている。商船高専も国立高等専門学校機構の枠内にあり、当然、文科官僚による天下りの毒牙の標的外に身を置くことはできない。
続きを読む
28

2018/10/19  23:42

墜落した防災ヘリの原因究明と責任所在を阻む群馬県の情報非開示体質   オンブズマン活動

■搭乗員9人全員が死亡した群馬県の防災ヘリコプター「はるな」(全長17.1m、重さ5.4トン)の墜落事故をめぐり、群馬県は3548万8800円(税込み)を投じ、昨年の長野県消防防災ヘリ墜落事故でも機体を引き上げた航空事業会社の朝日航洋(東京都)の大型ヘリを使って現場から機体を10月15日に回収しました。機体はその日のうちに陸路で群馬ヘリポート(前橋市)の県防災航空隊格納庫に運ばれ、国土交通省運輸安全委員会や県警が調査し、事故原因の解明を進めるものと見られます。
 一方、当会では代表名で、いち早く墜落の原因を究明すべく、群馬県に10件の情報開示を求めていましたが、残念ながら秘密体質の行政だけに、開示されたのは今年の4月から修理や調整をしていた経緯を示す不適合報告書など4件のみで、肝心の運航管理関連情報については5件すべてが開示拒否されてしまい、1件が不存在とされました。
 この他に、当会副代表が、別の視点からこの墜落事故について、真相を探るために情報開示を求めていましたが、群馬県はいずれも不存在処分を通知してきました。
クリックすると元のサイズで表示します
防災ヘリ「はるな」の墜落の5日前に群馬県が大々的に特集記事を組んで県内全戸に新聞折り込みをした「ぐんま広報2018年8月号」(平成30年8月5日発行)の表紙。

続きを読む
0

2018/10/18  23:08

相変わらずオンブズマンを反社会勢力と見なしている群馬県学事法制課にユーレイ職員?  オンブズマン活動

■群馬県庁の中に学事法制課という部署があります。その傘下に「行政対象暴力対策係」というセクションがあります。市民オンブズマン群馬は、群馬県において行政の違法不当な権限の行使による税金の無駄遣いや、住民の不利益を住民の立場から是正を図ることを活動の目的としている民間の市民団体ですが、なぜか、当会会員が県庁を訪れると、頼みもしないのに「行政対象暴力対策係」がいつのまにか、隣で聞き耳を立てていることが、昨年発覚しました。その後、当会がこの問題を取りざたしてからは、この「行政対象暴力対策係」は暫く鳴りを潜めていましたが、県庁内では相変わらず、オンブズマンのことを「行政対象暴力」集団だと見なしていることが、10月15日に県庁秘書課を訪れた当会会員の報告で明らかになりました。しかも、その際、上から目線の言葉を投げつけてきた総務部学事法制課の名札を付けていた職員が、県職員名簿に見当たらないことが判明したのです。
クリックすると元のサイズで表示します
「学事法制課 稲垣和敏」と書かれた名札を付けた職員。しかし県職員名簿に登載されていない。

続きを読む
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ