2018/11/15  23:57

世界の街角・・・サウジアラビアという国(その1)  国内外からのトピックス

■サウジアラビア政府を批判していたジャマル・カショジ記者(59)が在イスタンブールのサウジ総領事館で殺害された事件の異常さが世界中で話題となっています。今の世にこのような映画もどきの強権的事件が起きるのか、と思う人が大半だと思います。この事件では、トルコ政府が一部始終を盗聴しており、主導権を握ったかたちで事態が展開しています。背景にはアラブの宗主国の座を巡る、サウジとトルコのせめぎあいも相まって、さらに中東の複雑なパワーバランスも影響していますが、サウジアラビアに2年近く滞在したことのある筆者としては、サウジのやり方について、さほど驚きを感じませんでした。19年前を思い出しながら、サウジアラビアの日常と非日常について、記してみたいと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
ときどき現地スタッフらとプールサイドのテラスで夕食を摂ったホリディ・イン・ヤンブー。一度現地スタッフの結婚披露宴にも招待されたが、結局新婦は見られず仕舞い。

続きを読む
1

2018/11/15  22:52

職員の市内居住制限が骨抜き状態の桐生市に監査請求をしたところ却下通知が到来!  オンブズマン活動


■5月19日に開催された市民オンブズマン群馬の5月定例会で、桐生市在住会員から、市内居住制限が職員服務規則に明記されている桐生市に対して、市外居住許可申請書の「事由」と「居住年月日」にかかる情報に関して、同市の情報公開条例に基づいて今年2月に開示請求を行ったところ、黒塗りの文書が2月23日に開示されたため、行政不服審査法に基づく審査請求を3月15日に行っているという報告がありました。その後、この審査請求も棄却されたので、当会会員は改めて桐生市監査委員に対して、9月19日付で住民監査請求を提出しました。その監査結果が、11月9日に桐生市監査委員から届きました。なお、この問題に関する関連情報は次のブログ記事をご覧下さい。
○2018年5月19日:市内居住制限を服務規則に明記する桐生市が市外居住許可申請の事由・居住年月日を不開示とするヘンな対応
https://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2644.html
続きを読む
1

2018/11/14  23:02

公道での路上会見を取材しようとした市民を「盗み聞きだ」と恫喝した弁護士から弁明書が到来  不良弁護士問題

■当会は、前橋市役所南橘公民館を舞台にしたセクハラ事件の加害者である管理職職員が別の女性職員と不倫にのめり込み、公民館で不貞行為をし、職場の規律を乱したにもかかわらず、公務だとして時間外手当を支給した上に、不倫相手の女性職員を正当な理由もなく4カ月物傷病休暇を与えた前橋市を相手取り、不倫行為を重ね職場規律を乱した当事者らから失われた公金を取り戻すことを義務付ける住民訴訟を提起しています。
 このため、同じく県内のみなかみ町市役所を舞台にしたセクハラ事件についても、その背景と経緯、実態について関心を持っています。

続きを読む
4

2018/11/13  22:35

勝手に「スマートメーター」に交換された電力量計を従来型に戻してほしいとの要請を拒否した東電に再度要求  東北関東大震災・東電福島原発事故

■今年の夏はとりわけ大気の動きが激しく、温暖化の影響を感じさせました。ところで8月10日の落雷で高崎市在住の当会会員宅では、モデムや電話などが損傷を受けてしまいました。その際、会員の自宅の「東電スマートメーター」なるものが壊れ、液晶表示ができなくなったそうです。その後8月21日に、東電職員が会員の自宅にやって来てはじめて、自宅の電力メーターが「スマートメーターなるもの」に知らないうちに交換されていたことを、当会会員は認識しました。
 いつの間にか電力メーターを「スマートメーター」と交換されてしまった当会会員は、従来のアナログ型に戻すよう東電に掛け合ってきました。しかし埒が明かないため、先日10月15日付で東京電力パワーグリッド本社代表取締役社長と高崎支社長あてに、質問書を内容証明付き郵便で送りました。すると東電の高崎支社から事実上の対応拒否回答が11月2日付けの書面にて届きました。
 これまでの経緯は次のブログ記事を参照ください。
〇2018年10月24日:勝手に「スマートメーター」に交換した東電に元のアナログ型に戻すよう内容証明で要求するもナシの礫
https://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2792.html

続きを読む
1

2018/11/12  23:34

安中市北野殿地区内の廃品一斉回収が11月11日に実施される  国内外からのトピックス

■恒例の地元の有価物集団回収、いわゆる廃品回収が11月11日に実施されました。当日は、風もなく、穏やかな日和に恵まれ、地元の岩野谷4区の区長、区長代理、班長、子ども育成会長らをはじめ、軽トラックを所有する地元民有志も多数ボランティアで参加しました。
クリックすると元のサイズで表示します
こうして村の軽トラが一堂に会すると壮観だ。ちなみに、米国では25年を過ぎた中古の軽トラ人気がすごいらしい。

続きを読む
1

2018/11/11  23:28

【速報】若宮苑不正給付事件…11月7日に前橋地裁が言い渡した原告住民全面敗訴判決!!(その2)  高崎市の行政問題

■それでは引き続き判決文全文のうち、20ページの下段の「第3 当裁判所の判断」を示します。

【2019年1月13日追記】
 その後、当会会員は一審の判決内容をすべて不服として、控訴しました。控訴審の第1回弁論は2019年2月14日(木)に東京高裁(第824号法廷)で開かれる予定です。
 偽造書類の存在が認められたのに、それを根拠として支出された公金が有効なはずがありません。東京高裁では、きちんと常識的な審理が行われることを期待したいと思います。


続きを読む
3

2018/11/11  22:11

【速報】若宮苑不正給付事件…11月7日に前橋地裁が言い渡した原告住民全面敗訴判決!!(その1)  高崎市の行政問題

■高崎市の若宮苑を巡る補助金の不正給付を巡り、当会会員が高崎市を相手取って足掛け3年間にわたり係争を続けてきた事件の判決が、11月7日(水)午後1時10分に前橋地裁21号法廷で、渡邉和義裁判長から言い渡されました。判決内容は、原告住民の全面敗訴です。判決文全文をご覧ください。

【2019年1月13日追記】
 その後、当会会員は一審の判決内容をすべて不服として、控訴しました。控訴審の第1回弁論は2019年2月14日(木)に東京高裁(第824号法廷)で開かれる予定です。
 偽造書類の存在が認められたのに、それを根拠として支出された公金が有効なはずがありません。東京高裁では、きちんと常識的な審理が行われることを期待したいと思います。

続きを読む
1

2018/11/10  21:17

鉛・ヒ素入りスラグ問題!…梅花見物は恐ろしい!(その2)  スラグ不法投棄問題

■高崎市や榛東村の道路や駐車場、公園などから環境基準を大幅に超えた鉛やヒ素が含まれている建設資材が発見されています。2018年9月18日みさと芝桜公園の駐車場▽公園付近の路上▽善地梅林広場の駐車場▽みさと梅公園蟹沢駐車場が鉛やヒ素だらけだと報道されました。読者の皆様、この現場がどうなっているか?気になりませんか。

クリックすると元のサイズで表示します
ようこそ箕郷梅林へ。梅公園と善地梅林広場の二つが箕郷(みさと)梅林の駐車場になっているということらしい。

続きを読む
3

2018/11/9  12:49

東電の毒牙から赤城と県土を守れ!…今度は民家に火の粉?!原因究明のため住民団体が事業者に公開質問  東北関東大震災・東電福島原発事故

■地元住民がこれまで何度も何度も要請してきた前橋バイオマス燃料・発電施設の安全性について、今度は防災の観点から不安視せざるを得ない事象が発生しました。バイオマス施設からわずか150mの距離に位置する赤城ビュータウンにある住民の居宅の屋上にある防水シートに、外部から飛来してきた火の粉のようなもので焼け焦げた跡が発見されました。周辺住民へのこの新たな脅威を振り払うべく、地元の市民団体が前橋バイオマス発電株式会社のトップあてに公開質問状を本日朝、提出しました。また、写しを前橋市長と群馬県知事にも郵送で発送しました。
クリックすると元のサイズで表示します
本日郵送で提出した火の粉と思しき物体の飛来に関する公開質問状。事業者の他にも写しを前橋市と高崎市にも郵送した。

続きを読む
3

2018/11/9  1:17

前橋市職員の勤務不正申告による損害回収を求めた住民訴訟第1回弁論が12月12日(水)10時と決定!  前橋市の行政問題

■公務員のズサンな勤怠管理で多額の血税が失われていることは各地の事例で明らかですが、不祥事件が多発する前橋市の場合、やはりきちんとした職員管理ができていないことが大きな要因の一つと思われます。そこで、当会では不倫相手の職員の時間外手当を不正に認めていた前橋市職員の実態について、7月2日付で、前橋市長に関する措置請求書を、前橋市監査委員あてに発出しました。その後、8月1日(水)午前10時から当会の代表と事務局長、および会員2名が前橋市役所を訪れて、代表と事務局長が約1時間にわたり陳述した後で、8月30日(木)に、前橋市監査委員事務局から、監査委員4名の名義で監査結果通知が送られてきました。その後、9月8日に同じく監査委員事務局から、「住民監査結果に対する措置通知」が届きました。内容を精査した結果、当会としては、ぬるま湯体質の前橋市役所を正すためには、やはり住民訴訟を提起するしかないとの結論に達し、9月28日午後3時半ごろ前橋地裁を訪れ、訴状提出の手続きを行いました。その後、地裁から10月16日付けで事務連絡が届き、10月29日までに提出のところ、内容確認に手間取り、地裁に連絡して11月2日までに訴状訂正申立書を提出しました。すると、地裁から11月7日付で事務連絡として、第1回口頭弁論が12月12日(水)午前10時に開かれるとの通知が到来しました。

続きを読む
2

2018/11/8  23:29

公道での路上会見を取材しようとした市民を「盗み聞きだ」と恫喝した弁護士の品位を問うべく懲戒請求  不良弁護士問題

■当会は、前橋市役所南橘公民館を舞台にしたセクハラ事件の加害者である管理職職員が別の女性職員と不倫にのめり込み、公民館で不貞行為をし、職場の規律を乱したにもかかわらず、公務だとして時間外手当を支給した上に、不倫相手の女性職員を正当な理由もなく4カ月物傷病休暇を与えた前橋市を相手取り、不倫行為を重ね職場規律を乱した当事者らから失われた公金を取り戻すことを義務付ける住民訴訟を提起しています。この訴訟で、前橋地裁から訴状の書き直しのための訴状訂正申立ての通知を受けた為、当会は2018年11月2日(金)10:30頃前橋地裁に訴状訂正申立書を提出したところ、同日の14:00からみなかみ町元町長のセクハラ事件に関連する謝罪広告等請求事件の第1回口頭弁論が開催されることを掲示板で知りました。そこで、同日14:00から開かれた同事件の弁論を傍聴したのでしたが、その直後、前橋地裁の東側で、向かい側が前橋地検の通用門のすぐ反対側で、当会会員が大変な目に遭うとは、誰が想像できたでしょうか。
クリックすると元のサイズで表示します
※YouTube 動画URL:【限定公開】2018年11月2日弁護士恫喝事件の現場 ドライブレコーダーの映像
https://youtu.be/815-yhaTfTo

続きを読む
4

2018/11/7  23:10

東電の毒牙から赤城と県土を守れ!…今度は民家の屋根に火の粉?!防災対策は万全か?  東北関東大震災・東電福島原発事故


■地元住民がこれまで何度も何度も要請してきた前橋バイオマス燃料・発電施設の安全性について、今度は防災の観点から不安視せざるを得ない事象が発生しました。バイオマス施設からわずか150mの距離に位置する赤城ビュータウンにある住民の居宅の屋上にある防水シートに、外部から飛来してきた火の粉のようなもので焼け焦げた跡が発見されたのです。
クリックすると元のサイズで表示します
民家の屋上の防水シートで見つかった焼け焦げ跡。幸い火災には至らなかったが、これを目の当たりにした住民は「とても怖い・・・」と不安に駆られている。

続きを読む
2

2018/11/4  18:27

東電の毒牙から赤城と県土を守れ!…一向に改善されない前橋バイオマス燃料・発電事業者らの公徳心欠如  東北関東大震災・東電福島原発事故


■地元住民が何度も何度も指摘してきた前橋バイオマス燃料・発電事業者であるトーセンと関電工による施設への資機材搬入時の市道通行によるごみの散乱やダメージについて、またもや市道が傷付けられている事態が発覚しました。そのため、一向にマナーの改善ができていない事業者の公共道徳にかかる意識の改善を求めて、地元住民がさっそく前橋市役所に対して、行政権限を行使して、トーセンや関電工に対する指導を徹底するよう申し入れました。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
1

2018/11/3  1:36

高崎市で開催されているジャパンカップ国際女子ソフトボール大会の初日風景  国内外からのトピックス

■11月2日(金)から3日間、高崎市城南球場でジャパンカップ国際女子ソフトボール大会(JAPAN CUP International Women's Softball Championship)が開かれており、台湾チームが参加するということで、群馬県台湾総会は、チームの支援のため11月2日の朝9時までに、城南球場に応援グッズと差し入れを持参して、駆け付けました。
クリックすると元のサイズで表示します
高崎市城南球場。

続きを読む
0

2018/11/2  23:16

前橋市職員の勤務不正申告による損害回収を求めた住民訴訟で訴状訂正申立書を地裁に提出  前橋市の行政問題

■公務員のズサンな勤怠管理で多額の血税が失われていることは各地の事例で明らかですが、不祥事件が多発する前橋市の場合、やはりきちんとした職員管理ができていないことが大きな要因の一つと思われます。そこで、当会では不倫相手の職員の時間外手当を不正に認めていた前橋市職員の実態について、7月2日付で、前橋市長に関する措置請求書を、前橋市監査委員あてに発出しました。その後、8月1日(水)午前10時から当会の代表と事務局長、および会員2名が前橋市役所を訪れて、代表と事務局著が約1時間にわたり陳述したりして、8月30日(木)に、前橋市監査委員事務局から、監査委員4名の名義で監査結果通知が送られてきました。その後、9月8日に同じく監査委員事務局から、「住民監査結果に対する措置通知」が届きました。内容を精査した結果、当会としては、ぬるま湯体質の前橋市役所を正すためには、やはり住民訴訟を提起するしかないとの結論に達し、9月28日午後3時半ごろ前橋地裁を訪れ、訴状提出の手続きを行いました。その後、地裁から10月16日付けで事務連絡が届き、10月29日までに提出のところ、内容確認に手間取り、地裁に連絡して11月2日までに訴状訂正申立書を提出しました。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ