2018/11/15  23:57

世界の街角・・・サウジアラビアという国(その1)  国内外からのトピックス

■サウジアラビア政府を批判していたジャマル・カショジ記者(59)が在イスタンブールのサウジ総領事館で殺害された事件の異常さが世界中で話題となっています。今の世にこのような映画もどきの強権的事件が起きるのか、と思う人が大半だと思います。この事件では、トルコ政府が一部始終を盗聴しており、主導権を握ったかたちで事態が展開しています。背景にはアラブの宗主国の座を巡る、サウジとトルコのせめぎあいも相まって、さらに中東の複雑なパワーバランスも影響していますが、サウジアラビアに2年近く滞在したことのある筆者としては、サウジのやり方について、さほど驚きを感じませんでした。19年前を思い出しながら、サウジアラビアの日常と非日常について、記してみたいと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
ときどき現地スタッフらとプールサイドのテラスで夕食を摂ったホリディ・イン・ヤンブー。一度現地スタッフの結婚披露宴にも招待されたが、結局新婦は見られず仕舞い。

続きを読む
1

2018/11/15  22:52

職員の市内居住制限が骨抜き状態の桐生市に監査請求をしたところ却下通知が到来!  オンブズマン活動


■5月19日に開催された市民オンブズマン群馬の5月定例会で、桐生市在住会員から、市内居住制限が職員服務規則に明記されている桐生市に対して、市外居住許可申請書の「事由」と「居住年月日」にかかる情報に関して、同市の情報公開条例に基づいて今年2月に開示請求を行ったところ、黒塗りの文書が2月23日に開示されたため、行政不服審査法に基づく審査請求を3月15日に行っているという報告がありました。その後、この審査請求も棄却されたので、当会会員は改めて桐生市監査委員に対して、9月19日付で住民監査請求を提出しました。その監査結果が、11月9日に桐生市監査委員から届きました。なお、この問題に関する関連情報は次のブログ記事をご覧下さい。
○2018年5月19日:市内居住制限を服務規則に明記する桐生市が市外居住許可申請の事由・居住年月日を不開示とするヘンな対応
https://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2644.html
続きを読む
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ