2018/12/8  23:03

鉛・ヒ素入りスラグ問題!…戦国武将も怒っているぞ!(松風騒ぐ風雲箕輪城その2)  スラグ不法投棄問題

■高崎市や榛東村の道路や駐車場、公園などから環境基準を大幅に超えた鉛やヒ素が含まれている建設資材が発見されています。2018年9月18日みさと芝桜公園の駐車場▽公園付近の路上▽善地梅林広場の駐車場▽みさと梅公園蟹沢駐車場が鉛やヒ素だらけだと報道されました。
 鉛・ヒ素の汚染の被害は止まるところを知りません。この非鉄スラグは赤茶色の溶岩のような色・形態をしていますが、更に“粉々に細かく”なるという性質も、調査によりしだいに判明してまいりました。細かくなるということは、被害が広がりやすいという事を意味しています。
クリックすると元のサイズで表示します
今回も箕輪城がレポートの舞台です。武田信玄の猛攻に何度も持ちこたえた長野業政公も、遂には耐え切れず非業の死をとげられました。そんな業政公の魂が眠る神聖な箕輪城に、鉛・ヒ素入りスラグは投棄されていないだろうな?平成の悪代官どもは、素知らぬふりを決め込んでいるらしいが、「軍配に日の丸」が旗印の「業政公」はお怒りじゃ!“え〜〜い! 我の旗印に正義あり、者ども出あえ出あえ〜〜い!”

続きを読む
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ